【イベントコンパニオンの彼女が欲しい男性必見!】付き合う方法とメリットデメリットは?

【モテキングプロフィール】

モテたい君A

モテたい君A
イベントにいるコンパニオンが彼女だったら最高ですよね~。 


モテキング
最高です。 

 

日本各地でおこなわれるモーターショーや、各種イベントにはたくさんの「イベントコンパニオン」がいますが、商品よりもそっちに釘付けになってしまいますよね。

でもイベントコンパニオンを彼女にしたいと思って、口説いたところで付き合えるわけがないとあきらめてはいませんか?

しかし実はそれ、間違いです。

今ではさまざまな方法で、普段は絶対に出会えない職業の女性とも出会える時代になってきています。

例えばその1つが、恋愛マッチングアプリの【ペアーズ】で、相手の職業を「検索機能」でさがして出会う方法があります。

ペアーズ無料会員登録】

その他にも「イベントコンパニオン」と付き合いたい!、という人のための方法はいろいろとあります。

ですのでこの記事では【イベントコンパニオンの彼女が欲しい男性】のために、「付き合う方法」と「付き合うメリットデメリット」をご紹介していきます。

イベントコンパニオンと付き合うメリットデメリットは?

【イベントコンパニオンと付き合う2つのデメリット】

・彼女を撮られる

「イベントコンパニオン」は写真を撮られるのも重要な仕事なわけですが、それをどういう風に使われるかはあまり考えたくはないでしょう。

あなたがそういうことをあまり気にしないタイプでないと、付き合っていくのは厳しいかもしれません。

・ナンパされまくる

自分も口説いたのでしょうがないんですけど、普通の職業の女性と比べてはるかに男性にさそわれることが多いでしょう。

ここでもやはりあなたが気にしないタイプでないと、長く付き合っていくのが難しくなります。

 

【イベントコンパニオンと付き合う3つメリット】

・うらやましがられる

これはもう間違いないことですが、友人から会社の同僚までもがうらやましがることでしょう。

イベントコンパニオンともなると、顔もスタイルも日常ではあまり見かけないレベルの女性が多いです。

ですから、それはそれはあなたの周りの男性は泣いて悔しがるでしょう。

・エッチが異次元

今までの付き合ってきた女性と比べて、顔もスタイルもレベルが違う訳ですから、当然エッチのほうも異次元で展開される可能性が高いです。

テレビで見て大したことないと思っていた女性芸能人でも、生で見るとかなり綺麗に見えますよね。

それと同じことで、写真や動画で見るイベントコンパニオンと比べて、彼女になって横にいるイベントコンパニオンはとんでもなく美しいものでしょう。

・コスプレでもう悔いはなし

上のことに加えて、仕事に使っているコスチュームをあなたのためだけに着てくれた日にはもはや人生に悔いはないと思うかもしれません。

もちろん長生きすることも素晴らしいことですが、途中でつまらない死に方をする可能性もあります。

それだったら、イベントコンパニオンにコスプレで部屋に来てもらった日に果てたほうが、最高の人生だったと拳を突き上げることができるかもしれません。

イベントコンパニオンの彼女が欲しいなら?

・イベントでアタック!

ほとんどの男性は、自分でイベントをひらく立場にはないと思います。

ですからイベント会場へ行って、直接コンパニオンにアタックするしかありません。

コンパニオンの女性は仕事中であるなしに関係なく、連絡先の交換をすることは事務所から強く禁止されているでしょう。

そこであなたから連絡先を書いたメモを作って、「よかったらお願いします!」とストレートに伝えましょう。

絶対になよなよせず、礼儀正しくハキハキとさわやかにアタックしましょう!

・イベントをひらく

どんな人と付き合うパターンが多いのかをイベントコンパニオンに聞いたところ、イベントのクライアントさん(依頼する人)が多いようです。

イベントを開くということは、なかなか誰でもできることではありませんが、有効なことに間違いはありません。

イベントにコンパニオンを呼ぶ費用は、おおむね2万円~10万円で、コンパニオンの「レベル」や「拘束時間」「繁盛期」かどうかにもよります。

クライアント(依頼人)であれば、イベント内容の打ち合わせや当日の現場でのお世話など、コンパニオンと話せる機会が多いので必然的に距離がちぢまっていきます。

自然に打ち解けてきたら、あなたの連絡先を渡す方法でいいでしょう。

どうせコンパニオンを呼ぶのなら、好みの女性コンパニオンを選びましょう!(デリヘルと勘違いしないように)

イベントコンパニオンと付き合えなかった場合は?

恋愛は相手のあることなので、ダメだったとしても落ち込まずに先に進みましょう。

まだ抵抗のある人もいるかもしれませんが、スマホアプリでの出会いは今や20代30代の主流となりつつあります。

「相手の年齢」や「相手の職業」まで【検索】して、しぼり込むことができるのでとても効率的です。

めげずに「相手の職業」で「イベントコンパニオン」と検索するもよし、気分を新たにして「OL」とするもよしです。

日本最大の恋愛マッチングアプリ「ペアーズ」が、もっとも結果が出せるでしょう。

【Pairs(ペアーズ)の評判は?】

イベントコンパニオンの彼女が欲しい! まとめ

日常生活で女性を好きになる場合、ほとんどが相手の「見た目」と「よそ行きの性格」を好きになってしまっていると思います。

でも付き合ってから、「内面は全然違っていた」ということはよくある「別れの原因」です。

ですからもう少したくさんの女性とやりとりできるサービスを使ったほうが、あなたに本当に合った女性を比較して選べます。

ペアーズ無料会員登録】