50代女性

【寂しいと感じる50代独身女性必見!】実家暮らしの生き方は痛い?

婚活キングの姉
婚活キングの姉
こんにちは。様々な婚活に取り組み、6年かけてようやく結婚できた婚活キングの姉がこの記事を執筆しました。

「無理して一人暮らしするよりも、実家暮らしのほうがお金もかからなくていいわ!」と考える50代女性は多いのではないでしょうか。

ただそのまま歳を重ねていくにつれ、周囲があまりいい目で見ないのも事実。

そこでこの記事では【50代独身女性の実家暮らしはやはり痛いのか?】それとも実は気にしなくていいのかについて検証していきます!

スポンサーリンク


忙しい方のために結論!

50代独身女性の実家暮らしは、やはり痛いと見られることが多いです。

実家暮らしのほうが経済的ではあるものの、どうしても周りはあの人は自立できない人と判断します。

「今のこの状態が私にとって一番幸せなんだ!」と言い切れるなら問題はありません。

ただやはり心に引っかかるものがあるという方は、せめて継続的な婚活をしておくだけでも突然大きな転機が訪れるもの。

そこで参考までに、私が今の旦那と出会えたサービスをご紹介。

それはマッチングアプリ並みに安いのに、結婚相談所より丁寧なサポートの「婚活サイト」なんです。

 

50代独身女性は「職場」で寂しい。。。

50代の独身女性は、職場で居心地が悪いこともあるのではないでしょうか

会社の人間関係は、基本的に既婚者の方が優遇されがちですよね。

若い頃は新人というだけで軽視され、今は仕事ができても独身だから軽く見られる。

そこには悪意とまではいかずとも、上下関係が確かに存在します。

一緒に頑張っていた同期が1人また1人と寿退社。

「次はいよいよ私の番か・・・」と思っていたけど、いつまでたっても来ない。。。

職場で周囲から相手にされずに、新入社員がちやほやされるのを見ているのは寂しいものです。

50代独身女性は「ご近所付き合い」も寂しい。。。

50代の独身女性は、ご近所付き合いでも寂しいと感じる場面が増えます。

どうしても話題の中心は家族に関することになりがち。

愛想笑いを浮かべながらも、内心ではもどかしい思いをしていませんか?

自分の子どもを持つことはあきらめても、自分の家族は欲しいと思うことは女性としての自然な思いです。

今は親がいるからいいけれど、いなくなったあとの孤独に不安を感じるでしょう。

スポンサーリンク


50代独身女性は「休日」が寂しい。。。

急いでやることがない休日は、50代の独身女性にとって悩ましい時間です。

お茶飲み友達がいればかなり救われますが、いない方にとっては休日も酷な時間。

親も高齢なので、そうそう頻繁には出掛けられないでしょう。

とは言え、1人で出掛けると余計に寂しさがつのりますよね。

女性は本能的に家族を求める傾向にあります。

その気になれば1人で生きていける男性とは違うのが特徴です。

しかし世間は高齢の独身女性にほとんど注目しません。

視界に入ってくる家族連れや、元気いっぱいに動き回る子どもを外野から眺めるだけ・・・。

話し相手もろくにいない休日を過ごしていると、50代では「ボケ」や「認知症」の恐れまで高まります。

この社会で50代まで頑張ってきた結果が、寂しさを噛みしめるだけではあまりに悲しいですよね。

50代独身女性は「病気」の時に寂しい。。。

50代独身女性が切実に寂しさを感じるのが、病気になった時です。

病気のせいで仕事までなくなったら、それこそ目前に迫っている老後が不安です。

誰かに頼りたくても、親は老いて、兄弟はすでに自分の家族がいて忙しいのが普通です。

誰もが自分と家族のことだけで精一杯。

そう考えると、やはり本当の意味で自分と運命を共にしてくれる人がいると安心なのでしょう。

50代独身女性が「寂しさ」を解消する方法は?

男性女性・年齢に関係なく、寂しさを解消してくれるのはやはり安心できるパートナーの存在です。

しかし50代にもなると、職場やご近所付き合いでは、なかなか独身男性との出会いにつながらないでしょう。

そこで中高年向けの婚活サービスのオーネットスーペリアをチェックしてみてください。

公的な身分証明書で本人確認が行われているオーネットスーペリアは、45歳以上の中高年に特化した結婚相談所です。

個人情報とプライバシーの保護を徹底している大企業のサービスなので、勤務先やご近所にまったく知られずに婚活をおこなえます。

➤➤➤【オーネット スーペリア公式サイト】

 

※50代から60代になるまでの体感時間は、今までより一層早いですから迷わず行動することをおすすめします。

50代独身女性の実家暮らしは痛い?

50代独身女性の中には、ずっと実家暮らしという女性も多いです。

結婚や転職などの理由でもなければ、わざわざ一人暮らしを選ぶ理由がないですもんね。

でもいつの間にか30代になり、40代を過ぎ、気が付けば50を超える年齢に。

残念ながらイメージとして「実家暮らしの女性は苦労していない」、だから「痛い」と思われることもあるでしょう。

また金銭感覚においても、ひとり暮らしの女性に比べてルーズな印象を持たれてしまうことも。。。

実際にはしっかり親の面倒を見ていて、ひとり暮らしの女性以上に家事をしている女性もいるはず。

ですのでもしも婚活をするのなら、相手に実家暮らしをしている事情をしっかり話しておいたほうがいいです。

実家暮らしというキーワードから、それらの事情をくみ取ってくれる男性は少ないのが現実ですからね。

スポンサーリンク


50代独身女性が「寂しさ」を解消する方法は? まとめ

中高年のなかでは、50代の独身女性はまだまだ若いと見なされる年齢です。

しかし今は生活に困らない状態でも、女性1人の収入では老後に行き詰まってしまう恐れがあります。

精神的にも、経済的にも支えになってくれる人。

本当の意味での寂しさを解消してくれる人に出会うために、まだ気力・体力の残っている50代のうちに動き出しましょう。

ただマッチングアプリや婚活パーティーは、若い人が中心ですからちょっと厳しいです。

そこで参考までに、私が今の旦那と出会えたサービスをご紹介。

それはマッチングアプリ並みに安いのに、結婚相談所より丁寧なサポートの「婚活サイト」です。