【ニートだけど彼女が欲しい!】そんな男性がすべき3つの行動とは?

【管理人プロフィール】

モテたい君B

モテたい君B
ぼく仕事やめちゃってニートなんすけど、やっぱ彼女欲しいんすよ~。
モテキング

モテキング
一歩一歩、一日一日できることから始めましょう。

 

ただでさえ現実的な女性が、「ニート状態の男性」に興味をもってくれるものなのでしょうか。

実際には、ずっとニートのままでいる前提で彼女を作るのは難しいですし、彼女ができても長続きしないのが現実です。

でも少しでもニート状態からの脱しようとする過程でなら、彼女をつくることは充分に可能です。

この記事では【ニートの男性が彼女が欲しい場合にすべき行動】について紹介していきます。

ニートだけど彼女が欲しい男性がすべき行動 その1

【まず早寝早起きだけ徹底する】

はじめに、「ニート」と「引きこもり」の違いについてだけ説明しておきます。

「ニート」は無職かつ求職活動もしていないけれど、他人との接触はある若者を指しています。

「引きこもり」はより深刻で、無職でなおかつ家族以外との交流が一切なく、半年以上家に閉じこもっている人を指します。

私も20歳のころに一度引きこもり状態におちいりました。

ちょうど失恋した日に、夜のアルバイトが入っていたのですが、外の天気が荒れていて急にすべてが嫌になりサボりました。

そこから1年ほど引きこもっていたので、ほぼ引きこもりといっていいでしょう。

引きこもりに比べれば、ニートはいくぶんか状態は軽いわけですが、それでもそのままの状態で彼女をつくるのはかなりハードルが高いです。

とは言ってもいきなりニート脱出も難しいので、まずは生活のバランス改善にチャレンジしましょう。

基本的に時間のしばりがないニートは、昼夜の生活が逆転しがちになり、身なりに気を使う必要がないため、どんどんだらしない態度や話し方になってしまいます。

ですのでまずは、生活の軸をつくるために「早寝早起き」を徹底しましょう。

もちろん改善するところはたくさんあるわけですが、一度に取りかかると心が折れますのでまずはひとつだけ徹底するのです。

たどり着きたいところは、人としての最低限の「清潔感をまとう」ことです。

どんなに数多くの女性に声をかけても、覇気がなく清潔感のない男性はまったく相手にされません。

世の中女性のほうが少ないわけですから、わざわざ負のオーラをまとった人と付き合わなくても、女性からみれば代わりはいくらでもいるわけです。

ですのでまずはパッと見で、アウトにされない清潔感を身に付けるための第一歩として、時間を決めた「早寝早起き」を徹底しましょう。

おすすめの時間は、夜は10時に寝て、朝は6時に起きるというパターンで、睡眠時間は8時間とります。

8時間は多いと感じる方もいるかもしれませんし、個人差はもちろんあると思います。

でも起きて頭がスッキリして、自然と元気が沸いてくる睡眠時間を確保したほうがトータルでプラスになります。

東大に合格している受験生のほとんどが、しっかりと8時間睡眠をとっているそうです。

ニートだけど彼女が欲しい男性がすべき行動 その2

【すこしだけはたらく】

働かないからこその「ニート」ですが、よほどのお金持ちじゃないかぎりは、いつか金銭的な限界がおとずれます。

デートのお金も出せないようでは、彼女をつくるのはちょっと難しいでしょう。

かといって、いきなりがっつり一日働くのは厳しいと思いますから、まずは一日3時間ほどのアルバイトを週に2日、3日入れてみましょう。

上でわたしも20歳のころに引きこもっていたと書きましたが、そのころはまだインターネットはまったく普及していませんでした。

アルバイト情報は週に1回だけコンビニにいって、「デューダ」という求人情報誌を立ち読みでチェックする方法しかありませんでした。

週に1回チェックしては、目ぼしい仕事がなければ「はい、また来週。自分は悪くない」といった感じでまた自分の部屋にこもりきりになっていました。

週に1回でも外には出ていただけまだ症状は軽いほうだったのかもしれません。

それでも1年ほど続いたので10キロほど太り、あごのあたりにブツブツがいっぱいできて、よりいっそう人前に出にくくなっていきました。

1年たってたまたま親にせかされて、いやいや行った散髪屋のおじさんが心配してくれて知人の会社のアルバイトを紹介してくれたことがきっかけで、なんとか「引きこもり」を抜けることになります。

そのアルバイトも週5日ではありましたが、夕方6時から夜9時までの3時間だけの構内作業だったのでなんとか続きました。

慣れてくると残業を頼まれることもありましたが、1年くらいは絶対にやらないと断りつづけました。

その後は、昼間にもアルバイトの仕事を入れて自信がついたところで、フォークリフトの免許を取って時給の高い人材派遣へと移っていき、なんとかいまは正社員として20年近く同じところで働けています。

やはり前の引きこもり状態に戻ってしまうことが怖かったので、自分の働くリズムに自信がつくまでは無理しないことがよかったと今でも思います。

とりあえず短時間でもいいので、働いてすこしでもお金をもらうことで、女性と接する際にも変な引け目や劣等感を軽減できます。

ニートだけど彼女が欲しい男性がすべき行動 その3

【女性と出会うためにすこし動く】

わたしが引きこもっていた20年ほど前の時代では、「ニート」や「引きこもり」が部屋にいながらにして女性と出会うことなど不可能でした。

しかし今では、パソコンかスマホがあれば自分の部屋から一歩も出ずに、女性と出会うことが可能になっています。

たとえばパソコンオンラインゲームでは、チャットでゲーム内で知り合った女性と会話ができます。

会話ができるということは、そのままうまくいけば現実で「会いましょうか」とか、「付き合いましょう」とかになる可能性は充分にあります。

まあハッキリいって、男女の出会い方なんてどういう風でもまったく問題ありません。

周りはとやかく言う人間はいるかもしれませんが、当事者が気が合ってうまくいけばすべてオーケーです。

逆に素敵じゃないですか?現実世界では会うことはなかった二人が、たまたま同じゲームをしていたから出会えたなんて。TVドラマになりますよ。

あとおすすめなのは、スマホを使ったマッチングアプリです。

まだまだ抵抗のある人もいるかもしれませんが、スマホアプリを使った出会いにもそろそろ挑戦してみてはいかがでしょう。

20代30代では、スマホアプリでの出会いはもはやスタンダードになっています。

日本最大の恋愛マッチングアプリ「ペアーズ」が、もっとも結果が出せるでしょう。

ペアーズ無料会員登録

このように本気を出せば(いや出さなくても)、現在では女性と出会うすべは結構あるものです。

ニートだけど彼女が欲しい男性がすべき3つの行動  まとめ

一気に状況を変えようとしても挫折してしまいがちですから、「今日1つ」できることをやっていくといいでしょう。

まずは「清潔感」を取り戻すために、「髪を切りに行く」ことも有効です。

働くことも、無理せず1日3時間くらいからアルバイトをして、自分のリズムを作っていくことが大切です。

元気(性欲も)出てきたら、女性との出会いに向けて動き出しましょう。

『Pairs(ペアーズ)』公式ページ https://www.pairs.lv/