MENU
50代女性

【50代独身女性の実家暮らしは痛い?きつい?】幼稚でかわいそうな特徴

「無理して一人暮らしするよりも実家暮らしのほうがお金もかからなくていい。」と考える50代独身女性は年々増えています。

家暮らしのままだと、何かと親にやってもらいがちになり、自立する力を失ってしまいます。

また今は良くても親が先に亡くなった時、1人ぼっちになる不安もあるのではないでしょうか。

そこでこの記事では【50代独身女性の実家暮らしは痛いのか】について検証していきます。

スポンサーリンク


忙しい方のために結論!

忙しい方のために結論を言うと、50代独身女性の実家暮らしは、家族の介護などの理由がない限り、周囲からは「痛い」と見られがち。

実家にいるとどうしても何でも親にやってもらいがちになるのを周りも知っているからです。

ただ両親も70代以上のケースが多いでしょうから、いつ一人になってしまうか分かりません。

その時に経済的な不安だけでなく孤独や寂しさも襲ってきます。

周りにどう思われようと大丈夫という方はいいですが、「強がってるのかな。」とか「支え合える人がそばにいたらな」と少しでも思うのであれば、いま行動を起こすほうが後悔しないのではないでしょうか。

今ではさまざまな婚活方法がありますが、男性へのアプローチや結婚までの歩き方は、自己流より誰かに客観的に見てもらい、アドバイスしてもらうほうがうまくいく確率が格段に上がります。

婚活サービスの中でも結婚相談所なら、専任アドバイザーがつきますし、男性会員も結婚に真剣な人しかいません。

ただしどの結婚相談所でもいいわけでは無いというのがポイント。

50代で遠回りはしたくないでしょうから、圧倒的な実績と口コミ評判の良い結婚相談所を選ぶことが重要です。

通算2,300組以上の成婚実績と、成婚率が毎年50%越えで日本トップとの呼び声も高い結婚相談所が「ハッピーカムカム」。

ここらでもう一度チャレンジしてみようという方は、目から鱗が落ちると評判の無料カウンセリングに参加するのがおすすめです。

本人の結婚したいという気持ちを重視している結婚相談所なので強い勧誘は一切ありません。

 

 

なぜ実家暮らしの50代独身女性は痛い・みじめと思われる?

家事は親まかせでやってなさそう

一人暮らしをしていたら家事は自分でするしかありません。

他に誰も手伝ってくれないので、家事含めて家にまつわるいろんな面倒なことを自分でやるしかないでしょう。

しかし50代独身女性で実家暮らしの場合、隣り近所の人からは以下のように思われることも。

その服、お母さんが洗ってアイロンを当てたんだろうな。。。

毎日のお弁当もお母さんに作ってもらってるんじゃないの?

お金も入れてなさそう

他の50代女性が家事や育児で金銭感覚が鋭くなっていく一方、実家暮らしをしているとずっと20代の金銭感覚のままなんてことも。

「ちゃんと働いているんだからそれだけでも立派じゃない?」

と思うかもしれません。

しかし50代の実家暮らしで、服装や化粧品がハイクラスだったりすると、世間からは浮世離れした人と思われることもあるでしょう。

スポンサーリンク


痛い・みじめと思われても50代独身女性が実家暮らしをする理由は?

結婚の機会もなく職場も近いのでそのまま

人間は必要に迫られないと動けないもの。

今の環境で事足りているのであれば、いちいち他の場所に行こうと思わないでしょう。

よくあるのが大学を出た後、地元の企業に就職し実家から通勤しているパターン。

実家から通えるのに、引っ越しや一人暮らしをするのはコスパが悪いと考える気持ちも分かりますが。。。

家族の病気の面倒を見ている

人によっては自立したくても仕方なく実家暮らしをしている方もいるでしょう。

家族に障害者がいたり病人がいたりといった理由です。

一人で十分な生活ができない家族のために、家事をおこなったり病院に連れて行ったりする毎日にはとても頭が下がります。

ほかに介護を頼める兄弟や親族がいない場合、しかたなく実家に暮らし続ける50代独身女性もいるでしょう。

50代独身で実家暮らし女性の幼稚でかわいそうな特徴は?

