40代女性

【40代独身女性の実家暮らしは痛い?】実は気にしなくていいってホント?

婚活キングの姉
婚活キングの姉
こんにちは。様々な婚活に取り組み、6年かけてようやく結婚できた婚活キングの姉がこの記事を執筆しました。

「無理して一人暮らしするよりも、実家暮らしのほうがお金もかからなくていいわ!」と考える40代女性は多いのではないでしょうか。

ただそのまま歳を重ねていくにつれ、周囲があまりいい目で見ないのも事実。

そこでこの記事では【40代独身女性の実家暮らしはやはり痛いのか?】それとも実は気にしなくていいのかについて検証していきます!

スポンサーリンク


忙しい方のために結論!

40代独身女性の実家暮らしは、やはり痛いと見られることが多いです。

実家暮らしのほうが経済的ではあるものの、どうしても周りはあの人は自立できない人と判断します。

「今のこの状態が私にとって一番幸せなんだ!」と言い切れるなら問題はありません。

ただやはり心に引っかかるものがあるという方は、せめて継続的な婚活をしておくだけでも突然大きな転機が訪れるもの。

そこで参考までに、私が今の旦那と出会えたサービスをご紹介。

それはマッチングアプリ並みに安いのに、結婚相談所より丁寧なサポートの「婚活サイト」なんです。

 

40代独身女性の実家暮らしはなぜ痛い?

家事は親まかせでやってなさそう

基本的に一人暮らしをしていたら、家事は自分でするしかありません。

ほかに誰も手伝ってくれないので、家事含め家にまつわるいろんな面倒なことを自分でやるしかありません。

しかし実家暮らしと聞くとどうでしょうか?

この人たぶん家事をしてないんだろうな。。。

その服もお母さんが洗ってアイロンをあてたんだろうな。。。

お弁当もお母さんに作ってもらってるんじゃないの?

実際はどうであれ、40代独身女性が実家にいると、どうしてもそういう目でみられがちです。

お金も入れてなさそう

さらに40代独身女性が実家暮らしだと、お金の管理が適当と思われる場合もあります。

ほかの40代女性が育児などで金銭感覚が鋭くなっていく一方で、実家暮らしをしていると感覚がずっと20代のまんまなんてことも。

「ちゃんと働いているんだからそれだけでも立派じゃない?」

と思うかもしれません。

しかし大人なら、家に甘えっぱなしでいられないことくらいは自覚しておくべきです。

こういう独身女性は、収入のわりに服装や化粧品がハイクラスだったりします。

いつまでも浮世離れした態度をとっていると、「お金を家に入れないくせに、金銭感覚が甘い浪費家」と思われても仕方ありません。

スポンサーリンク


40代独身女性が実家暮らしをする理由は?

結婚の機会もなく職場も近いのでそのまま

人間は必要に迫られないと動けないもの。

今の環境で事足りているのであれば、いちいちほかの場所に行こうと思いません。

面倒ですからね。

よくあるのが大学を出た後、地元の企業に就職し、実家から通勤しているパターンです。

実家から通えるのであれば、引っ越しや一人暮らしをするほうがコスパが悪いと考える気持ちも分かります。

ただ一人暮らしには多くのメリットがあり、人間として大きく成長できるのですがそれをこばむ人も多いです。

高い家賃を払うくらいなら、実家に住んでお金を貯めることの何が悪いの?

年金を満額もらえるかどうか怪しいのに、出費を減らして何が悪い?

といったような、実家暮らしをする立派な大義名分があるわけです。

家族の病気の面倒を見ている

人によっては自立したくても、仕方なく実家暮らしをしている方もいます。

家族に障害者がいたり、病人がいたりといった理由です。

一人で十分な生活ができない家族のために、家事をおこなったり病院に連れて行ったり。

ほかに介護を頼める兄弟や親族がいない場合、しかたなく実家に暮らし続ける40代女性もいるでしょう。

実家暮らしをする40代独身女性のかわいそうな特徴は?

自立心がなく親離れできない

人以外はどの動物も、すみやかに親離れします。

お母さんのおっぱいを飲まなくなったと思えば、狩りの練習をし、自分で獲物を捕まえられるようになったらそこでお別れです。

あっさりしたものですが、生き物は本来そういうものです。

長年べたべたと親にくっつく生き物はとても珍しく、自立心を養うのが非常に遅れます。

自分がしっかりしてないと死にかねない一人暮らし。

それに比べ、実家暮らしはどうしても生活に甘えやゆるみがでます。

「まあ親がなんとかしてくれるだろう…」と思っていては、いくら体が大きかろうと子供のままです。

いつか親がいなくなる現実から逃避している

子供は親から離れる生き物ですし、親は子供より早く死ぬ生き物です。

なんとなく親がずっと面倒見てくれるなんて幻想です。

多くの親は自分より早く老い、世話してくれるどころか世話しなきゃいけなくなり、そしてこの世を去ります。

「私たちがいなくなったらこの子はどうするんだろう?」と親も心配しているはず。

親と一緒にいるのが親孝行……そうとは限らないかもしれません。

40代独身女性の実家暮らしに不安があるなら?

実家を出て自立し婚活も始める

実家を出れない大きな理由がない限り、やはり実家を出るべきでしょう。

親がやってくれていた細かいことを自分でやるのです。

そしてできれば、この先一緒に歩んでいけるパートナーを見つけたほうが、両親も安心することは間違いないでしょう。

自分で生活をつくっていく経験をすれば、結婚のイメージもわきやすいです。

ただし結婚すれば、すべてがうまくいくわけではないことは重々承知のことでしょう。

かりに専業主婦になったら、家事のレベルを高く求められるかもしれません。

そのとき実家でさっぱり家事をしていなかったら……苦労が目に見えますよね。

それを避けるためにも、すぐに一人暮らしを始め、自立し、生活スキルを磨きましょう。

家事も仕事もできる女性なら、年齢をはね返す需要があります。

まずは一人暮らしがその近道となります。

実家から出れない理由があるならしっかり婚活相手に伝える

とはいえ、すべての40代独身女性が家から出られるわけではありません。

家族の介護など、事情があることも多々あるはず。

そういった場合には、婚活で出会った人に「実家にいる理由」を話す必要があります。

この人はこういう事情で今は実家にいるんだ、と知ることで相手も納得できます。

素直に話すことで、「親離れできていない」というマイナスイメージを避けることができます。

事情を伝えても理解してもらえなかったらそれまでの縁です。

ちゃんとあなたに合った人と巡り合えているのなら、自分の都合を伝えても頭ごなしに否定したりしません。

40代の婚活は、お互いに一筋縄ではいかない事情があることも多いでしょう。

もしかしたら向こうにも、バツイチなどの事情があるかもしれません。

そういう背景をしっかり伝え合って、認め合える婚活に踏み出しましょう。

スポンサーリンク


40代独身女性の実家暮らしは痛い? まとめ

たしかに職場も近くて、結婚もしてないなら、実家暮らしのほうが経済的で安心です。

しかし人は基本怠惰な生き物ですから、いつまでも親と住んでいるとついつい親まかせになるはず。

居心地がいいので、積極的に外に出る機会も減っていきがちです。

そのまま親の面倒を見て、孤独だけど生涯を生き抜くのも決して悪いことではありません。

でも心のどこかで後悔しそうだと思うのであれば、せめて継続的な婚活をしておくだけでも突然大きな転機が訪れるもの。

そこで参考までに、私が今の旦那と出会えたサービスをご紹介。

それはマッチングアプリ並みに安いのに、結婚相談所より丁寧なサポートの「婚活サイト」なんです。