【税理士と結婚したい女性必見!】3つの出会える方法とメリットデメリットは?

【モテキングの姉プロフィール】

28歳女性

28歳女性
税理士さんと結婚できたら、お金に困らなそうですよね~。

モテキングの姉

モテキングの姉
稼ぎもいいですからね。 

 

女性も働くのが当たり前になった現代、それでも「結婚するなら高収入男性であるほうがいい!」と思っている女性も多いですよね。

いろいろな職種がありますが、高学歴・高収入である「税理士との結婚」をについて考えたことはありますか?

「夫は税理士していて・・・」とか言ってみたいですよね!

でも普通に会社員として働いていたら、出会うことってありませんよね。

実は周りを見渡すと、税理士事務所はわりとよくありますし、会社には専門の方がいることが多いんです。

つまり身近に存在はしているんですよね。

この記事では【税理士と結婚したい女性】のために、3つの出会える方法と結婚するメリット・デメリットをご紹介します!

税理士と結婚するメリットデメリットは?

【2つのデメリット】

「不規則な業務形態」

一般企業で働いていたら、休日は基本的に土日・祝日のところが多いです。

そのため、長期休暇では一緒に旅行にいったり楽しんだりすることができます。

しかし、税理士は相手があるお仕事です。

相手の依頼や業務によって、仕事量が変わります。

残業も多くあり、家に帰っても仕事のことを考えてしまいやすい傾向にあります。

特に確定申告の時期は、依頼が殺到するため仕事量が膨大になります。

11月~5月は特に大忙しになります。

そこの理解をしてあげれる必要がありますね。

「求める理想が高め」

税理士は、税理士として仕事ができるようになるまで時間がかかる仕事です。

試験は5科目あり、そのすべてで60%以上の得点を取る必要があります。

合格した後、税務関係の仕事を2年以上研修しなければなれない職種なのです。

努力をして仕事に就いていることもあり、恋人に求める理想が高くなりやすいです。

また普段から財務に関わる仕事をしているので、お金の管理に厳しい傾向にあります。

無駄遣いをしない、お金の管理をしっかりしておく必要がありますね。

今のうちに家計を見直し、支出の管理を把握しておくことで、この厳しさは気にならなくなるかもしれません。

それに見合った女性というのにも当てはまるはずですよ!

 

【3つのメリット】

「お金に困ることがない!」

なんといっても、税理士は高学歴で高収入です。

初任給から同世代の初任給より高くなり、20代後半から大幅にアップします。

30代以降は平均で600~800万円の年収をキープします。

50代を過ぎると、役職手当がついたり、独立して個人事務所を開いたりするので、年収は1000万円を超えていきます。

しかも70代で年収が1000万円ということもあり、老後も安心です。

結婚するとお金に困ることはなく、老後も安心して生きていくことができるのは1番のメリットとなります。

「トーク力が高い」

税理士は信頼が大切な職種になりますので、当然トーク力が必要になります。

そのため、相手の話を聞くことが上手な人が多いのが特徴です。

自分の考えを感情的にではなく、適切に伝えてくれるコミュニケーション能力にも長けています。

そのうえ、相手の利益を考えて行動してくれる性質をもっていることが多いです。

結婚したら自分の妻や子どもに対しても、同様のことが言えるでしょう。

しっかり話を聞いてくれて、かつ適切なアドバイスももらえるかもしれません。

忙しい時期もあるので、必ずではないかもしれませんが、時間に余裕ができればたくさん話を聞いて、こちらの利益を考えて動いてくれることでしょう。

「経済観念がしっかりしている」

日ごろから財務管理をしているので、経済観念がしっかりしています。

お金を持っているから豪遊して無駄遣いをする・・・なんてことはありません。

「派手な生活に憧れる!」という場合は、オススメできません。

でも堅実に生活していきたい、という方には大きなメリットとなります。

もちろんこちらも、経済観念がしっかりしている必要があります。

しかし話を聞くことに長けている場合が多いので、その都度相談してお金を使っていけば将来は安泰ですね。

 

税理士と出会える3つの方法とは?

「税理士事務所や税務署で働く」

1番出会いやすいのは、自ら「税理士事務所」に就職することです。

「税理事務所」は税理士ばかりいます。(笑)

先ほども言ったとおり、11月~5月は繁忙期で残業ばかりになります。

そんな中、女性のいるところに自ら会いに行く時間はありません。

そのため同じ職場で働いていれば会うこともでき、サポートすることもできるかもしれません。

また「税務署」で働くというのも一つの手です。

なぜなら税務署には、税理士の出入りがとても多いからです。

税理士は職場婚が多い傾向にあるので、結婚につながりやすいのです。

「未来の税理士・商学部の友達とつながっておく」

大学時代の友達で、商学部出身の友達はいませんか?

男女は問わず、商学部出身の友達がいると、紹介してもらえるかもしれません。

税理士は、そもそも出会いが少ない職種です。

なぜなら、やはり忙しいからなんですよね。

彼らも出会いを求めているので、好みが合えば仲良くなれます。

商学部出身の友達がいれば、友達を通じて紹介してもらったり、合コンを開催してもらったりすることができます。

特に友達の紹介は、友達が協力してくれやすいので、進展しやすい傾向にありますよ。

合コンサービスから「税理士と出会える企画」をさがすのも手です。

【コンパde恋ぷらん】公式サイト https://www.will-gocon.net/

「婚活パーティや結婚相談所で知り合う」

税理士の方が、多くエントリーしている「結婚相談所」をネットで探して登録しておきましょう。

【SEISHIN】という結婚相談所なら、男性会員の1割以上が「税理士」「会計士」なので、他の結婚相談所よりも出会える可能性は高いです。

ほかには「婚活パーティー」にも積極的に参加してみましょう。

もちろんお金はかかりますが、出会いの確率は圧倒的に増えます。

『ホワイトキー』公式サイト https://whitekey.co.jp/

税理士と結婚したい! まとめ

高学歴・高収入で人気の高い税理士ですが、忙しくなかなか自ら出会いを求めに行くことが難しいということがお分かりいただけたかと思います。

出会う方法としては、「税理士事務所や税務署で働く」ことが1番です。

税理士しかいない環境になるので、選び放題です。

でも、やはりなかなか転職は踏み出しにくいかと思います。

そのため、オススメなのは税理士が多くエントリーしている「結婚相談所」などに登録して、みずから出会いに行くことです。

税理士と結婚したら、お金に困ることなく堅実な結婚生活を送ることができます。

子どもができて大きくなっていっても、お金に困りません。

そのためには、みずからも経済観念をしっかりさせておき、無駄遣いなどをなくしておくと一歩近づきますよ。

相手の仕事を理解し、忙しいときこそ支えていける女性になってくださいね。

【SEISHIN】