【寂しいと感じる50代独身男性必見!】「寂しさ」を解消する方法とは?

【管理人プロフィール】

大学を卒業してからあっという間に30年間という歳月が流れ、ふとした瞬間に「独身」であることを実感することもあるのではないでしょうか。。

職場の同期が次々に結婚していき、「子どもが生まれた、成長した」と事あるごとに自慢話を聞かされて、最近では「子供も離れて、時間ができた」という同僚もいるでしょう。

結婚にいたるほどの縁はなく、独身も独身なりに良い部分がありますから、楽しくやってこれたと言える方もいるはずです。

しかし年齢も50歳を超えて、体にも変化が起き始めたり、身近な人が亡くなったりすると、これからのことを考えて不安になったり、「寂しさ」覚えたりすることもあるのではないでしょうか。

もし少しでも独身で寂しいのならば、まだ50代の今だからこそ動き出す価値があります。

この記事では【50代独身男性が「寂しさ」を解消する方法】をご紹介します。

 

50代独身男性は「職場」で寂しい。。。

  

50代という年齢では、もう他人と知り合うチャンスが限られています。

「職場」では中管理職として部下に指示を出す立場でも、本音で話せる相手がいないのは寂しいですよね。

もう「職場」では上の立場で、若手とは話題も合わず、だからといって残っている同期は数えるほど・・・。

一緒に仕事をして周囲の女性と親しくなれる年齢でもなく、「職場」は仕事に集中するだけの空間に過ぎません。

既婚者は家族サービスで忙しく、同じ独身であっても気持ちを分かち合うのは困難です。

結論として長年勤めてきた「職場」では新たな出会いは期待できず、帰宅してからの話し相手もいない毎日になります。

少なくとも、「職場」で寂しさを解消するのは難しいのが現実です。

 

50代独身男性は「ご近所付き合い」も寂しい。。。 

「寂しさ」を痛感するタイミングとしては、隣接している住宅に住んでいる人々との「ご近所付き合い」もかなりのものです。

自治会の町内掃除や当番でも、50代の独身男性に積極的に話しかけてくる人はあまりいません。

「ご近所付き合い」は、基本的に女性同士のコミュニティです。

子どもがいれば保護者として嫌でも関わるのですが、他の家族にとっては見ず知らずの独身男性と無理に親しくなる理由は皆無で、結果的に孤独に過ごすことに。

社交辞令として、最低限の挨拶や連絡事項はあるだけに、余計に寂しさがつのりますね。

集団の中の孤独は、人生経験を豊富に積んでいる方でもこたえます。

「もう他人の家庭なんて見たくない」と思っても、自治会などの相互扶助も含まれているので、勝手に関係を断ち切るわけにはいきません。

 

50代独身男性は「休日」が寂しい。。。

本来なら待望の「休日」も、50代の独身男性にとっては耐え忍ぶ時間です。

自分の家族がいれば、家の中の模様替えや買い出し、子どもやペットのための準備で、ゆっくり休んでいる暇すらありません。

けれども、50代の独身男性は自他ともに認める高齢者の1人として、ただ自宅で待機するのです。

たまの「休日」を有意義にできる新しい趣味を始めるのも妙案ですが、家族は欲しくても、友人はいらないのが本音ではありませんか?

早朝の仕事に出かける時、仕事から帰ってきた時、何よりも自分で自由に予定を決められる「休日」に、自分の家族がいない寂しさが身に沁みますね。

自分の子どもを作れなかった事実もきついですが、それ以上に仕事から離れた時の自分の存在について考えざるを得ないのが、50代の独身男性の「休日」です。

 

50代独身男性は「病気」の時に寂しい。。。 

男性が寂しさに耐えられなくなるのは、だいたい「病気」の時です。

たとえば入院して心細くなった時に、それまで付き合っていた彼女との結婚を決意するパターンがよくあります。

早ければ孫までいる50代で独身となれば、若者に比べて自分のことを自分でやる覚悟を持っているのは当たり前です。

ですが50代はこれまでの無理が体に出てくる時期で、それでなくても持病を抱えているのが普通となります。

意識が朦朧とした時にも、体が思うように動かない時にも、自宅には自分だけです。

倒れても心配して駆けつけてくれる人がいない恐怖は、この年代にしか分からないでしょう。

そこには若い時のように「自分の子どもが欲しい」という希望ではなく、「誰にも看取られずに旅立つのか・・・」という恐ろしさがあります。

 

50代独身男性が「寂しさ」を解消する方法は?  

52歳の独身男性が「寂しさ」を解消する一番効果的な方法は、「自分の家族を持つこと」です。

女性と愛し合って子どもを作るのは望み薄でも、妻や親戚によって孤独からは解放されますよ。

若い頃に結婚した同年代の人達は、このあたりから熟年離婚がどんどん増えていきます。

若さで盲目になったり、できちゃった婚で結婚したけれど、一緒に暮らしてみれば、どんどんお互いに苦痛になり、子供がいるから我慢してきた夫婦が50代過ぎから離婚へ動くのです。

それを考えれば、ここから結婚に向かうあなたは、若い頃に結婚する人たちよりも相手の気持ちを受け止めてあげられる度量が身についています。

ただボーっと日常生活を送っていても、50代男性には出会いのチャンスは訪れにくいですから、どんどん婚活サービスを活用すべきです。

「オーネットスーペリア」は50代の高齢者向けのマッチングサービスで、真面目な婚活として人気です。

「無料の資料」を請求したり、「アドバイザーに無料相談」を受けてみるといいでしょう。

>>>【オーネット スーペリア公式サイト】

再婚を希望する女性も対象になるシルバー世代の婚活として、豊富な会員数の「オーネットスーペリア」は利用する価値があります。

イベント・パーティーによる自然な出会い、さらには専門のアドバイザーによるお見合いのセッティングなど、様々な手段で婚活を進められます。

公的な書類である「独身証明書の提出」を義務づけているので、「実は既婚者だった!」というオチは皆無です。

スーペリアでは男女ともに「45歳以上」を対象としており、ゆっくり話し合える雰囲気になっています。

>>>【オーネットスーペリアの評判は?】

50代独身男性が「寂しさ」を解消する方法は? まとめ

職場と休日の両方で、神経を削られていく日々から脱却するためには、結婚して人生のパートナーを見つけることが一番効果的でしょう。

結婚相談所として厚い信用がある「オーネットスーペリア」で、余生を一緒に過ごす相手を探してみましょう。

自力で探そうにも家族や友人から紹介してもらうのが難しい年代だから、婚活に特化した有益な情報サービスを利用することが賢明です。

再婚希望や、同じように独身で悩んできた女性と知り合えますよ。

自分が抱えている「寂しさ」を解消することで、ご近所付き合い等の色々な出来事で生きている実感を得られます。

まだまだ頑張れる50代という強みを活かして、「自分のために」もう一度だけ婚活に励んでみるのも悪くないはずです。

>>>【オーネット スーペリア公式サイト】