【プロボクサーと結婚したい女性必見!】出会える方法とメリットデメリットは?

【モテキングの姉プロフィール】

27歳女性

27歳女性
ボクシングやってる男性に憧れるんですけど、出会える方法ありますか?

モテキングの姉

モテキングの姉
たくさんありますよ! 

 

エリートと言われる医師や弁護士、ビジネスマンなど、婚活中の女性なら、少しでも理想に近い独身男性との出会いを探している方も多いと思います。

けれども一方で、どこにでもいるサラリーマンや普通のエリートとの合コンや紹介やパーティーでの出会いに、飽き飽きしてるという女性も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

何のドラマティックさも刺激も無くて、このまま、見本どおりの「平凡な彼氏や夫」との恋愛や結婚で、自分の人生が終わってしまうなんて・・・・

そんなのいいの??・・・

と、そんな風に疑問に思った独身女性あなたに!!

まるでマンガやアニメや映画のヒロインになった気分を味わえる『プロボクサー』との出会いなんていかがでしょうか?

プロボクサーと結婚するメリットデメリットは?

【プロボクサーと結婚する2つのデメリット】

「修行時代はほぼ無収入」

毎日のトレーニングに減量にと、練習に打ち込んでいる間は当然ながらほぼ無収入。

対戦相手が決まり無事に出場を決め、しかも勝利しなければ「ファイティングマネー」という名の収入は入ってきません。

当然ですがその間は、彼自身はトレーニングに支障がない程度に、アルバイトで生計を立てたり、彼女か妻である貴方が働いて、生活費を工面しなければなりません。

もちろんプロの世界は「勝ち続けなければ」安定した収入も得られません。

当然ですが精神的な支えだけではなく、経済的にも苦労を背負うことにもなるでしょう。

そんなツライ日々を支えていってあげたいという、犠牲的精神や母性を持った女性でなければ、お互いに自滅してしまう可能性があるのでおすすめはしません。

「大怪我や障害などのリスク」

プロの試合ですから、時には対戦中に出血を伴うような大怪我や、障害が残るような致命的な外傷も日常的にあるのがネックとなります。

当然ですが、頭部に何らかの大きなショックが与えられ、そのまま帰らぬ人となった、という悲劇も起こりえることです。

つまり「命を張った仕事」であり、けっしてそれは大げさな表現ではありません。

彼女や妻であるならば、いつでもこうした「心の覚悟」ができていなければならないでしょう。

精神的な支え以上に、何が起きても動じない広い器と忍耐を必要とします。

 

【プロボクサーと結婚する3つのメリット】

 ここまで大きなリスクを書いてきましたが、当然ですがそんなに悪い事ばかりではありません!

「鍛えられた肉体と精神」

普通のサラリーマンとは違って、プロとして肉体を極限まで鍛えているわけですから、その美しく鍛え上げられた「肉体美」を、気の済むまで見つめ続けたり、触り続けたり、 抱きしめたりと、「細マッチョ」「ゴリマッチョ」好きには堪らない日々を送れます。

そして毎日、肉体だけではなく、精神面も鍛えられ続けてきているので、男らしい勇敢な行動や、いざという時は弱き者を守るという彼の強い本能的な心構えから、通常では得られないような「女性として頼りきり、強く守られている安心感」に包まれることでしょう。

それでこそ、女として生まれた喜びの何ものでもありません。

「ドラマティックな日常」

どこかのアニメやマンガのヒロインではあるまいし、『プロボクサー』との出会い自体、それほど日常にゴロゴロ転がっているわけではありません。

ましてやサラリーマンに比べて、圧倒的に人口比率的にも希少な職業。

当然ですが『プロボクサー』と出会って恋に落ちた、ということが、すでに「奇跡」のようなものです。

ですからそんな非日常的で映画のようなヒロインになりきれるぐらい、毎日が刺激的かもしれません。

「明日の試合、どうかケガをしないように・・・。」 

貴方は星に毎日祈る日が増えることでしょう。

こうしたスリリングで刺激的で、恋心が燃え上がるようなシチュエーションを味わえるのはプロスポーツ界の中でも『プロボクサー』の彼女や妻ぐらいなものです。

そんな「ヒロイン」にどっぷりと漬かれます。

「成功すれば億万長者!」

ボクシングの優勝賞金もこのところ年々アップしています。

一時は景気の後退とともに、スポンサーが減った時代もありましたが、近年は日本だけに活動拠点は留まらず、アジアや欧米南米などでも、毎月のようにどこかでタイトルマッチが開催されているのでスポンサーの数もウナギ登りです。

