【彼氏ができない。。。】理由の分からない女性がすべき3つの対処法とは?

30歳女性

30歳女性
ずっと彼がが出来ないんです。。。
モテキングの姉

モテキングの姉
原因と対処法をお教えします。 

付き合ったことがないわけではないけれど、「最近なかなか彼氏ができないなあ」という女性も多いのではないでしょうか。

周りの友人は、みんな彼氏がいて結婚までしてるのになぜ自分だけ?

考えれば考えるほど、分からなくなるし不安になりますよね。

でもきっかけ一つで、おおきく変わることがあります。

この記事では【彼氏ができない理由が分からない女性】に試してほしい「3つの対処法」についてご紹介していきます!

後述しますが、すぐにでも彼氏が欲しいのならマッチングアプリ「ペアーズ」を試してみてください!

✅会員数が国内最大のマッチングアプリ!

✅女性ファミレス店員の会員も多数!

➤➤➤【ペアーズ無料会員登録】

「彼氏ができない女性の特徴は?」

「仕事が最優先になっている」

仕事に時間を充て過ぎている女性は彼氏を作る時間を多く取れません。

30代になると責任あるポジションを任されて、考え事や残業が多くなって恋愛をするのに不利な立場になっていきます。

また仕事に喜びを見出している、副業が楽しくなってきた、仕事量が多すぎる職場にいる女性は恋愛に関心がどんどん薄れていってしまいます。

「理想が高すぎる」

背が高い人がいい、収入が多くて優しい男性じゃないと、このように理想ポイントが多い女性ほど選択肢が少なくなります。

見た目がイマイチな男性でも高収入ではない男性でも、しゃべってみたら意外と一緒にいて楽しいと気づくこともあります。

こだわりをいくつか捨てることも思わぬ出会いにつながります。

「出会うための行動をしていない」

家と会社の「往復の生活」になっていませんか。

通勤で同じ職場の人と出会っても、挨拶だけで終わっていないですか。

通勤は職場の人と雑談できる数少ないチャンスです。

雑談の中でも、知り合いの恋人がいない男性を紹介してもらえることもあります。

ほかには、休みの日に一人で楽しめるゲームや料理などに時間を費やしていませんか。

一人でいる時間が多いと、恋人と会うチャンスは巡ってきません。

SNS感覚で、マッチングアプリを毎日使うのもとても効果的です。

ペアーズOmiaiあたりをコツコツ続けておけば、かならずキッカケがつかめるはず。

女性は無料で利用できるので、長期的にも痛くもかゆくもありません。

「自己肯定感がひくい」

「自分なんて。。。」が口癖の人は非常にもったいないです。

自虐的な人は、異性だけでなく同性からも一歩引かれてしまいます。

誰でも、一緒にいると楽しくなれる人のそばにいたいものだからです。

無理矢理うそでも、自己肯定していくのがおすすめです。

人は悪い言葉を吐いているとますます状況が悪くなるものですが、逆にいい言葉をつぶやいていると不思議と状況も好転していくものです。

「彼氏ができない女性がすべき3つの対処法」

「思い切って仕事や職場を変える」

残業の少ない職場に異動したり、製造業など決まった時間に終わる仕事に変えることで恋愛に時間を充てられます。

また異性が多い職場に身を置くだけで、そのまま恋人ができるきっかけが増えます。

どうせ副業するのなら、ステキなお兄さんがたくさん働いているカフェや居酒屋などを選択肢に入れてみましょう。

医療事務の受付の仕事も、多くの男性と知り合うことができます。

ターゲットは患者さん・お薬、医療器具などの営業さんです。

ピンクのカーディガン・丁寧な応対で男性に見そめられる可能性があります。

「どんなお誘いでも行ってみる」

職場の飲み会・異業種交流会・先輩や同僚からの知人の紹介などに積極的に参加してとにかく出会いの数を増やします。

単純に数をこなすことで、いい人に出会える確率は上がります。

社会人のサークルもおすすめです。

共通の趣味を持っている人と出会えるので会話も間違いなく弾みます。

近所のボランティアでも友人の結婚式でも、人と話せる場所にどんどん行きます。

興味のないことでも、深く考えずに「とりあえずコミュニケーションの練習の場」だと思って足を運んでみましょう。

「オンライン恋活を取り入れる」

オンライン飲み会や、meetupの交流会などお金のかからないものにも挑戦してみましょう。

オンラインと聞くと、昔の出会い系サイトの悪いイメージが頭に思い浮かびます。

近年はアプリで恋人と出会うことは、かなり普通になっています。

すぐにお付き合いとまではいかなくても、異性との会話の練習になりますし、どういった人が好みなのか自己分析できます。

自分の理想の人を思い描いたら、日本で一番利用されているマッチングアプリのペアーズからはじめてみましょう。

女性は「無料」で使えるので、経済的にも助かります。

「タバコを吸う人は嫌だ」など、自分の条件に合った男性を「検索機能」ですぐに見つけることができます。

また、真剣に結婚を考えている男性との出会いを望むなら、マッチングアプリよりも結婚相談所にすべきです。

結婚相談所は書類審査などを厳しく行なっているので、遊び半分の相手の人と出会うことはまずないです。

結婚相談所は何十万円もかかるイメージですが、ここ数年でかなり低料金のオンライン結婚相談所が増えています。

なかでも、会員数が劇的に増えているオンライン結婚相談所「スマリッジ」をチェックしてみてください。

「彼氏ができない理由が分からない女性がすべき3つの対処法 まとめ」

彼氏ができないという状況がなかなか変わらない場合には、私生活重視にライフシフトを考えてみるのも一つの手です。

転職まで踏み切れないなら、降格や部署の異動を申し込んでみるなど、思い切って今いる環境から離れる方法を試してみましょう。

「そんなこと無理!」と感じるかもしれませんが、人生は一度きりですし今の若さも永遠ではありません。

あとは知人からの誘いに「Yes!」でいきましょう。

新しい人間関係を築ける場に出向く数を増やしていくことは意外と大事です。

まず一人遊びの日常からサヨナラして恋の狩人を目指しましょう!

最後に、オンライン飲み会など気軽に交流ができることに時間を費やします。

コロナきっかけではありましたが、リアルで会うよりも交通費や食事代がかからないので経済的です。

移動時間なんかも、意外とかかっていたことに気付くはずです。

少なくとも週一回からでも、恋の練習だと思って参加してみることでかならずキッカケがつかめますよ。

ここ数か月で、マッチングアプリでもオンラインデート機能が追加されています。

もっとも会員数の多いペアーズでは、「ビデオデート」という機能が追加料金なしで利用できます。

ペアーズアプリ内で完結できるようになっているので、お互いの連絡先を教える必要もなく安全です。

今までは実際に出会ってから、「あ、ちょっと無理だな」とかいう判断をする必要がありましたよね。(笑)

それだと、けっこうお金も時間も使うはめになってしまいます。

これがビデオデートなら、自分の部屋から一歩も出ずに、相手の顔や声、雰囲気が分かるのでものすごく効率的なんですね。

1日に数人と会話することもできるので、ぜひ試してみてください!