【子供が欲しいけど無理?】40代男性が結婚して子供が欲しいなら取るべき行動とは?

茂手泰三

茂手泰三
はじめまして。管理人の茂手泰三(もてたいぞう)です。あらゆる結婚の悩みを「モテキング」にぶつけていきます!

茂手泰三

茂手泰三
私の兄が、40代なかばで、急に子供が欲しいと言い出したんです。。。 
<strong><noscript><img src=

モテキング
あれもこれもは難しいかもしれませんが、一つずつ出来る事をやっていきましょう。

もう結婚はしなくてもいいかな」と思っていた40代男性が、ふいに「子供が欲しいかも」といった、以前は思いもよらなかった感情が芽生えることがあります。

茂手泰三

茂手泰三
そういうもんですかあ。。。

誰でも、たまには兄弟や友人の子供と触れ合う機会があったりしますよね。

そういういった時に、「子供の良さ」に気付くのかもしれません。

また誰にでもやってくる「」を意識した時、子供がいれば自分の命をつなげれた気持ちになれることも影響しているでしょう。

茂手泰三

茂手泰三
深いっすね。。。

実際に大変なことも含めて、子供がいるだけで「人生は深み」を増します。

ただ40代男性ともなると、「結婚して子供までは厳しいかも。。。」と感じてあきらめている男性も多いのではないでしょうか。

だとしたら、すごくもったいないです!

やってダメなら諦めもつきますが、やらないままだと、あとで必ず後悔します。

一度きりの人生」ですから、四の五のいわずにチャレンジしましょう。

茂手泰三

茂手泰三
それもそうですね。。。

子供が欲しい40代男性」には、のんびりと恋愛をしている時間はありません。

なぜなら、40代ともなれば、20代30代の頃よりもかなり精子がおとろえ、その質も落ちているからです。

そこで婚活の中では値段が張りますが、「結婚相談所」の利用を検討してみてください。

たしかに一昔前までは、初期費用10万円以上の高額な結婚相談所ばかりでした。

しかし最近では、オンライン完結の「低料金」「高サービス」な結婚相談所が出てきました。

とくにおすすめなのが、ここ数年で会員数が激増しているスマリッジ」です。

2020年3月分の時点で、紹介可能人数は52,000人もいます!(業界2位)

➤➤➤スマリッジの口コミ・評判は?

 

結婚相談所なのに、初期費用が登録料6,000円月会費9,000円の合計「15,000円」です。(税抜)

お見合い料」「成婚料」などの「追加料金も一切なし」です。

しかも「婚活アドバイザー」による、「お相手の紹介」「お見合いの日程調整」「さまざまな悩み」へのサポートがあります。

さらに「全額返金保証制度」もあるので、実質リスクなしで結婚相談所を利用できます!

➤➤➤【スマリッジ公式サイトへ】

 

この記事では【独身の40代男性】が、「供が欲しくなった時にとるべき行動」についてご紹介していきます。

子供が欲しくても「何歳まで子供をつくれるの」?

いくら「結婚相手」が見つかったとしても、自分や相手の女性に、すでに子供つくる能力が低いもしくは無くなっていた場合、本来の目的が果たせなくなります。

一般的に女性は、35歳から急速に卵子の老化が進み、不妊率も障害児が産まれてくる率も高まっていきます。

このことはテレビなどの影響でかなり認知されていて、そのため40代男性が婚活するときの条件に「35歳以下の女性」を希望する理由になっています。

いっぽうで最近では男性のほうも、35歳~40歳を境に精子の老化がはじまり、子供ができる確率が徐々に下がっていくことが分かりはじめています。

ただ昔も今も、50代や60代でも子供ができる男性は結構いますよね。

何歳まで子供をつくることができるかは、個人差が大きいので、あきらめずにチャレンジしましょう。

 

子供が欲しい40代男性が「とるべき行動」とは?

