50代男性

【寂しいと感じる50代独身男性必見!】「寂しさ」を解消する方法とは?

この記事を書いた人

モテキング【婚活キング】27歳で結婚するも6年半で離婚。バツイチから某結婚相談所にて再婚。そこの担当者の仕事ぶりに感動。婚活相談に目覚める。 

 

こんにちは、婚活キングです。

今回は、寂しいと感じている50代独身男性向けです。

 

寂しいと感じている50代独身男性は、以下のようなことに悩んでいるのでは。

40代の時に離婚して独身になり、気ままに生きてきたが、50代に入って漠然とした不安に襲われる。

ずっと独身で仕事に明け暮れてきたが、50代になって、これからもこのままでいいのか疑問を感じる。。。

このまま歳をとっていった時に、何かあっても話す相手がいないと思うと怖くなる。。。

 

こんな悩みを持っている50代独身男性向けに書いています。

結論から言いますと、一人のままでは寂しいままでしょう。

なぜなら、50代独身男性で人生を楽しんでいる方の周りには、必ず人がいるからです。

ただし結婚しなきゃいけないということではありません。

友人がいれば充分です。

とにかく気ままに会ってしゃべったり、どこかへ出かける時の相手がいればいいんです。

現時点で趣味が無ければ、まったくやったことのないサークルや集まりに入ってみましょう。

スマホでちょちょっと検索すれば色んな集まりが出てきます。

そういう集まりが苦手なら、中高年専用の結婚相談所オーネットスーペリアがあります。

え、けっきょく結婚相手探しかよと思われましたよね。

大丈夫です。

オーネットスーペリアは、結婚というカタチにはこだわらないパートナー探しを提案してます。

中高年専用というだけあって入会資格が45歳以上となっています。

パートナーという存在であれば、籍は入れずにお互い1人の時間を大切にできます。

会いたい時に会い、一緒に旅行に行くこともできるので、孤独の不安はかなり解消されるでしょう。

パートナーがいると、毎日笑うこともきっと増えてくるはず。

オーネットスーペリア資料請求

 

この記事では、さらに詳しく【50代独身男性が寂しさを解消する方法】をご紹介していきます。




 

50代独身男性は「職場」で寂しい。。。

50代という年齢では、もう女性と知り合うチャンスが限られてきています。

職場では中管理職として部下に指示を出す立場でも、本音で話せる相手がいないと寂しいですよね。

もう職場では上の立場で、若手とは話も合わず、だからといって残っている同期は数えるほど・・・。

一緒に仕事をして周囲の女性と親しくなれる年齢でもなく、職場は仕事に集中するだけの空間に過ぎません。

既婚者は家族サービスで忙しく、気持ちを分かち合うのは困難です。

結論として、長年勤めてきた職場では新たな出会いは期待できず、帰宅してからの話し相手もいない毎日になります。

少なくとも職場で寂しさを解消するのは難しいのが現実です。

 

50代独身男性は「ご近所付き合い」も寂しい。。。

寂しさを痛感するタイミングとしては、隣接している住宅に住んでいる人々とのご近所付き合いでも起こり得ます。

自治会の町内掃除や当番でも、50代の独身男性に積極的に話しかけてくる人はあまりいません。

ご近所付き合いは、基本的に女性同士のコミュニティです。

子どもがいれば、保護者として嫌でも関わりがあります。

ですが、見ず知らずの独身男性と無理に親しくなる理由は皆無でしょう。

社交辞令として、最低限の挨拶や連絡事項はあるだけに余計に寂しさがつのります。

集団の中の孤独は、人生経験を豊富に積んでいてもこたえるでしょう。

 

50代独身男性は「休日」がさらに寂しい。。。

本来なら待望の休日も、50代の独身男性にとってはこれといった感動は薄かったりします。

自分の家族がいれば、家の中の模様替えや買い出し、子どもやペットのための準備でゆっくり休んでいる暇すら無かったりします。

けれども50代の独身男性だと、特に約束が無ければダラダラと寝て夕方を迎えることも。

自分で自由に予定を決められるのに、家族がいない寂しさが身にしみます。

 

50代独身男性は「病気」の時にかなり寂しい。。。

そしてさらに寂しさがこたえるのは、病気の時です。

意識が朦朧として、体が思うように動かない時にも自宅には自分だけ。

倒れても心配して駆けつけてくれる人がいない恐怖は、この年代にしか分からないでしょう。

そこには若い時のように「自分の子どもが欲しい」という希望ではなく、「誰にも看取られずに旅立つのか・・・」という恐ろしさがあります。

 

50代独身男性が寂しさを解消する方法は?

