ペアーズ

【ペアーズ登録にFacebookは必要なの?】メリットデメリットを徹底検証!

茂手泰三
茂手泰三
ペアーズはフェイスブックをやってないと入れないんですよね?
婚活キング
婚活キング
やっていなくても入れるようになりました。 

以前のペアーズではフェイスブック友達が10人以上いないと会員登録できませんでした。

しかし2017年からはフェイスブックをやっていなくても、電話番号だけでも登録できるようになっています。

ただFacebook登録にはいまだにメリットもあります。

茂手泰三
茂手泰三
そうなんですか!

この記事では【ペアーズのフェイスブック登録でのメリットデメリット】をご紹介していきます。

スポンサーリンク


ペアーズとは?

ペアーズは2012年11月に株式会社エウレカがサービスを開始した恋愛・婚活マッチングサービスです。

累計会員数は1000万人を超え、今までに15万人以上もカップルになっていて、現在も毎日5000人が会員登録しているなど国内最大規模となっています。

利用者の年齢層は20代~30代が中心で、真剣な恋人探し・結婚相手探しをしている方がほとんどです。

【ペアーズの評判は?】という記事には実際にペアーズを利用した方の口コミをまとめていますので参考にしてみてください。

ペアーズの登録にフェイスブックは必要?

結論から言いますと現在ではペアーズの会員登録にフェイスブックは必要ありません。

電話番号登録が可能になっているからです。

以前はフェイスブック を利用していて、なおかつフェイスブック友達が10人以上いないと登録できませんでした。

誰でも簡単に登録できると、ニセアカウントを大量に作って悪さをする業者が活動しやすいからです。

しかし簡単に登録できる他の恋愛マッチングアプリに人が流れてしまうこともあって、ペアーズでも会員登録のハードルが下がってきました。

業者対策として365日24時間スタッフがサイト内を監視し、通報があって問題が認められたユーザーは強制退会させることで安全を守っています。

今のところペアーズで大きな問題は何も起きていません。

フェイスブックで登録するデメリット

Facebookと関係ない友達にはバレる

Facebookで友達になっている人がペアーズを利用していても、絶対に表示されることはありません。

でもFacebookと関係ない友達がペアーズに入会している場合は、ふつうに表示されるのでバレる危険性が出てきます。

これを防ぐには、友達を発見した時点ですぐにブロックするか、有料(2480円)のプライベートモードというサービスを利用するかになります。

プライベートモードでは、あなたがいいね!した人かマッチングした人にしか、あなたの存在が分からないので絶対に知り合いにバレません。

スポンサーリンク


フェイスブックで登録するメリット

Facebookの友達にはバレない

Facebook登録でペアーズに入会した場合、あなたのFacebook友達がペアーズ会員であっても、表示されることは絶対にありません。

逆にFacebookの友達になっていない人は、普通に表示されてしまうので、自分自身で「ブロック」設定していくしかありません。

でもまったくノーガードの状態からペアーズを利用し始めるよりは、Facebookの友達だけでもバレないようになっているだけで随分と気が楽です。

スポンサーリンク


ペアーズの登録にFacebookは必要? まとめ

基本的にはFacebook登録のほうが、Facebookの友達にはバレることがないので、使えるなら使ったほうがいいでしょう。

Facebookをまったく使っていない方や、使っているけれども自分のFacebookと連携させるのはなんとなくイヤだという方は、電話番号だけの登録がおすすめです。

登録している会員さんも短期間でバンバン変わっていくのでまずは行動あるのみですね。

➤➤➤ペアーズ無料会員登録】

 

ただそろそろ「ペアーズ以外のアプリも使ってみようかな」という方もいるのではないでしょうか。

そんな方には世界最大のマッチングサイト「マッチドットコム」をおすすめします。

マッチドットコムの通常料金は他社と同じくらいです。

しかしマッチドットコムには「月額料金を半額」にするウラ技があります。

そのやり方は無料会員になってから1,2週間待つだけ。

すると「月額料金50%オフクーポン」がメールで届きます。

ただこのクーポンは一度「有料会員」になってしまうと使えません。(注!)

ですのでかならず無料会員のままでメールが来るのを待ちましょう。

➤➤➤【マッチ・ドットコム無料会員登録】

 

 

 

この記事を書いた人

モテキング婚活キング27歳で結婚するも6年半で離婚。バツイチから某結婚相談所にて再婚。そこの担当者の仕事ぶりに感動。婚活相談に目覚める。