【うつ病だけど彼女が欲しい!】うつ病でも彼女が欲しい男性がすべき3つの行動とは?

【管理人プロフィール】

モテたい君A

モテたい君A
じつは僕、うつ病なのに彼女が欲しいんです。。。

モテキング

モテキング
病気をかかえている人はとても多いですから、あまり気にしないで一歩ずつ進むことが大切ですね。

 

「うつ病」は、もともと落ち込みやすい人がかかる病気というわけではありません。

誰から見ても明るい性格の人であっても、かかってしまう可能性のある「現代病」です。

けっして「気分の問題ではない」ので、キチンと治療する必要があります。

長い時間をかけてためこんだ会社や学校、家庭環境でのストレスが原因のことが多いです。

ですので、同じくらいの時間をかけて治していく必要があります。

ただそんな状態であっても、いやそんな状態だからこそ、「そばにいてくれる女性が欲しい」という気持ちが生まれるのはごく自然なことです。

自分にウソをつく必要はまったくありません。

かと言って、なかなか外に出て女性と関わるというのは厳しいのではないでしょうか。

現在では、スマホやネットのアプリを使った出会いが主流になってきています。

以下は、恋愛マッチングアプリの中でもっとも会員数が多いサービスですが、会員にはさまざまな事情の人がいます。

どちらかと言えば、「他人と社交的に関わるのが苦手な人」も多いです。

マッチングアプリは会う約束をするまでは、すべてスマホ1つで「メッセージのやりとり」ができます。

「女性と話すのが苦手な方」や、「精神的に厳しい状況の方」でも取り組みやすいサービスです。

>>>【ペアーズ無料会員登録】

うまくいかなかった時のことを考えてしまう方は、彼女さがしに限定するのではなく、「外とつながるトレーニング」と考えて取り組んでみてはいかがでしょうか。

この記事では【うつ病と診断された男性】でも、彼女を作るために必要な「3つの行動」をご紹介します。

「うつ病」だと色々つらい

「うつ病」になると、起きている間じゅう自分を否定しがちになりますよね。

誰にでも自己否定する時はあるものですが、うつ病の場合、ほとんどの時間が自分に対して否定的な時間となりがちです。

症状にも色々あり、「とにかく体がだるい」という方もいれば、「夜ぜんぜん眠れなくて困っている」という方などさまざまです。

「うつ病」は、気持ちだけで対処できるものでは無いので、まずはキチンと処方された薬を飲み続けることが大切です。

薬を使わずにうつ病をなおすことは非常に難しく、勝手にやめてしまうと悪化することが多いです。

薬だけはしっかり服用したうえで、できるだけストレスのない状態を作ることが必要になってきます。

そんな不安定な毎日を送っているうつ病患者に、果たして恋愛はできるのでしょうか?

