メールに悩む30代男性必見!女性が嬉しい、婚活から交際につながるメールのコツ3選

【モテキングプロフィール】


モテたい君B
婚活で新しい女性と知り会ったときになんか若い頃と違って、女性へのメールを打つのに悩むんですよ。

モテキング
わかります。気を使いすぎますよね。

 

30代ともなればもう立派な大人ですので、メール1つとっても相手の女性にとても気を使いますよね。

ここでは、30代の大人の男性らしい婚活から交際へとつながるメールのやり方をご紹介していきます。

婚活から交際につながるメールのタイミングとは?

婚活パーティーや街コンなどで知り合った女性とメールアドレスを交換したものの、いったいどのタイミングで最初のメールを送るべきか悩むときがあります。

なんか変なプライドが邪魔して、あんまり早くメールするとガツガツしてると思われるかなとか考えだしてなかなか送れなくなります。

でもあまり時間をおきすぎると、相手も婚活していますから、どの男性だったか分からなくなります。

なのでメールアドレスを交換した日の夜に1回だけ送るか、次の日のお昼頃に1度送るのがいいです。

1日か2日に1回程度のメールであれば、別に迷惑に感じる女性はいないでしょうし、気を使いすぎてあいだを開けすぎると積極的な男性にもっていかれてしまいます。

なかなか難しいところですが、1、2日に1回メールを送って、相手の女性の反応をみるといいです。




婚活から交際につながるメールの内容とは?

女性とのメールで大切なのは、会話と同じでお互いにキャッチボールがスムーズにできるかどうかになります。

女性に向かって投げるボールが、高すぎたりショートバウンドになってしまわないように、相手がすぐ投げ返したくなるようなボールを投げるようにするわけです。

相手の女性が投げ返したくなるボールというのは、回答したくなる男性の質問ということになります。

ポイントは自分の情報を知らせつつ、相手の情報も聞くという流れのメッセージが作れるのが理想です。

例をあげますと、

私の住んでいるところは山が多いので、晴れた日なんかはよく登山をするのですが、○○さんは登山なんかはされたりしますか?

とか、

会社の後輩が、レインボーケーキというケーキの画像を見せてくれて、その見た目にとても驚いたのですが、○○さんは食べたことありますか?

食べ物やスポーツなんかの話題が無難かなと思いますが、暗い話題や愚痴などはマイナスの印象にしかならないのでやめておきましょう。




婚活から交際につながるメールの注意点

30代男性が相手の女性へ送るメールとして、注意点がいくつかあります。

1つ目は、「仕事の話は短めに。」です。

婚活中の女性は、当然男性がどんな職業なのかを知りたがりますが、職業が分かって一定の収入があることが分かれば、残念ながらそれ以上の深い興味はありません。

ですのでくわしい仕事内容を長々と話されてもうざがられるだけなので、女性に聞かれないかぎりは自分から仕事の話はしなくていいでしょう。

2つ目は、「愚痴や他人への批判を言わない」ことです。

女性にとっては、仕事の愚痴を言われても同じ会社でもない限りはよく分かりませんし、反応に困ります。

世の中で起こっていることへの批判も、まだ出会って間もない関係ではうまく同意や反対ができませんから、これまた反応に困ります。

だいたいが付き合いだしてから、お互いに愚痴や不満は自然と口にすることがでてくるわけですから、出会って間もないのにいきなり愚痴や不満を言い出すようでは、付き合いだしてからどれだけ愚痴られるか分かったもんじゃないと思われます。

そして最後の3つ目は、「長文、改行なしは怖い」です。

自分の誠意を示すために、とてもなが~いメールを送る方がいますが逆効果です。

キャッチボールをしているのに、突然ボウリング玉を投げるようなものです。

例えが下手でしたが、ようは相手の女性がメールを開いた瞬間「うぁ。」となるような長文を、しかも改行もなくツラツラと送るのは、嫌われたいと言っているようなものです。

ちゃんと相手の女性とキャッチボールをしているイメージをもって、相手のメールの長さと同じくらいの長さのメールを返せばいいですね。

30代男性の婚活から交際へとつながるメール まとめ

以上、メールの返信に悩む30代男性の方のために、婚活から交際に発展できるようなメールの送り方を書いてきました。

相手の女性とキャッチボールをするイメージを常にもって、メールを返すタイミングや文章の長さなどを相手と同じくらいに合わせることで、相手の女性も心地よく感じてメールを返してくれやすくなります。

それでもあまり自身がもてない場合は、担当カウンセラーが逐一アドバイスしてくれる婚活サービスを利用するのも手です。

資料請求をしたり、無料のカウンセリングを受けてみてから決めるといいでしょう。

コスパ最強! 【エン婚活エージェント資料請求】