50代女性

【寂しいと感じる50代独身女性必見!】ずっと実家暮らしの生き方は痛い?

「無理して一人暮らしするより実家暮らしのほうがお金もかからなくていいわ!」と考える50代独身女性が増えています。

ただそのまま歳を重ねていくにつれ、周囲があまりいい目で見ないのも事実。

「あの人いつまでも実家にいてちょっと痛いわね。」なんて言われているかも。。。

そこでこの記事では【50代独身女性の実家暮らしはやはり痛いのか?】それとも実はそんなに気にしなくていいのかについて検証していきます!

スポンサーリンク


忙しい方のために結論!

50代独身女性の実家暮らしはやはり痛いと見られることが多いです。

実家暮らしのほうが経済的ではあるものの、どうしても周りにあの人は自立できない人と判断されがち。。。

「今のこの状態が私にとって一番幸せなんだ!」と言い切れるなら問題はありません。

ただやはり心に引っかかるものがあるという方は、せめて継続的な婚活をしておくだけでも突然大きな転機が訪れるもの。

例えば結婚相談所なら事前に相手のかなりくわしい情報が分かります。

高額という結婚相談所のデメリットも、オンライン結婚相談所スマリッジならかなり緩和されるのでぜひチェックしてみてください!

 

なぜ実家暮らしの50代独身女性は痛いと思われる?

家事は親まかせでやってなさそう

一人暮らしをしていたら、家事は自分でするしかありません。

ほかに誰も手伝ってくれないので、家事含め家にまつわるいろんな面倒なことを自分でやるしかありません。

しかし50代独身女性の実家暮らしを見て周りの人は、

その服もお母さんが洗ってアイロンをあてたんだろうな。。。

お弁当もお母さんに作ってもらってるんじゃないの?

なんて思われがち。

お金も入れてなさそう

ほかの50代女性が育児などで金銭感覚が鋭くなっていく一方で、実家暮らしをしているとずっと20代の金銭感覚のままなんてことも。

「ちゃんと働いているんだから、それだけでも立派じゃない?」

と思うかもしれません。

しかし50代の実家暮らしで、服装や化粧品がハイクラスだったりすると、世間からは浮世離れした人と思われることもあるでしょう。

スポンサーリンク


痛いと思われても50代独身女性が実家暮らしをする理由は?

結婚の機会もなく職場も近いのでそのまま

人間は必要に迫られないと動けないもの。

今の環境で事足りているのであれば、いちいち他の場所に行こうと思わないでしょう。

よくあるのが大学を出た後、地元の企業に就職し、実家から通勤しているパターン。

実家から通えるのに、引っ越しや一人暮らしをするのはコスパが悪いと考える気持ちも分かりますが。。。

家族の病気の面倒を見ている

人によっては自立したくても、仕方なく実家暮らしをしている方もいるでしょう。

家族に障害者がいたり、病人がいたりといった理由です。

一人で十分な生活ができない家族のために、家事をおこなったり病院に連れて行ったり。

ほかに介護を頼める兄弟や親族がいない場合、しかたなく実家に暮らし続ける40代女性もいるでしょう。

実家暮らしをする50代独身女性の痛い特徴は?

自立心がなく親離れできない

人間以外はどの動物もすぐに親離れします。

お母さんのおっぱいを飲まなくなったと思えば、狩りの練習をし、自分で獲物を捕まえられるようになったらそこでお別れです。

あっさりしたものですが生き物は本来そういうもの。

長年べたべたと、親にくっつく生き物はとても珍しく自立心を養うのが遅れます。

いつか親がいなくなる現実から逃避している

なんとなく親がずっと面倒見てくれるなんて幻想です。

多くの親は自分より早く老い、世話してくれるどころか世話しなきゃいけなくなり、そして先にこの世を去ります。

「私たちがいなくなったらこの子はどうするんだろう?」と親も心配しているはず。

親と一緒にいるのが親孝行……そうとは限らないかもしれません。

50代独身女性の実家暮らしを痛いと感じたら?

とにかく実家を出てみる

実家を出れない大きな理由がない限りは、実家を出ることをおすすめします。

そして親がやってくれていた細かいことを、ぜんぶ自分でやるのです。

いつか主婦になったら、家事のレベルを高く求められるかもしれません。

そのとき実家でさっぱり家事をしていなかったら。。。

苦労が目に見えますね。

それを避けるためにも、一人暮らしを始め、自立し、生活スキルを磨いておきましょう。

家事も仕事もそこそこできる女性なら、年齢をはね返す需要があります。

まずは一人暮らしがその近道となります。

スポンサーリンク


50代独身女性の実家暮らしは痛い? まとめ

50代独身女性の中にはずっと実家暮らしという方も多いです。

結婚や転職などの理由でもなければ、わざわざ一人暮らしを選ぶ理由がないですもんね。

そして残念ながら世間のイメージとして、「実家暮らしの女性は苦労していない」と思われることもあるでしょう。

また金銭感覚においても、ひとり暮らしの女性に比べてルーズな印象を持たれてしまうことも。。。

実際にはしっかり親の面倒を見ていて、ひとり暮らしの女性以上に家事をしている女性もいます。

ですのでもしも婚活をするのなら、相手に実家暮らしをしている事情をしっかり話しておいたほうがいいです。

実家暮らしというキーワードから、それらの事情をくみ取ってくれる男性は少ないのが現実ですからね。

ただ中高年のなかでは、50代の独身女性はまだまだ若いと見なされる年齢です。

今は生活に困らない状態でも、女性1人の収入では老後に行き詰まってしまう恐れがあります。

精神的にも経済的にも支えになってくれる人。

本当の意味での寂しさを解消してくれる人に出会うために、まだ気力・体力の残っている50代のうちに動き出したほうがいいかもしれません。

ただマッチングアプリや婚活パーティーは、若い人が中心ですからちょっと厳しいですよね。

例えば結婚相談所なら、1対1で会いますから若い人と対決する必要がありません。

また他の婚活サービスよりも、事前に相手のかなりくわしい情報が分かります。

高額という結婚相談所のデメリットも、オンライン結婚相談所スマリッジならかなり緩和されるのでぜひチェックしてみてください!

 

 

 

 

来年こそ結婚したい方へ!

今年ももう1ヶ月をきり、婚活はもう来年でいいやと思っている方も多いかもしれません。

しかし多いからこそ、今年のうちにスタートをきることでライバルに差をつけることができます。

かと言って、年末年始はお金がかかりますから、なるべくリーズナブルな婚活がおすすめ。

オンライン完結型の結婚相談所スマリッジは業界でも1、2位を争う低料金です。

しかし他社大手結婚相談所会員にも出会える「コネクトシップ」に加盟しているので、パートナーエージェントゼクシィ縁結びエージェントなど約55,000人の大手結婚相談所会員にスマリッジの利用料金で出会うことが可能!

リーズナブルに理想の結婚相手に出会えるのでぜひチェックしてみてください。