自立心がなく親離れできない

人間以外はどの動物もすぐに親離れします。

お母さんのおっぱいを飲まなくなったと思えば、狩りの練習をし、自分で獲物を捕まえられるようになったらそこでお別れです。

あっさりしたものですが生き物は本来そういうもの。

長年べたべたと親にくっつく生き物はとても珍しく自立心を養うのが遅れます。

いつか親がいなくなる現実から逃避している

現在親が元気だととてもいなくなるイメージは出来ないでしょう。

しかし多くの親は子どものあなたよりも早く老いていき、いずれ世話もしなきゃいけなくなり、そして先にこの世を去ります。

「私たちがいなくなったらこの子はどうするんだろう?」と内心モヤモヤしている親も多いです。。

50代独身女性のままだときついと感じ始めること

友人との会話が合わない

多くの50代女性は若いうちに結婚し、生まれた子どもは成人しているケースも増えてきます。

話題の中心は子どもの進学から就職、結婚へと移っていきます。

でもそんな話題を振られたところで、50代独身女性にはピンとくるわけがないでしょう。

そして「あなたは一人身だからいろいろ心配が無くていいわよね!」なんて言われると、カチンとくることもあるのではないでしょうか。

病気になった時が不安

まだ両親が健在であれば、いま自分が病気で寝込んだとしても面倒を見てくれるかもしれません。

ただ50代独身女性の両親と言えば、70代以上であることがほとんどでしょう。

つまり10年後は80代を超えてきますから、親が絶対に元気であるとは言い切れませんよね。

そうなったときに自分が病気になっても、一人不安なまま過ごすしかありません。

自分でも50代独身女性の実家暮らしは痛いと感じたら?

とにかく実家を出てみる

実家を出れない大きな理由がない限りは実家を出ることをおすすめします。

そして親がやってくれていた細かいことをぜんぶ自分でやります。

慣れないうちは大変でイヤになるかもしれませんが、1つ1つこなしていくうちに充実感が生まれるはずです。

意外なことに両親との関係もこれまでより良くなったりします。

パートナーを見つける

昔は50代ともなると、「とてもここから出会いなんて。」と諦めた女性がほとんどでした。

しかし今の50代女性は昔と比べて格段に若々しく美しいです。

少しでもいい人に出会いたいと思うのであれば、その気持ちが残っているうちに動き出しましょう。

マッチングアプリや婚活パーティーでの婚活は20代30代が中心で厳しいですが、アドバイザーが付いてくれる結婚相談所ならいい出会いの可能性は充分にあります。

ただしどの結婚相談所でもいいわけではありません。

50代で遠回りはしないほうがいいですから、圧倒的な実績と口コミ評判の良い結婚相談所を選ぶことが重要。

通算2,300組以上の成婚実績と、成婚率が毎年50%越えで日本トップとの呼び声も高い結婚相談所が「ハッピーカムカム」です。

ここらでもう一度チャレンジしてみようという方は、目から鱗が落ちると評判の無料カウンセリングに参加するのがおすすめです。

本人の結婚したいという気持ちを重視している結婚相談所なので強い勧誘は一切ありません。

※【ハッピーカムカムの口コミ評判は?】という記事で実際にハッピーカムカムを利用した方の口コミをまとめています。

50代独身女性の実家暮らしは痛い?幼稚? まとめ

50代独身女性の中には長い間ずっと実家暮らしという方も多いです。

結婚や転職などの理由でもなければ、わざわざ一人暮らしを選ぶ理由がないですもんね。

しかし残念ながら世間のイメージとしては、実家暮らしの独身女性を良くは見てくれません。

金銭感覚においても一人暮らしの女性に比べてルーズな印象を持たれてしまうことも。。。

周りにどう思われようと大丈夫という方はいいですが、「自分は強がってるのかな。」とか「ホントは支え合える人がそばにいたらな」と少しでも思うのであれば、いま行動を起こすほうが後悔しないのではないでしょうか。

今ではさまざまな婚活方法がありますが、男性へのアプローチや結婚までの歩き方は、自己流より誰かに客観的に見てもらい、アドバイスしてもらうほうがうまくいく確率が格段に上がります。

婚活サービスの中でも結婚相談所なら、専任アドバイザーがつきますし、男性会員も結婚に真剣な人しかいません。

ただしどの結婚相談所でもいいわけでは無いというのがポイント。

50代で遠回りはしたくないでしょうから、圧倒的な実績と口コミ評判の良い結婚相談所を選ぶことが重要です。

通算2,300組以上の成婚実績と、成婚率が毎年50%越えで日本トップとの呼び声も高い結婚相談所が「ハッピーカムカム」。

ここらでもう一度チャレンジしてみようという方は、目から鱗が落ちると評判の無料カウンセリングに参加するのがおすすめです。

本人の結婚したいという気持ちを重視している結婚相談所なので強い勧誘は一切ありません。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

モテキング婚活キング27歳で結婚するも6年半で離婚。バツイチから某結婚相談所にて再婚。そこの担当者の仕事ぶりに感動。婚活相談に目覚める。