【大学教授と結婚したい女性必見!】3つの出会える方法とメリットデメリットは?

【モテキングの姉プロフィール】


28歳女性
大学の先生にあこがれていたことがあるんですけど、やっぱり頭が良くないと相手にされませんよね? 

モテキングの姉

モテキングの姉
相性があるので、あきらめずにアプローチしましょう! 

 

大学教授といえば、固い・気難しい・話が面白くなさそう、などと敬遠されてしまうかもしれませんが実はそんなこともないんです。

国立大学の大学教授であれば「公務員」ですし、私立大学だったとしても一度「教授」になってしまえば安定した職業です。

性格的にも真面目で、研究に没頭するような一途な性格の方が多いので、浮気の心配も少なく温厚な人が多いです。

ですので結婚相手を探している方にとっては、これはもしかするとかなりねらい目かもしれません。

この記事では【大学教授と結婚したいという女性】のために、3つの出会える方法とメリットデメリットをご紹介していきます。

大学教授と結婚するメリットデメリットは?

【大学教授と結婚する2つのデメリット】

「話がつまらない」

もしかすると、出会って最初のころは大学教授の彼とのデートがあまり楽しくないと思うかもしれません。

というのも、残念ながら大学教授の方はそれほど話が上手ではありません。

研究ばかりをしていて、あまり活動範囲も広くないという人が多いので、多趣味でいろいろな間口がある人に比べると、話がつまらないと感じられてしまうかもしれません。

「とても忙しい」

大学教授の方は、とにかく生活の9割が「研究」という方がほとんどです。

なかには、昼夜なく研究に没頭している方もいらっしゃいます。

もしかすると、家庭そっちのけで研究にいそしんでしまうようなタイプの方と出会ってしまうかもしれません。

あまり家庭の臭いがしないとか、この人と結婚しても家庭を顧みることはないのだろうなぁと思えるかもしれません。

 

【大学教授と結婚する3つのメリット】

「安定収入だからいい」

やはり一番の魅力は安定した収入があることです。

教授レベルになると1000万円以上が平均で、ランクにもよりますがそれ以上の方も多数いらっしゃいます。

一般の企業のように景気に左右されることも有りませんし、国立大学の教授であれば公務員という安泰の職業であることも大変うれしいことです。

やっぱり結婚相手には、安定を求めるという方は今でも多いはずです。

「真面目で優しい性格」

大学教授の方の特徴としては、なんといっても性格的に真面目であることです。

結婚相手に求める条件の一番に上がるのが、真面目であることという女性は多いのではないでしょうか。

真面目でかたぶつ、話が面白くないと最初は敬遠しても、徐々にその良さが分かってくるはずです。

それほど社交的ではないかもしれませんが、寡黙で一本気(研究家気質)、優しい方が多いです。

「時間に融通が効く」

さきほど忙しいということをお話しましたが、反面では会社員のかたのように定時がないので、ある程度の融通が効くのも良いところです。

もし子育てをするとなっても、協力が得られることが考えられます。

大学教授と出会える3つの方法とは?

「スマホアプリ」

大学教授がスマホアプリのマッチングサイトに登録しているなんてことはないと思われるかもしれませんが、実は出会いが少ない大学教授は意外と登録しているんです。

なによりも人に知られるのを嫌がるところがあるので、一人でできる婚活サイトで活動している人は意外と多いです。

良いところはいろいろな人のなかから選べることで、特に最近は真剣な出会いを求めた真面目系の婚活サイトも増えていますのでおすすめです。

20代30代では、スマホアプリでの出会いはもはやスタンダードになっています。

日本最大の恋愛マッチングアプリ「ペアーズ」が、もっとも結果が出せるでしょう。

【Pairs(ペアーズ)の評判は?】

検索システムも充実しているので、職業を大学教員とか、教育関係というように絞り込むとヒットします。

また年収なども条件として入れられるので、それで大体の生活設計も出来そうです。

「お見合い」

真面目な大学教員の方なので、婚活サイトなどは敬遠されてしまうかもしれません。

そこで手堅く出会うなら「お見合い」があります。

お見合いは家族や近親者、近所の人、会社の人、などにお願いして紹介してもらうわけです。

ですが残念ながらそうそうたくさん知り合いのなかに、大学教員の方がいるとも考えられませんので可能性は低いです。

また周りの人に、「大学教員の方がいたらお願いします」というのも少し恥ずかしいのではないでしょうか。

ですが確実な方法であるとはいえ、その可能性はとても低く、また出会うまでの過程を考えるとあまり現実的ではありません。

運がよければ、出会えるかなぁという感じです。

「結婚相談所」

やはり大本命はこれです。

結婚相談所なら現実的考えても、一番確実に出会えしかも結婚できの可能性が高いです。

最初にあげた「マッチングサイト」でも出会えるには出会えますが、結婚の可能性は低めです。

また自分で相手をしっかりと確かめないといけないので、そのあたりが問題になります。

結婚相談所の場合たしかに有料で、場合によってはかなり高額なところもあります。

ようは相手の身元の確かさや信用性をお金を払って会社がしてくれているわけですから、その費用だと考えれば、かなり結婚への道が近いわけです。

結婚したあとの幸せ」に重点をおく、「エン婚活」をおすすめします。

【エン婚活エージェント資料請求】 

大学教授と結婚したい! まとめ

このように大学教員の方との結婚を望んでいる方は、今回ご紹介しました方法を使って婚活をしていけば、良い方に巡り合える可能性が高いです。

実は大学教員というとおすすめの職業なのに、案外見逃されてしまっていることが多いです。

あるいは食わず嫌いといいますか、固い、気難しい、話しにくいなどのようなイメージが先行して、まり人気がないというのが現実のようです。

ただ実態を見てみると、真面目で誠実、一途な性格なので、結婚相手としては最適ですしなによりも収入も安定しています。

出会いが少ない方が多いので、意外と売れ残っている人が多いので、これはチャンスです。

若い方だけではなく、中高年世代の方にもおすすめです。

>>>【はじめての婚活!女性篇】