50代独身男性が、寂しさを解消するために一番効果的な方法は「自分の家族を持つこと」でしょう。

または結婚せずとも、「人生を共に楽しむパートナーを見つけること」です。

女性と愛し合って子どもを作るのは、ちょっと望みが薄くても孤独からは解放されるはずです。

若い頃に結婚した同年代の人達は、このあたりから熟年離婚がどんどん増えていきます。

若さで盲目になって、できちゃった婚で結婚したけれど、一緒に暮らしてみればどんどんお互いの存在が苦痛になる。

子供がいるから我慢してきた夫婦が、50代過ぎから離婚へ向かいます。

それを考えれば、ここからパートナー探しに向かうあなたは、若い頃に結婚する人たちよりも相手の気持ちを受け止めてあげられる度量が身についています。

しかし残念ながら、ただボーっと日常生活を送っていても、50代男性には出会いのチャンスは訪れにくいです。

オーネットスーペリアでパートナーを探してみてください。

利用料金のほうも、入会金3万円・月会費1万円と結婚相談所としてはかなりの低料金です。

毎日ふとした会話ができるというのは、人間にとって水と同じくらい大切なことかもしれません。

人生の後半戦をともに楽しんでくれるパートナーがいたら、今までの人生が一変するでしょう。

※パートナーがいるだけで、喜びは倍になり、悲しみは半分になるはずです。

 

50代独身男性が寂しさを解消する方法は? まとめ

50代独身男性が、漠然とした不安や寂しさから解放されるには、やはり人生のパートナーを見つけることが一番効果的です。

とは言っても、必ずしも結婚相手を見つけないといけない訳ではありません。

男性の友人でもOKです。

会いたい時に会い、話したい時に話せるパートナーであればいいのです。

ただ女性のパートナーもいたほうが、より楽しいのは確かなはず。

でも50代になって、自力で探そうにも難しい年代ではあります。

会社の同僚に頼むのもちょっと恥ずかしくてイヤだ、という気持ちもあるかもしれませんね。

オーネットスーペリアは、結婚相談所でありながら、結婚というカタチにはこだわらないパートナー探しを提案してます。

パートナーという存在であれば、籍は入れずにお互い1人の時間を大切にできます。

会いたい時に会い、一緒に旅行に行くこともできるので、孤独の不安はかなり解消されるでしょう。

パートナーがいると、毎日笑うことがきっと増えてはずです。

オーネットスーペリア資料請求

※パートナーがいるだけで、喜びは倍になり、悲しみは半分になるはずです。

 

 




あのペアーズの結婚相談所が神キャンペーンを開催!今だけ!

ペアーズエンゲージでは、2021年5月17日よりサービス提供エリアが全国に拡大!

それに先立ち、新規エリアで5月16日までに事前登録すると、

・入会金無料! 12,000円⇒ 0円!

・月会費が半額! 12,000円⇒6,000円に!(税込)

しかも退会するまで月会費は6,000円のまま。

事前登録対象の新規エリアは以下の通りです。

【北海道】北海道

【東北】宮城県 / 福島県 / 青森県 / 山形県 / 秋田県 / 岩手県

【関東】茨城県 / 栃木県 / 群馬県

【中部】新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県

【中国】岡山県 / 広島県 / 鳥取県 / 島根県 / 山口県

【四国】香川県 / 徳島県 / 愛媛県 / 高知県

【九州・沖縄】福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

もしあなたが、上の新規エリアに該当していたら超ラッキー!

ペアーズエンゲージに限らず、結婚相談所を毎月6,000円のみで利用できるなんて前例がありません!

ペアーズエンゲージ公式サイトはこちら

※3か月間でマッチングしなかった場合でも、全額返金保証あるので安心!あとはあなたの行動だけですね。