【高校教師と結婚したい女性必見!】出会える方法とメリットデメリットは?

【モテキングの姉プロフィール】


25歳女性
高校の先生ってあこがれなんですよ~。でも大人になると出会えないですよね~。 

モテキングの姉

モテキングの姉
出会えないこともないですよ! 

 

自分の人生の中でつねに身近な存在であった「先生」。

昔は先生という存在が特別で、青春時代では先生を嫌いになったり、恋心を抱いた時期を過ごした方もいるのではないでしょうか。

そんな先生に対して、自身が結婚できる年齢となれば身近な存在となります。

また世間的に学校の先生が旦那と聞いて、悪いイメージを持つ方は少ないです。

その中でも今回は高校教師にスポットを当てて、【高校教師と結婚したいという女性】のために、出会う方法や結婚するメリットデメリットなどを紹介します。

高校教師と結婚するメリットデメリット

【高校教師と結婚するデメリット】

「帰りが遅く、休みが少ない」

教師の状況によるため、一概に言い切れませんが、先生は多忙な方が多いです。

普段は自分が受け持つ授業の準備、事務作業、受験シーズンやテストシーズン、それらの仕事が定期的に回ってくるため忙しくなります。

他にも部活の顧問や副顧問をしている可能性があります。

そのため帰りが遅くなることや、休日の部活などで休日返上で活動する必要があります。

「学区内デート禁止」

教員とのデートは、生徒と会う可能性があります。

そのため学区内でのデートは、生徒に見られる可能性の他に、親御さんに見られる可能性があります。

ましてや進学校や部活強豪校などの親御さんが、担任のデート姿を見て、全員が温かい目で見てくれるとは限りません。

そのため出かける地区が限られる可能性があります。

 

【高校教師と結婚するメリット】

「公務員」

これは「先生」という職業の、最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

公務員のお給料は、他の職種に比べ安定感・安心感があります。

また先生は年功序列のため、年数を重ねるほどお給料が増えていきます。

そして退職金も安定した金額を受け取ることができますし、福利厚生もしっかりしています。

「遠い転勤が少ない」

県立高校であった場合は、同じ県内や近い地域での転勤は発生するかもしれませんが、基本的には、遠い転勤は発生しません。

県内でも広い県内にいる場合は、引越しなどを検討する必要がありますが、県外に引っ越しはありません。

また私立高校の場合は、その私立高校に勤務し続けることになるため、引っ越しの検討は辞めない限りありません。

日本全国で動くわけではありませんので、最初の住む家を考えれば、引っ越しを検討する必要が無い職業と言えます。

「真面目」

様々職業がある中で、教師を志した方は、真面目な方が多いようです。

全員と言い切れませんが、他の職業より、真面目な性格で子供好きの男性に出会える確率は格段に高いです。

その真面目な性格は将来の結婚生活や、子供の教育に対しても大きな影響を与えます。

お仕事として子供を教育しているのですから、子供の教育に関しては、とても頼りになる存在と言えます。

高校教師と出会える3つの方法とは?

「高校教師になる」

正直、高校教師は上記に示した通り忙しく、職場恋愛で結婚する方が多いようです。

そのため、一番の近道は「高校教師」を目指すことです。

同じ学校内だけでなく、他学校での高校の教員同士の交流もあるそうです。

イメージしやすい交流としては、部活動などです。

部活動では、様々な学校の高校生同士が集まり、練習試合、大会などを運営するにあたり、先生方が協力して行っております。

すると必然的に交流する機会も増えますし、共通の部活動の話題があります。

「高校時代の先生へ連絡を取る」

年の差を気にしないのであれば、高校時代に教えてくれた先生に連絡を取ってみてもいいかもしれません。

先生と昔の生徒が結婚した話はよく聞きます。

しかも高校教師ですから、自分自身が高校3年の時の新卒や、教育実習生などでしたら、5年〜7年ほどの年齢差になります。

学生時代は5年の差を大きく感じたかと思いますが、社会人になれば5年や10年以上の年の差をだんだん気にしなくなってくるかと思います。

昔憧れていた先生にアクションをとってみてはいかがでしょうか。

昔通っていた学校に遊びに行く方法や、Facebookを利用するという手もあります。

印象に残っている教え子であれば、コンタクトを取れる状況で無視されるということはないでしょう。

「マッチングサービスを利用する」

今の時代、手軽にマッチングアプリに登録できます。

マッチングアプリを利用すると、相手のプロフィールの職業の欄に「教員」「公務員」などと記載されます。

公務員だと幅は広くなってしまいますが、「教員」「教師」と記載があれば、小、中、高のどれかに当たる確率が十分あるかと思います。

教師は忙しい職業のため、マッチングアプリを利用して、空いた時間に連絡をとって婚活をしている方が多いようです。

『Pairs(ペアーズ)』公式ページ https://www.pairs.lv/

 

マッチングして出かける約束をしても、部活動などで会える日が少ないかもしれませんが、あきらめずに連絡を続けてください。

平日の金曜の夜などが、やはり会いやすいようです。

または休みの日に一日会えなくても、半日だけでも会える可能性があります。

デートのタイミングは相手に合わせてあげると良いでしょう。

高校教師と結婚したい! まとめ

高校教師は忙しい職業になるので、出会うところと、結婚までのお付き合いの過程が大変かもしれません。

高校教師の性格としては、真面目で子供達を支えているため、引っ張っていく方が多いようです。

そのため、頼りされることが好きなようですので、お付き合いの際には頼りにしてあげると良いでしょう。

お付き合いの過程が大変とお伝えしましたが、結婚することができれば、旦那として子育ては教育の面で頼りになり真面目です。

そして公務員のため、安定した収入、定年後の退職金、年功序列で給料が上がる事実は、非常に魅力的ではないでしょうか。

先生の中でも職場恋愛以外の出会いを求めている方は多いですから、マッチングサービスの「職業検索」でのぞいてみるのもいいかもしれません。

日本最大の会員数、かつ一番リーズナブルな「ペアーズ」がおすすめです。

【ペアーズの料金は?】