35歳以下の女性にしぼる

すべての女性に適応されるわけではないですが、ほとんどの女性が「35歳以上」になれば卵子の老化が進み、子供が生まれる可能性は急速に下がっていきます。

「子供が欲しい40代男性」としては、なんとか少しでも子供が出来やすい年齢の女性にしぼることが大切です。

どうしてもうまくいかない場合は、以下の方法を考えてみましょう。

「バツイチの女性」や「シングルマザー」にしぼる

「結婚経験なしの35歳以下の女性」とうまく出会えないようだったら、「バツイチ」か「シングルマザー」の35歳以下の女性を検討しましょう。

相手の過去よりも、「若さ」を優先することで、子供をさずかるという目的に近づけます。

多くの男性がバツイチの女性やシングルマザーよりも、「結婚経験のない女性」を希望します。

もしかしたら、あなたもそうかもしれませんね。

ただ男性ライバルの少ないバツイチの女性やシングルマザーを選択肢に入れることで、「結婚して子供が欲しい」という目的を果たせる可能性が高まります。

「バツイチの女性」というとなんだか聞こえは悪いですが、どんなことでも人間は失敗している人のほうが学ぶことも多く、人としての器も大きくなっていきます。

離婚という苦労を乗り越えてきているわけですから、我を押し通したりせずに調和を保てる女性が多いのです。

相手女性の見た目が美しくても、案外数年で見飽きます。

協調性がない女性とは、長時間一緒にいられるものではありません。

これから同じ家に、ずっと暮らすことを考えれば、苦労を乗り越えてきた女性を選ぶほうが賢い選択肢とも言えます。

次にどこでそういう女性と出会えるのかですが、ちゃんとそういう出会いに適した「婚活サービス」があります。

婚活サイトの「マリッシュ」は、バツイチ・シングルマザー・シングルファザーに対してのフォローが手厚いという珍しいサービスです。

他の婚活サイトよりも、バツイチやシングルマザーの女性が多く登録しているので、チェックしてみることをおすすめします。

➤➤➤【マリッシュ無料会員登録】

 

「35歳以下のバツイチの女性」でもうまくいかないという場合は、「35歳以下のシングルマザーの女性」を検討してみましょう。

子供がすでにいるシングルマザーの女性は、子なしのバツイチの女性よりも婚活において厳しい状況にあります。

なので、男性ライバルの少ないシングルマザーの女性で、35歳以下の女性であれば、本来の目的である「結婚して自分の子供が欲しい」という希望に近づきます。

「相手の連れ子がいるじゃないか」とツっこまれそうですが、いざ接してみると連れ子であっても仲良くなれることも多いものです。

実際に、シングルマザーと再婚している男性はたくさんいます。

じつは私の両親もそうなのですが、まあまあ楽しくやってこれました。

もちろん色々ありますが、お互いに特殊な親子関係に配慮し、葛藤しながら家族になっていきます。

➤➤➤【マリッシュ無料会員登録】

 

結婚して子供が欲しい40代男性がとるべき行動とは? まとめ

子供が欲しい!」という目的がある以上、一般的に子供をつくれるタイムリミットがせまっている、「35歳以下の女性」と出会える行動をとっていくことが大事です。

ただやっぱり自分は、バツイチシングルマザーではない女性と結婚したいという男性も多いことでしょう。

あなたが「初婚」なら、なおさらのことですね。

茂手泰三

茂手泰三
気持ちは分かります。。。

ただあまり時間に余裕があるわけではありません。

ですから、費用が高いですが結婚にたどり着く可能性の高い「結婚相談所」をおすすめします。

従来の店舗型の結婚相談所」は、耳を疑うほど高額だったりします。

初期費用10万・1年間利用した場合20万円~30万円以上といったところです。

茂手泰三

茂手泰三
やっぱりかかりますね~。。。

しかしここ数年で増えてきた「オンライン完結型の結婚相談所」なら、わざわざ店舗まで足を運ぶ必要はなく、料金も数年前まででは考えられないような「低料金」となっています。

そして特におすすめなのが、ここ数年で会員数が激増しているスマリッジ」です。

会員数は業界2位の52,000人、利用料金は業界一の低料金です!

➤➤➤スマリッジの口コミ・評判は?

 

結婚相談所にもかかわらず、利用料金が登録料6,000円月会費9,000円のみ。

お見合い料」「成婚料」などの「追加料金も一切なし」です。

しかも「婚活アドバイザー」付きで、全額返金保証制度」もあるので、実質リスクなしで結婚相談所を利用できます!

➤➤➤【スマリッジ公式サイトへ】

 

いくら子供が欲しいとは言え、「結婚相談所を利用するのはちょっとなぁ」という方もみえるかと思います。」

そんな方におすすめしたいのが、婚活サイトの「ブライダルネット」です。

ブライダルネット」は、東証一部上場企業のIBJが運営している婚活サイトなので信頼性が高いです。

➤➤➤【ブライダルネットの評判は?】

 

料金もマッチングアプリとさほど変わらず、月額2,600円~3,980円(プランによる)(税込)となっています。

結婚相談所と同じように、「結婚目的の方」しかいないので、最短距離の婚活ができます!

➤➤➤『ブライダルネット公式サイト」https://www.bridalnet.co.jp/