【漁師と結婚したい女性必見!】3つの出会える方法とメリットデメリットとは?

【モテキングの姉プロフィール】

<strong><noscript><img src=

28歳女性
漁師さんって男らしいですよね~。でも出会える方法ってないですよね? 

モテキングの姉

モテキングの姉
意外とありますよ。 

 

みなさんにとって「漁師」というとどんなイメージがあるでしょう。

熟練した年配の男性を思い浮かべる人も多いかもしれませんし、過酷でその日暮らしのイメージを持つ方も多いかもしれません。

しかしなじみのない方も多いかもしれませんが、実は意外と稼いでいる方もおおく、数日の漁で数百万円稼ぐ方もいます。

そんな男らしい仕事をしている人が好き、という女性からは意外と人気の高いのが「漁師」です。

この記事では【漁師と結婚したい女性】のために、3つの出会える方法と結婚するメリットやデメリットをご紹介します。

「漁師」と結婚するメリットデメリットは?

【漁師と結婚する2つのデメリット】

「体が資本・大きな事故にあう危険が」

漁師といえば沖まで漁に出て3日は帰らない、そして1日帰ってまた数日漁に出る、そんな仕事です。

そのため、結婚しても家にいるのは年の3分の1程度。もしもお子さんができたら、家事の分担や育児参加をしてくれる余裕があるか微妙なところです。

しかも漁に出ると荒波にのまれて船が転覆したり、網に絡まって海に放り出される人もいたりとケガや事故が絶えません。

体力も要するので、病気がケガで働けなくなる可能性と隣り合わせです。

「収入が安定しない」

漁師の給料はマグロ漁を例にとると若手でも350万以上、魚の質がよかったり大漁であったりすれば「1000万」稼ぐこともあります。

しかし逆に海が荒れすぎて漁に出られない、自然災害などの影響で魚が取れないとなると一気に収入がなくなるため不安定ともいえます。

 

【漁師と結婚する3つのメリット】

「高収入でリッチな暮らし」

漁師と結婚するメリットといえば、高収入が期待できることです。

もちろん天候や環境の変化などに漁が影響を受け、魚が取れない時期もあるかもしれませんが、マグロ漁が盛んな時期などは1000万円稼ぐこともあり得ます。

天候や環境に恵まれれば、短期間の漁で数百万から1000万円の収入がポンと入ってくる可能性もあります。

先を見据えてしっかり蓄えておけば、安定した暮らしものぞめるでしょう。

「新鮮なお魚が食べ放題」

漁師さんの家には、新鮮なお魚が常にストックされています。

東京ではあまり見かけることもないかもしれませんが、北海道などの漁師の家は、広い一軒家に魚の保存用の冷凍庫がある家も多いのです。

ですから、新鮮な魚介類が常に食べられます。

「家にいないのでらくちん」

新婚の時はさみしいかもしれませんが、熟年の夫婦になると旦那様は家にいない方が楽とよく聞きます。

そんな適度な関係を保ちたい方には、家を空けることの多い漁師さんは気軽な付き合いができていいのではないでしょうか。

逆に漁がお休みの時期などは、家族で海外旅行に行ったりできます。

ある意味時間に縛られない生活が期待できます。

漁師と出会える「3つの方法」とは?

「海の近くの居酒屋」

漁師さんといえば、1年の3分の2はほぼ海の上にいますが、仕事がない間は漁師仲間と飲んでいることが多いようです。

というのも短い休みの間では遠出もできず、完全男社会である漁師は、体育会系の縦社会にいますから、先輩に連れられて飲みに行くというのはよくあることです。

3日海に出て1日陸に帰ってくるというような生活ですから、たまの休みはのんびり飲んだり食べたりするのでしょう。

特に海沿いの町であれば、地元の人に人気の居酒屋や魚介類のお店がありますので、そこに行けば「未婚の漁師」と出会える可能性があります。

お店の人も顔見知りという可能性も高いので、紹介してもらうことも期待できます。

しかも漁師という仕事柄、じっくり婚活などできないので誘いにも乗ってくれやすいかもしれません。

「田舎に移住」

田舎暮らしにあこがれる人や、マリンスポーツが好きな人なら、海辺の町に移住することもいいでしょう。

漁師は都会のビル群にはいませんので、どうしても漁師と結婚したい、というのであれば思い切って移住することで出会える確率がぐっと高まります。

最近はあえて地方のキャバクラで働く女性もおり、移住の需要も高まっています。

特に田舎は地元の人の縁結びをしたがる仲介人のような人も少なくないので、そうした人に独身であることや、漁師が好きなことを伝えておけば縁結びを買って出てくれるかもしれません。

「婚活パーティーに行く」

漁師は海の上にいることが多いので、なかなか出会いがありません。

昔であればお見合い結婚がほとんどなので、仕事ばかりで出会いがない人も人からの紹介で結婚できましたが、今はそういう時代ではなくなりました。

そのため出会う時間がない、出会いの機会がない漁師で、地元の婚活パーティーを利用する人は多いでしょう。

それに女性としても、もともと漁師町に住んでいるわけでもなければ、人づてに知り合うことも難しいです。

そのため婚活パーティーに参加して、探す方が効率的といえます。

『ホワイトキー』公式サイト https://whitekey.co.jp/

漁師と結婚したい! まとめ

海で仕事をする漁師は、力もあってたくましく武骨なイメージで、まさに男らしくてかっこいいですよね。

そのうえ若手でも年収350万ほどなので、都会の新人サラリーマンよりちょっと多いくらいですし、運が良ければ年収1000万超えも夢ではありません。

しかし漁師の仕事は事故も多く、体力勝負の仕事なので、体が動くうちしか働けません。

そのため奥様のサポートもかなり大事でしょう。

家系をしっかり守って、夫婦二人三脚で支え合いながら暮らしたい、という女性にぴったりな男性だと思います。

収入も浮き沈みのある仕事なので、引退後の仕事を考えながらしっかり蓄えておけば、ある程度安定した暮らしも期待できると思います。

まずは今すぐに始めれる行動として、スマホアプリから始めてみるのもいいでしょう。

恋愛マッチングアプリの中でも、もっとも会員数が多くて料金も安い「ペアーズ」をチェックしてみてください。

ペアーズ無料会員登録

都会のような便利な環境ではありませんが、漁師に嫁ぐメリットも多くあります。

将来子供が成長した時に、帰る実家が田舎にあるというのもいいのではないでしょうか。