管理人プロフィール


モテたいさん
みなさん、はじめまして!

このサイトの管理人のモテキング」は、名前の印象とは裏腹にシャイなので友人の私が紹介していきますね。

「モテキング」は、現在30代で「バツイチ」です。(画像がキングというより、プリンスですね。)

若い頃はプロ野球選手になりたくて、「野球」を真面目にやっていたそうです。

でももともと生まれつきの「色白やせ型」なので、古い写真でも野球部なのに顔色が悪い(白い)です。

野球に見切りをつけてからは、得意なことは特になく、「鼻の穴に1円玉が入ること」と「足の小指でスイッチが押せる」くらいです。

モテキは3回くる」という、どこかで聞いた迷信を信じています。

モテキング的には、すでに「モテキ」を2回経験済みとのことです。

【1回目のモテキ】

小学3年生の時でとにかく同じクラスの女子のほとんどが、「自分のことを好きなのではないか」と思ったほどだと言っています。

噓くさいですが、【毎日ラブレターをくれる女の子】【毎日自分の家に誘ってくる女の子】【毎日50円玉をくれる女の子】など様々な手法で誘惑されたと言っています。

とにかくモテまくったそうですが、小学3年生だったため照れくささがまったくぬぐえず、結局だれとも手をつなぐことさえ出来なかったようです。

そして1回目のモテキは、小学4年生のときに野球クラブに入り「丸坊主」になったことで髪とともに消えて無くなりました。

小学3年生でモテてしまったために、自分からアプローチしなくなり、中学と高校はまったくモテなくなったそうです。

【2回目のモテキ】

2回目のモテキは、1回目のモテキから10年たった20歳のとき。

モテキ」というよりは、中学・高校とモテなかった反動で「性欲が爆発」し、ただ自分が積極的になっただけとも感じているようです。

「職場や自動車学校など、すべての場所やツール」を使って、たくさんの女性と付き合っては別れていったそうですが、二股はかけなかったそうで変なところは真面目です。

 

そしてモテキングの20代は、いわゆる「自然な出会い」(バイト先や知り合いの紹介など)での恋愛に終始していました。

でも30歳を超えて、まわりがどんどん結婚しはじめているのに気づき焦り始めます。

そこで流行り始めていた「恋愛マッチングアプリ」や「婚活サイト」を活用して、性欲的に精力的に「恋活~婚活」を開始しました。

特に「ペアーズ」には、お中元を送ろうかと思ったほど、お世話になっていたそうです。

ほかにも「Omiai」や「マッチドットコム」などに、大変感謝しているようです。

ただ結局は、32歳の時に幼なじみと結婚しました。(マッチングアプリ意味ない)

しかし、いろいろとお互いになんか違ったらしく、離婚して現在は「バツイチ」です。

そんなわけで現在モテキング自身は、「婚活サイト」や「結婚相談所」で頑張りつつ、後輩たちとは以前よく使っていた「恋愛マッチングアプリ談義」で盛り上がっています。

でもどうしてもモテキングが利用できないサービスや、女性目線の記事は書けないので、そういった記事は「外注ライターさん」にお願いして書いてもらっています。

というわけで現在は「バツイチ」のモテキングですが、「3回目のモテキ」のことはいつも頭の片隅にあるそうで、口ぐせのように言っている言葉があります。

「モテたい」と。

冗談はさておき「10代の頃まったくモテなかったこと」や、「20代に入ってからたくさんの恋愛をし、30代で結婚したこと」(離婚もね)をふまえて、【いま恋愛や結婚について悩んでいる人のサポートをしたい!】と考えこのサイトを運営しはじめたそうです。

というわけで、こんな「シャイなキング」をどうぞよろしくお願いいたします!

 


モテたいさん
そうそう!モテキングにはお姉さんがいるんです。いろいろ手伝ってもらって頭が上がらないようですね。

【モテキングの姉 プロフィール】