【超悔しい!】再婚して幸せそうな元旦那を見返すための方法とは?

この記事を書いた人

【婚活キングの姉】27歳で結婚も、わずか2年で離婚。30歳で再婚を決意するが婚活に5年苦しむ。なんとか6年目の36歳で再婚。2児の母。 

この記事は5分ほどで読めます。

 

(相談者)28歳シンママ女性A子さん
(相談者)28歳シンママ女性A子さん
別れた元旦那が再婚したと聞いてすごく悔しくて。。。なんとか見返したいんです。。。

 

この記事は、再婚して幸せそうな元旦那を見返したいシンママ女性向けです。

 

元旦那を見返したいシンママ女性には、こんなモヤモヤがあるのでは?

「私にはあんなにキツく当たったのに、今の奥さんには優しく接しているとウワサで聞いた。。。」

「今までの養育費の支払いもいい加減だったが、再婚を機に養育費を無しにしてくれと言ってきそう。」

「何より別れて数年たつのに、悔しい気持ちが湧いてくることじたい悔しい。。。」

 

こんなモヤモヤを抱えている女性に向けて書いています。

 

結論から言いますと、あなたも再婚して今以上の幸せをつかみ取るしかないです。

だってモヤモヤしてるんですから。

 

「今の子供との生活だって決して悪くはないし。。。」とキレイごとを言ってはダメです。

だってモヤモヤしたんですから。

 

私が今の旦那と再婚できたのはオンライン結婚相談所なんです。

スマリッジという結婚相談所なんですが、全額返金保証があるので思い切って試すことができました。

※現在たまたま、月会費無料キャンペーンをしているのでのぞいてみてください。

 

さて本文にもどりますが、まずは相談者のA子さんから聞いた、離婚までの経緯を見ていきます。

そしてその後に元旦那を見返すための方法をご紹介していきますね。

 

元旦那はまったく家庭をかえりみなかった

A子さんは27歳の時に、趣味だった英会話の教室で元旦那さんと出会ったそうです。

恋愛している間はとても楽しく、自然と一緒に暮らすようになりそのまま結婚。

しかし元旦那さんは、子供が生まれて手がかかることを知ると、なるべく外で時間をつぶすようになります。

さらに他の女性の影も感じるようになり、A子さんが問い詰めるとかなり激しく怒るように。

その後一方的に離婚を切り出され、恐怖も積み重なっていたA子さんは離婚に同意しました。

現在は娘さんと、公営住宅を借りて二人で暮らしています。

両親との折り合いが悪く、同居ではないため、経済的にもかなり不安を感じているようです。

 

養育費の支払いもいい加減。

A子さんは元旦那と離婚する際に、養育費の取り決め内容を公正証書にしていました。

しかしたまに入金されないことが続き、A子から催促してようやく振り込まれることも。

あわよくば、そのまま自然消滅的に養育費の支払いを無くしたいのかなと感じていたそうです。

当然ですが、A子さんが別れた旦那に連絡するのはかなり抵抗があり、その感情につけこんで無くそうとしていたのかもしれません。

 

そんな元旦那に先に再婚されて悔しい。。。

いろいろと悔しい思いもありながらも、お子さんの存在のおかげで気もまぎれ頑張ってこれたとのこと。

しかしいざ元旦那が再婚したと聞いて、こんなに悔しい気持ちが湧いてきたことに自分自身驚かれたようです。

でもそれが、今のあなたの素直な気持ちなのです。

 

再婚した元旦那を見返すための方法とは?

 

