お見合い結婚は離婚率が低い!恋愛結婚の離婚率は高いのはなぜ?後悔しないのは?

【モテキングプロフィール】


モテたい君B
お見合い結婚って、相手のことを深く知らないまま結婚するから、すぐに離婚しそうだけどどうなんですか?

モテキング
そう思うよね~。でも意外な事実が!

 

お見合い結婚は、 恋愛結婚と比べるとお互いのことを深く知る年月を重ねていないぶん、すぐに問題がでて別れてしまいそうですが、実際のところどうなんでしょうか?

この記事ではお見合い結婚と恋愛結婚の離婚率から、どちらを選べば後悔しない結婚生活をおくれるのかを検証していきます。

 日本人夫婦の離婚率は?

まず日本人の離婚率から見ていきますと、年間に約60万組のカップルが結婚するのに対して、約20万組の夫婦が離婚しています。

よくこのことを取り上げて、一般的に日本人の夫婦の3分の1が離婚していると言われるわけです。

しかし年間約60万組のカップルが結婚しているというのは間違いないのですが、離婚している約20万組の夫婦というのはその年に結婚したカップルではなく、結婚している日本のすべての夫婦の中から約20万組がこの1年の間に離婚した数なのです。

なので今年結婚したカップルの3分の1が、将来的に離婚しているだろうというのはちょっと言いすぎかとは思います。

国の調査による離婚の理由としては、 一番多いのは【性格が合わないこと】となっています。

「じゃあなんで結婚したんだよ」と言われそうですが、とくに恋愛しているときなんかはお互い盲目になってしまいがちですからね。

では次にお見合い結婚と恋愛結婚の離婚率を見ていきましょう。



お見合い結婚と恋愛結婚の離婚率は?

お見合い結婚と恋愛結婚の離婚率はなんと、予想に反してお見合い結婚が10%で、恋愛結婚が40%となっています。

出会ってからあまり時間かけずに結婚までいくお見合い結婚のほうが、じっくりとお互いのこと知り尽くす時間を過ごしてきた恋愛結婚よりも離婚率が圧倒的に低いのです。

なぜこのような結果になるのでしょうか?

恋愛結婚の離婚率が高い理由

まず恋愛結婚した人たちの結婚した理由で多いのが、「相手のことが好きだから」というものです。

これに対してお見合い結婚の人たちの場合は、はじめて会ったときからお互いに結婚相手としてふさわしいか、やっていけそうかを見ています。

そこに燃え上がるような恋愛感情はないので、 お互いに冷静に判断できます。

どうやらこのへんに、 恋愛結婚とお見合い結婚の大きな差がありそうです。

とくに恋愛感情というのは、べつにだれが悪いというわけでもなく、急に冷めることがあるものです。

好きだった趣味でも飽きるときは飽きますし、それをだれも責めることは出来ないのと同じです。

趣味なんかは、とくイヤなことをむこうからしてくるわけでもないのに、飽きるときは飽きるわけですから、 結婚して相手の言動に怒りを感じたら飽きる(冷める)のは当たり前です。

結婚する前の恋愛関係の時点では、少なからず自分をよく見せようと演技していますから、その部分をお互いに考慮してなかった場合は、結婚したあとそのギャップに驚いて離婚を考えるようになります。

恋愛結婚の夫婦が離婚を考えはじめる具体的な理由は以下ようなものです。

(男性の意見)

・ ご飯をつくってくれない

・ こちらの親とうまくいってない

・ 予想外のことで怒る

(女性の意見)

・ 働かない

・ 大声で怒る

・ ほかに女がいる

以上のように、 恋愛結婚の離婚率が高いのはお互いのことがとても好きで一緒になったはずなのに、じつは一緒に生活していくために確認しておくべき相手の日常や言動を、思ったほど把握できてなかったことが大きな原因のようです。



お見合い結婚の離婚率が低い理由

では次にお見合い結婚の離婚率が低い理由について見ていきましょう。

なぜ恋愛結婚の離婚率が40%もあるのに対して、お見合い結婚の離婚率は10%しかないのでしょうか?

普通ならば、お互いのことを知る時間が短いお見合い結婚のほうが離婚しそうなものですよね。

ところがこのお互いことを知る時間の内容が、お見合い結婚の場合のほうが圧倒的に濃いのです。

まずお互いの出会いからですが、もちろん初対面という意味で緊張すると思いますが、それは決して恋愛感情のようなものではありません。

もしかしたら結婚相手になるかもしれないから、どんな人なんだろうという期待と不安からくる緊張感と言えます。

ですので会ってしまえば、数時間でドキドキもなくなり相手のことを結婚相手としてどうなのかを冷静に観察することができます。

恋愛結婚でありがちな付き合うことがゴールで、経済的な理由や自由な時間がなくなるかもしれないという男性が結婚を踏み切れずにいるのを、女性が待ちきれずにせかして仕方なく結婚するというケースがとても離婚しやすいです。

なぜなら結婚する時点で、すでに不安要素を解決しないまま、なしくずし的に結婚してしまっているからです。

しかも恋愛結婚の場合は、恋愛中は盲目になりがちなので、 相手のあきらかな欠点も受け入れてしまい、結婚したあとに受け入れきれなくなるのです。

いっぽうでお見合い結婚では目標となるゴールは、しあわせで穏やかな夫婦生活をすることにあります。

なのであくまでもスタート地点である結婚は、楽しくやっていける相手かどうかを冷静に見極めてからなので、結婚したあとのギャップが少なく、別れるまでにはいたりにくいのです。

お見合い結婚の場合は、まず絶対にNGなことをハッキリさせた上でお相手選びとなるので、結婚後のひどい価値観のズレは起きにくいです。

楽しい結婚生活を長続きさせようと考えるならば、お見合い結婚のほうが後悔しなくてすむ可能性が高いのです。

とはいっても、昔ながらのお見合い形式には抵抗があるかたもいると思います。

そういう方は、インターネットをうまく利用している結婚相談所を試してみてください。

【エン婚活エージェント資料請求】

お見合い結婚と恋愛結婚の離婚率は? どっちが後悔しない? まとめ

・ お見合い結婚した夫婦の離婚率は、恋愛結婚の夫婦の離婚率の4分の1の低さ。

・ 恋愛結婚の離婚率が40%なのに対して、お見合い結婚の離婚率は10%。

・  恋愛結婚の場合、結婚がゴールとなって まい、恋愛中は盲目になりやすく、相手の欠点をしっかり見てない、もしくは受け入れてしまう(たとえ暴力でさえも) ので、結婚後に問題が噴出する。

・ お見合い結婚の場合は、結婚はスタートで、はじめから冷静に結婚生活を続けていける相手かを判断するので、結婚後に大きな価値観のズレが起きにくいので後悔しない結婚生活をおくれる可能性が高い。

・ 昔ながらのお見合いに抵抗がある方は、インターネットを有効に活用している結婚相談所がおすすめ。

【エン婚活エージェント資料請求】