【平均年収より低い男性が結婚相談所を利用しても意味がない?】

一般的な出会いと比べ、条件が重要視されてしまう結婚相談所において、高収入の男性は何かと有利な立場を得ることが多いです。

そんな高収入男性を見て、年収の低い自分が結婚相談所を利用しても無意味なのではないか、と考えてしまう男性は多いのではないでしょうか。

男性にとって年収はコンプレックスになる要素の1つにあたるかもしれません。

確かに収入は有るに越したことはありませんが、高収入であることが必ずしも幸せな結婚を導いてくれる訳ではありません。

この記事では【平均年収より低い男性が結婚相談所を利用しても意味がないのかどうか】についてご紹介していきます!

【結婚相談所を利用する男性の平均年収はどのくらい?】

結婚相談所の男性利用者の平均年収は「500~600万円程度」と言われています。

日本人男性全体の平均年収が500万円前後と言われていますから、平均年収よりもやや高めという結果になりました。

男性が結婚相談所を利用する場合、書類審査で一定の年収を超えることを条件とする相談所もあります。

そのため結婚相談所には、比較的収入の高い男性が集まりやすく平均値は高くなる傾向にあります。

また結婚相談所で婚活を行う場合、入会費用、お見合い時、デート時の費用、といった出費がかさむため、必然的にある程度の経済的な余裕が求められます。

【結婚相談所で女性が望む男性の平均年収は?】

結婚相談所の女性会員が、男性へ望む平均年収は「500万円」と言われています。

年収500万円という数字は、年収問題においてよく取り上げられる内容となっており、婚活における1つの指針になっています。

女性は男性に比べて結婚に関して現実的で、将来の展望について明確に描いているものです。

結婚後は仕事を控えて家庭に専念したい、出産後は育児に専念したいといった希望を抱える女性が多いため、男性に高い収入を求める傾向があります。

また仕事を続けたいと思っている女性や、現時点で高収入を得ている女性であっても、将来の経済的な不安を分散させるために、高収入な男性を求める女性は多いのです。

【年収の低い男性は結婚相談所を利用しないほうがいい?】

「定職に就いていることのほうが大事!」

年収と聞くと数字が大きい方が良いと思いがちですが、一概にそう判断することはできません。

極端な例ですが、浮き沈みの激しい仕事である芸人やミュージシャン、アーティストなどの年収800万円と安定した会社員の400万円であれば後者を選ぶ女性も意外に多いです。

数字の大きさ以上に、定職に就いていることの方が大切なのです。

女性は結婚に関して現実的に考える生き物ですから、結婚後の経済力に振り幅が出にくい相手を好む傾向があります。

また定職に就いているということは、社会的な信用を確実に得ている状態でもあるため、安定性が求められる結婚において「妥当な人間である」と判断されやすいのです。

最新の結婚相談所をランキングにまとめていますのでよろしければ参考にしていただければと思います。

「年収が低いことを気にしているほうが嫌われる」

年収が低いことはネックではありますが、必要以上に気にすることは避けましょう。

年収が低いことを自虐風に話す男性が居ますが、話を聞かされる相手はどう思うでしょうか。

きっと嫌な気持ち、気まずさを感じ、話し手の男性に対してネガティブなイメージを受けるでしょう。

上記にプラスして、お金のことに必要以上に執着しやすい人、プライドが高い面倒くさい人とレッテルを貼られ最終的に嫌われてしまう可能性もあります。

人にはそれぞれ事情があって、年収が低いということもその事情の1つでしかありません。

ネックなポイントよりも、自分が自信を持ってアピールできることを積極的に話した方が相手も前向きな気持ちで会話を楽しめます。

年収は婚活で重要視されるポイントではありますが、女性は決してその部分だけを見ている訳ではありません。

「年収が多いに越したことはないが人間性のほうが重要」

いくらお金を稼いでいたとしても、パートナーをねぎらう気持ちが無ければ結婚生活は成り立ちません。

高収入は経済的に心強いものですが、その収入を結婚後も持続することができるとは限りません。

変化が目まぐるしい現代社会ですから、昔は安泰と言われた職業でも時代の流れと共に、衰退していく可能性は十分にあるでしょう。

どんな職業に就いていたとしても、リストラ、倒産、廃業など収入を失うリスクは常に付きまとっています。

怪我や病気などで体を壊し、働けない体になってしまう可能性もあります。

そうした中で最終的に残る財産はその人自身の人間性なのです。

また女性の社会進出が確立し、共働き世代が増えたことによって、男性に求められるものが収入以外にも増えてきています。

そのため柔軟性を持って臨機応変に対応し、安定した家庭を築ける人間性が、現代の婚活市場では最も重要な点になります。

【年収の低い男性が結婚相談所を利用しても意味ない? まとめ】

年収は高いに越したことはありませんが、それ以上に大切なことは「人間性」です。

なにをきれいごとをと思われるかもしれませんが、どれだけお金があっても、イヤな人間とはいつまでも一緒にいれるものではありませんよね。

結婚は一見幸せに見えますが、その裏では辛いこと、悲しいことに直面してしまうことも数多くあります。

そんな時に最後に頼れるのは、お金ではなくパートナーなのです。

年収が高くても傲慢な男性は、パートナーが辛いときに寄り添うどころか突き放すこともあるでしょう。

一方で例え年収が低くても、相手を思いやる素敵な人間性に富んだ男性であれば、パートナーの支えとなることができます。

女性は相手の思いやりに敏感ですから、普段の気遣いや会話から、年収だけでは判断できない魅力をアピールすることが大切です。

最新の結婚相談所をランキングにまとめていますのでよろしければ参考にしていただければと思います。

 

 

あなたに最適な結婚相談所あります!

出会いは衝動から生まれる!