あなたが本当の意味で心安らげる男性と再婚する以外にないです。

なぜなら、

・いくら子供と楽しい場所に出掛けても

・いくら仕事に没頭し収入が増えても

・どんなに笑いに包まれていても

あなたの心に埋められないピースがあるはず。

もちろん子供さんのことを考えれば複雑な気持ちも分かります。

ただ、A子さんの娘さんはまだ5歳ということで、比較的新しいお父さんを受け入れやすい年齢だと思います。

個人差は当然ありますが、子供の年齢が1ケタのうちなら、新しいお父さんを抵抗なく受け入れられる可能性は高いです。

私の両親も私が8歳の時の再婚でしたが、もの静かなお父さんだったので、ごく自然に生活することができるようになりました。

お父さんの子供へのさじ加減も重要ということでしょうね。

さてそれでは再婚のお相手を見つける方法です。

まず注意すべきなのは、シングルマザーにはなぜか遊び目的の男性が寄ってきやすい点です。

とくに既婚男性は、こちらの寂しさにつけこんで、都合のいい不倫相手にしようとしてきます。

なかには「もう妻とはうまくいっていないから。」と言って、あなたとの結婚をほのめかし続ける男性もいます。

とは言え、あなた自身がそんな状態さえも、寂しさをまぎらわすために受け入れてしまうかもしれません。

でも行きつく先は、悲しみや憎しみの世界です。

しかもその悲しみや憎しみは、あなたのお子さんにも伝わります。

完全に離婚している男性であれば問題ないですが、離婚をほのめかしている既婚男性は要注意です。

ただ、独身男性が子持ちのバツイチ女性に寄ってきにくいのも分かります。

仮に出会ったとしても、その男性に結婚願望がないかもしれませんよね。

ですので普段の生活の中で、不安定な出会いに期待するよりも、本気で婚活に取り組んだほうが早いです。

例えば結婚相談所なら、独身証明書の提出があるので、100%独身で真剣に結婚したいと考えている男性しかいません。

とは言え、バツイチ子持ちで本当に出会えるのかという不安もあるのではないでしょうか。

しかし実際には、バツイチで子供がいない女性よりも、バツイチ子持ちの女性がほうが成婚率は高いのです。

男性にとっては、子供を一人で育てている女性のほうが、人間的に尊敬できる点が多いからのようです。

そして以前は高額だった結婚相談所も、最近では月額1万円以下のオンライン結婚相談所が主流です。

私が再婚相手に出会えたこちら⇒スマリッジ という結婚相談所には、全額返金保証があるので比較的試しやすかったです。

婚活へお金を使うことは、決してショッピングなどのような「消費」ではありません。

あなたとお子さんが、より多くの幸せをつかむための「投資」です。

 

再婚した元旦那を見返すための方法 まとめ

再婚して幸せそうな元旦那に対して、憎しみや妬みのような感情が生まれていても、あなたを責めることはできません。

あなた自身、そんな感情に罪悪感を感じているかもしれませんが、その素直な気持ちを受け入れて大丈夫です。

負の感情は打ち消そうとすればするほど、強く心を支配してきますからね。

そして再婚した元旦那を見返すには、やはりあなたも心安らげる男性と再婚するのが一番でしょう。

そしてあなたが過去のことなど脳裏によぎらないほど、幸せな結婚生活を歩んでいくのです。

とは言え、明日から「いいな。」と思った独身男性に、声をかけるというのはちょっと難しいですよね。(笑)

ですので、普段の生活の中の不安定な出会いに期待するより、本気で婚活に取り組むべきです。

あらゆる婚活方法の中でも結婚相談所なら、独身証明書の提出が義務付けられています。

なので100%独身で真剣に結婚したいと考えている男性しかいません。

以前は成婚までに何十万円も必要だった結婚相談所も、現在では月額1万円以下のオンライン結婚相談所が主流です。

ただしあなたが「月に1万円も払うなんて無理無理!」という場合は、2,3千円で利用できるマッチングアプリや婚活パーティーを活用するほかないでしょう。

でも既婚男性や、結婚願望がない男性も混じっているので要注意です。

私が再婚相手に出会えたこちらの結婚相談所⇒スマリッジ なら、全額返金保証があり、金銭的リスクがないので試しやすいです。

しかも現在キャンペーンで、4月の月会費9,900円(込)と独身証明書の取得サポート2,200円(込)が無料になっています。(3月31日まで)

婚活でお金を使うことは「消費」ではなく、あなたとお子さんがより多くの幸せをつかむための「投資」です。

言い方は悪いですが、経済的にも新しい旦那さんが見つかれば大きく回収できます。

さらにその旦那さんと楽しい家庭を築くことで、元旦那を見返すには余りある未来をつかめるはずです。

すべては今日の一歩から。