【受験生でも恋したい!】受験生なのに彼女が欲しい男性が持つべき心構え3つ!

【管理人プロフィール】

モテたい君A

モテたい君A
受験生なんですけど、正直すっごく彼女が欲しいんですよ~。

モテキング

モテキング
わかります。彼女が欲しいのが当たり前の年頃です。




受験生といえども、予備校や塾などでのちょっとした出会いから、恋におちてしまうことは仕方のないことです。

でも「恋愛」というのは、いいほうにも悪いほうにも大きな力が働くので、かなり注意が必要なのはお分かりかと思います。

この記事では【受験生なのに彼女が欲しい】という男性のために、持つべき心構えを3つご紹介します。

受験生なのに彼女が欲しいなら持つべき心構え その1

【いま好きな子がいないなら勉強に集中する】

好きな人ができてしまった場合は、受験生でもあきらめるのはどうかと思います。

人生で大切なことはたくさんありますが、「人を好きになること」はいつだって上位だと思うからです。

とは言っても、恋愛が勉強に悪影響を及ぼすところは少なからずあります。

いま好きな子がいないのであれば、勉強に集中したほうがいいです。

大学生になってしまえば、彼女をつくる方法はたくさんありますから。

関連記事・彼女が欲しい大学生必見!彼女の作り方を徹底解説!

受験生なのに彼女が欲しいなら持つべき心構え その2

【あえて友達でいることで自分の尻を叩く】

もうすでに好きな子がいる場合は、いきなり「好きだ!」とか言わずにゆっくり攻めましょう。

「好きだ」とも「付き合ってください」とも言わず、「お互いに受かったらお祝いにテーマパークでも行こうよ」と伝えておくのです。

1回だけだとノリで言っただけかと思われるかもしれないので、1ヶ月に1度くらい「早く受かってどこどこ行きたいね~。」と、あくまでも自然に伝えましょう。

この方法の一番のメリットは、恋愛に溺れることなく自分のやる気を引き出せることです。

相手にとっても恋愛したいけど、勉強に集中できなくなるのは怖いので、お互いに励まし合える友達程度が受験生としてはありがたいものです。




受験生なのに彼女が欲しいなら持つべき心構え その3

【思いっきりフラれて悔しさを受験にぶつける】

友達としてもあまり受け入れられてなさそうなら、なんとなく平行線でモヤモヤするよりもいっそ告白して砕け散りましょう。

受験生にとって、恋愛でモヤモヤするのはかなりのタイムロスになるはずです。

いっきに気持ちを伝えて終わらせたほうが、悔しさも手伝って勉強に力をそそげます。

フラれることはまったく恥ずかしいことではありません。

いつまでもモヤモヤしながら先に進まないことのほうが、かっこ悪いですし良くない結果をまねきかねません。



受験生なのに彼女が欲しいなら持つべき心構え まとめ

いま好きな子がいないのなら、とにかく勉強に集中して、すべてが終わってから恋活したほうが気持ちよく活動できます。

どうしても気になる女性がいるのであれば、あえて友達でいることにしましょう。

フラれたわけではないですから、「合格して告白する」という意味で自分の尻を叩くことができます。

どうしても気持ちを抑えきれないなら、思いっきりフラれて悔しさを受験にぶつけたほうが後々あなたのためになるでしょう。(うまくいってしまった場合は、落ちたらフラれると思って集中しましょう)

大学生になってさえしまえば、恋愛したい放題です。

関連記事・彼女が欲しい大学生必見!彼女の作り方を徹底解説!