当然ですが視野を世界に向けた場合、何億ドルの賞金だけではなく「スポンサー企業」との タイアップや、CMや雑誌などの広告収入も入ってきます。

現在ではオリンピックの正式競技のひとつにも数えられるようにもなり、スポーツ中継やバラエティー番組でも引っ張りダコの選手は、一人二人ではありません。

そうなるとCMなどの広告収入だけでも、数百~数千万円とも言われるぐらいの有名人ともなりえるような、そんな億万長者として成功する道もけっして夢ではありません。

普通のただのリッチマンとのおつきあいや結婚では味わえない、「チャンピオン」や「オリンピック・メダリスト」としての『名誉』や『称号』を手にした億万長者です。

そのドラマティックなストーリーは、伝記や「ドラマ化・映画化決定!」となったり、 一般人では到底味わえない、成功物語のヒロインになりえる可能性だったあるのです。

 

プロボクサーと出会える3つの方法とは?

「ボクシングジムに通う」

もしもあなたの実家が「ボクシングジム経営」という特殊な環境なら、何も悩む必要はないでしょう。

しかし残念ながら、実家にも親戚にも関係者がいない場合はしかたがありません!

「ボクシング・ジム」に通えばよいのです!

と言いましても、あなたが「プロボクサー」をめざす必要はありません。

近年、女性ファンを増やすために、またジム経営の多角化をめざすために、「女性でも入会可能」な「ボクシングジム」が全国的に増えています。

物騒な世の中ですから、「護身術」の一つとして、または楽しく引き締まった体をめざす「ダイエット」の一つとして、スポーツクラブのような位置付けで女性の会員も年々増えています。

当然ながらコーチはボクサー出身者や、現役のボクサーが対応し、イケメン・コーチがいるジムは毎回人気のコースとなっているようです。

しかし他の団体スポーツと違って、基本的には「マンツーマン」や数名のグループでの指導なので、必然的に密着度は高くなり親密度もアップするのは間違いありません。

「ファンクラブ(後援会)に加入する」

スターやアイドルの「握手会」とは違って、「プロボクサー」のようなちょっとマニアックなスポーツのファンクラブは、どちらかというと年配の男性ファンが中心です。

ボクシングというスポーツの特性上、あまり女性ウケはしないということもあり、どちらかというと中高年の男性や格闘技好きの少年青年が中心です。

若い女性ファンが、そんなファンの集いに参加するととても目立ちます。

年配の男性ファンたちも心なしか、女性ファンが増えると、とても嬉しいようで、「もっと若い女性がボクシングの良さを知ってほしい」などと熱く語りだしたりもします。

そんなオジサンたちの熱弁は無視し、貴方はそこで、ファンの一人という枠を飛び越えた、お付き合いするためのアプローチを頑張らなければいけません。

キャアキャア騒ぐのではなく、落ち着いた冷静な態度で一途に応援する姿勢が大事です。

きっといつの間にか、彼はあなたに心を奪われていくことでしょう。

「スポンサー側の人間になる」

 先に書いた2つと違い、これは誰にでもできることではありません。例えて言えば、「あしたのジョ〇」の、白木葉子お嬢様です。

彼女は美しく大金持ちのお嬢様であり、資金面で多大なる影響をジョ〇に与えていました。

 しかしボクサーを資金面で支えるのは、何も企業だけではありません。

例えば「後援会」の出資者として、わずか数万円から個人として寄付できるシステムもあるのです。

またタイトルマッチを控えた会場では、それこそ「ラウンド嬢」と言われるリングで試合前に、プラカードを持ってカウントダウンを行う、可憐で美しいお嬢さんたちがおります。

スポンサーから派遣された可愛いモデルさんたちですが、プロポーションに自信がおありでしたら、このお仕事に応募してみてはいかがでしょうか。

ボクサーたちと同じリングの上に立てるという、なかなか珍しい体験ができます。

ほかには会場でパンフレットや物品を配ったり、売ったりする主催者側のスタッフになる方法があります。

こうしたお仕事は定期的に募集されており、裏方として勤務することで、スタッフオンリーの選手たちの控室近くまで出入りが自由というのが大きな利点です。

また主催者や後援者側のスタッフになることで、選手たちの試合を直接支えるということもなかなか有意義な体験だと思います。

もちろん大変狭き門ではあるので、最初におすすめはできませんが、可能性が少しでもあるのでしたらぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

 

プロボクサーと結婚したい! まとめ

プロボクサーという、一見ふつうでは出会えそうにない職業の男性とも、調べてみるといろいろと出会える方法があることが分かっていただけたかと思います。

でもそこまで積極的に、直接行動するのは難しいという方は、まずは今すぐに始めれる行動として「スマホアプリ」から始めてみるのもいいでしょう。

マッチングアプリの中でも、もっとも人気があってリーズナブルな「ペアーズ」をおすすめします。

【ペアーズの評判は?】