願望別婚活

【農家の男性と結婚したい女性必見!】出会える方法とメリットデメリットは?

この記事を書いた人

【婚活キングの姉】のんびり独身を楽しんでいたら、あっという間に30代に。婚活に5年間も苦しむ。なんとか6年目の35歳で結婚。2児の母。 

 

28歳女性
28歳女性
都会に疲れたので田舎で結婚したいんです! 
婚活キングの姉
婚活キングの姉
女性の需要はたくさんありますよ! 

最近は都会の生活から離れようとして、農家のお仕事を選択する男性も増えてきました。

女性でも「都会の喧騒を忘れ、静かな田舎町に」そんな憧れを抱いて、結婚相手として農家の男性を探す方も増えてきているのではないでしょうか。

しかし都会暮らしの生活をしている人にとって、農家に嫁ぐということに、イメージが湧かないかもしれません。

そこで「農家に嫁いだ際のメリット、デメリット」、また「農家の男性と出会う方法」についてご紹介していきます!

 

農家の男性と結婚するデメリット

朝が早い

農家に嫁いだ場合は、恐らく農家のお仕事を手伝わなければならない環境の可能性が高いです。

そして、農家のお仕事は基本的に朝が早いです。

朝出荷に間にあわせるために、4:00〜5:00作業開始は当たり前です。

そのため、朝が苦手な方は慣れるまでは辛いかもしれません。

しかし朝作業に慣れることができれば、気持ちの良い朝の空気を吸いながら仕事できる環境にあるのではないでしょうか。

「天候、災害に収入が左右されやすい」

農家の収入源は作物がメインですから、他のお仕事では大きく左右されないはずの天候や災害などに収入が大きく影響してしまいます。

つまり、時期や状況によって収入が安定しません。

そのため稼げる時期があったり、稼ぎが悪い時期があったりと、一年の中で収入に変動が訪れる可能性があることを考慮して過ごす必要があります。

天候や災害は、本人の努力で回避できるものでは無いですからね。

 

農家の男性と結婚するメリット

食事が美味しい

自分で作った作物は、新鮮な上に余計な添加物も入っていません。

さらにご近所さんからも、新鮮な別の作物を分けていただく機会も多くあるでしょう。

さらに自分自身が必然的に料理をする腕も上がっていきますし、旦那自身や旦那のご両親が料理上手の可能性が高いです。

そのため美味しいご飯を食べる環境が整っています。

健康に過ごせる

自分の育てた作物を食べられる環境が整っていますし、農家が盛んな地域であれば、ご近所さんが育てた作物を分けていただく機会が多くあります。

ですから、「添加物の入っていない食事」をとることができます。

また農家は力仕事であるため、デスクワークよりもお仕事で身体を動かせる機会があります。

食事面でも、運動面でも健康的に過ごすことができます。

子供を育てる環境が整っている

農家が盛んな地域は、周りとのコミュニケーションが取りやすい環境にあります。

旦那の親御さんが近くにいる可能性が高いため、ご両親が子供の面倒をみてくれますし、ご近所の方が自分の子供の面倒をみてくれることもあります。

周りに面倒を見てくれる人がいなかったとしても、都内に比べ保育園、幼稚園などに入る人が少ないため、入園にも苦労しないでしょう。

 

農家の男性と出会える3つの方法とは?

地元の婚活イベントに参加する

農家の男性が結婚できるように、地域で協力してイベントを開催する場所があります。

農家の男性と結婚を考える女性が増えてきたといっても、まだ農家の男性は未婚率は高いです。

地域密着型の婚活イベントでは、農業の継続目的や地域の発展を目的としているため、女性の参加費が安い傾向があります。

また、「街コン」イベントもあります。

街コンに参加する方は、少し都会の方に出てきてイベントに参加します。

つまり農家の方自身が、街コンに参加してくれている可能性があります。

地域密着型の婚活に参加することで、農家の方に出会う確率がグンと上がります。

農家が盛んな田舎に住んでみる

やはり農家の方と出会いたいのであれば、農家が盛んな地域に住むことがお勧めです。

農家の方は他の方より休日が少なかったり、朝型なため夜の活動に参加できなかったりします。

そのため、婚活自体に取り組まない農家の方がいるようです。

そのため自分自身がその地域に住むことで、農家の男性と出会う機会を増やすことがお勧めです。

わざわざ農業をする必要はありませんが、自分自身が飲食店などで働くことで地域での出会いがあります。

そういった地域はコミュニケーションも盛んに行われるため、住んでいたり働いていれば、出会いのきっかけは多いです。

マッチングアプリを利用する

今の時代、手軽にマッチングアプリで男女が出会うことができます。

まだまだ抵抗のある人もいるかもしれませんが、スマホアプリを使った出会いにもそろそろ挑戦してみてはいかがでしょう。

20代30代では、スマホアプリでの出会いはもはやスタンダードになっています。

日本最大の会員数をほこる恋愛マッチングアプリ「ペアーズ」が、もっとも結果が出せるでしょう。

➤➤➤【ペアーズの料金は?】

マッチングアプリを利用すると、職業の欄に「農家」や「自営業」などと記載されます。

自営業だと幅は広くなってしまいますが、「農家」と記載があれば、確実に出会える可能性があるでしょう。

また探す際の注意点として、地域の選択が大切です。

自分自身の地域設定を都内にしていると、相手からはマッチングされない可能性があります。

探す際は自分で地域の幅を広げ、マッチングの際に農家に興味があるということを相手に示しましょう。

男性は農家である自分の所に、都内に住んでいる相手が嫁いでくれるかどうかを心配しています。

そういった点からも、農家に興味があることを示す必要があります。

 

農家の男性と結婚したい! まとめ

憧れの田舎暮らしを手に入れたいが、自分には農業をする知識がない。

そんな時に農家の男性と結婚することができれば、旦那に指導を受けながら憧れの田舎暮らしをすることができます。

そして添加物のない美味しいご飯と、子供を育てやすい環境が整っています。

農家なのでお休みや収入面は、育てる農作物、天候や災害の影響、売れ行きなど環境によって大きな差があります。

しかし困難があっても、一緒に乗り越える相手は旦那です。

または近くに住んでいるご近所さんと協力して、乗り越えるような暖かい環境が整っています。

まずは今すぐに始めれる行動として、スマホアプリから始めてみるのもいいでしょう。

マッチングアプリの中でも、もっとも人気があってリーズナブルな「ペアーズ」をおすすめします。

『Pairs(ペアーズ)』公式ページ https://www.pairs.lv/

都会のような便利な環境ではありませんが、農家に嫁ぐメリットも多くあります。

将来子供が成長した時に、帰る実家が田舎にあるというのもいいのではないでしょうか。

農家の旦那と結婚したら、ご近所付き合いも含め、暖かい家庭が築けるでしょう。

管理人

モテキング婚活キング27歳で結婚するも6年半で離婚。バツイチから某結婚相談所にて再婚。そこの担当者の仕事ぶりに感動。婚活相談に目覚める。 

 

【婚活をはじめよう!】

ようやくワクチン接種も始まり、コロナが収束する可能性も少しは出てきましたね。(笑)

そろそろどの婚活サービスも混みはじめ、登録から活動開始までに時間がかかるはず。

ですので、今の比較的すいている間に準備を整えておかないと不利になるかもしれません!

オンライン結婚相談所スマリッジ只今キャンペーン中!

なんと月会費9,900円(込)独身証明書取得サポート2,200円(込)無料!

※さらに2周年記念特典としてお見合い成立料も永久0円!

関連記事