結論から言えば、できます。

できますし、恋愛しているうつ病患者はたくさんいらっしゃいます。

当然、困りごとも多いのですが、恋愛に関しては病気をかかえていなくてもうまくいかない人はたくさんいるものです。

ここからは「うつ病」の方が、恋愛に対してどう対処していけば、うまく付き合っていけるのかを見ていきましょう。 

「うつ病だけど彼女が欲しい」男性がすべき行動 その1

【きちんと自分のうつ状態を知る】

好きになった人が「うつ病」だった場合に、がんばって対応してくれる天使のような女性もごく稀にいます。

とはいえ、初対面でハッキリとした「うつ病」の人を好きになる女性はほとんどいないでしょう。

なので「付き合いはじめるまえの段階」では、処方された薬をきちんと飲んで、相手の女性に「うつ病」だとは分からないようにして会うようにしましょう。

だますみたいで嫌かもしれませんが、何でも初対面からバカ正直に言えばいいというものではありません。

処方される薬を飲むことで、かなり症状はよくなることが多いです。

しかし飲み忘れたり飲む量を間違えると、とたんに悪化するので注意が必要です。

どうしても自分では管理できずに、飲むのをやめてしまったりする場合は、できる範囲で親や家族の力も借りましょう。

嫌かもしれませんが困っているときはお互い様ですし、いずれ良くなったら恩返しすればいいでしょう。

どうしても調子が悪いときは、約束していても相手の女性に会うのはやめておきましょう。

目が死んだ状態で、ネガティブな発言をする人を好きになってくれる人はあまりいません。

「病気なんだから受け止めろ」というのも、特に付き合う前の段階では酷なはなしです。

約束してしまっていたら、「体調をくずした」といって丁寧にあやまって断りましょう。

「うつ病」の薬じたいの効果がいまいちと感じたら、すぐにかかりつけのお医者さんに相談すると違う薬で対応してくれます。

「うつ病だけど彼女が欲しい」男性がすべき行動 その2

【相手にうつ病だと伝える】

さきほど「うつ病」の症状が出ているときは、相手の女性と会うのはやめておきましょうと書きました。

でもある程度お互いに好意をいだいて会うようになったら、静かなところで病気のことを伝えたほうがいいです。

一日中デートをしたりしていれば、症状が出てしまうことも当然あるからです。

「うつ病」のことを伝えていないと、「わたしといるのが嫌なのかなあ」とか、「急に機嫌が悪くなったね」とか思われてしまいます。 

なので正式に付き合っていなくても、お互いのことをだいたい話しつくして、好意を感じたら自分が「うつ病」だと打ち明けることをおすすめします。

相手の女性がなにも知らないままだと、いざこちらの体調が悪くなったときに誤解をまねく可能性があります。

ただ相手の女性への伝えかたはすこし気を付ける必要があります。

例えば、「ごめんね。病気のせいで落ち込みが強い日だけど、きみのせいじゃないからね」という風に伝えるといいですね。

「うつ病だけど彼女が欲しい」男性がすべき行動 その3

【あわてずに少しずつ行動する】

「うつ病の男性がタイプです」という女性は、ほぼいないでしょう。

でも好意をもった男性がたまたま「うつ病」であったなら、受け入れようとしてくれる女性は多いと感じます。

そこは母性本能のなせる技なのか、女性のほうが相手の男性の病気を支えてくれる方がとても多いようです。

いつわるみたいで少し嫌かもしれませんが、出会ってはじめのうちは自分のいいところを分かってもらうために、お医者さんに処方された薬でうまくコントロールして、女性の前ではうつ症状を見せないようにするといいです。

「うつ病」になると、いったいいつまでこの状態が続くのかと死にたくなる時もあります。

でもあせってしまうのが一番怖いです。

治ったと思ったのに、また元に戻ったと感じると前よりもショックが大きく、症状がひどくなることがあるからです。  

「治るまで知~らない!」ぐらいの気持ちで、今日一日をゆったり過ごしましょう。

わたしの知り合いにも、「うつ病」になって会社をやめざるを得なかった方がいます。

ずっと部屋に引きこもっていたので、「社会復帰は無理なのかなあ」と感じていたようです。

でも無理せずあわてず、「今日できる小さなこと1つだけ」をやっていたら、ゆっくりと回復していったそうです。

今では起業して、「月に100万円以上」を稼ぎ出して世界を旅しています。(実話です)

これは極端な例ではありますが、治そう治そうとあわてないことと、罪悪感をもって自分を責めないほうがいいという事例です。

そして少し女性への興味が出てきたら、スマホアプリで出会いを求めていくのもいいでしょう。

うまくいかなかった時の事を考えると、怖くなるかもしれません。

そんな時は、彼女を作ることはひとまず置いておいて、「会話できる相手をすこし増やそう」というくらいの気持ちでやってみましょう。

基本的には「お互いに会いましょう」とならない限り、スマホ上での「メッセージのやりとり」だけで、対面で相手をしなくて済むのが大きなメリットです。

本当にいろんな悩みをかかえた人達に出会えますから、共感できたり気がまぎれることも多いです。

国内最大の会員数をもつ「ペアーズ」を試してみてください。

>>>【ペアーズ無料会員登録】

他人への借りは、元気になってから返せばいいですし、べつに返さなくたっていいんです。

誰でも人生のあいだで、ずっと調子がいいわけではないですし、どんな人でも周りから助けてもらっているものです。

「困ったときはお互い様」ですね。

「うつ病だけど彼女が欲しい」男性がすべき3つの行動とは?  まとめ

まずはあなたの「うつ病」の治療を優先させて、女性と出会うときにはかならずに医者からもらった薬を服用しましょう。

ときどき気分がいい時もあったりしますから、そんなときは少しだけ行動してみるといいでしょう。

絶対にあわててはいけませんが、長いトンネルを抜けたとき、一回りも二回りも成長しているはずです。

>>>【ペアーズの評判は?】