【うつ病でも彼氏が欲しい女性必見!】無理せずに彼氏ができる3つの方法!

【管理人プロフィール】

28歳女性

28歳女性
うつ病をかかえていては、彼氏は難しいですよね。

モテキングの姉

モテキングの姉
無理せずに、やれることからやってみましょう。 

 

近年、「うつ病」で悩んでいる女性が、かなり多くなってきています。

特に最近は、景気がいいと言いながら、一般社員の収入は上がらない方も多くいますし、労働環境もよくない会社もまだまだ多いです。

さらには人間関係も複雑化し、SNSの普及により人と常に連絡が取れてしまうため、自分一人でゆっくりする機会も減りました。

そんな様々な要因から「うつ病」になってしまいます。

しかしできればほんとは、普通に恋愛したり結婚したりしたいものですよね。

この記事では【うつ病でも彼氏が欲しい女性】のために、どんな方法があるのかを紹介していきます。

「うつ病」をかかえていても、比較的気軽に取り組める「恋活」として、「恋愛マッチングアプリ」があります。

>>>【恋愛マッチングアプリとは?】

彼氏が欲しくても「うつ病」だと。。。

「自分でも関係を築くのが心配」

「うつ病」の方の悩みで多いのが、「自分自身が人間関係の負担に耐えられるのか」というものです。

これは仕事などでも同様ですが、社会復帰したくても、また責任の重い仕事だとうつ病が深刻になってしまうかもしれない、うまく周りとやっていけないかもしれない、と抱え込んでしまうのです。

もともと責任感が強かったり、気を使うタイプの方が「うつ病」になることが多いです。

彼氏を作ろうにも、彼氏に対して責任感を持ちすぎてしまいます。

「相手のストレスを増やしてしまうかも」と心配になって、なかなか自分から踏み込めなかったりします。

「好きになってもらえない」

自身が「うつ病」という自覚のある方は、自分をダメな人間だと過小評価しがちです。

実は普通に仕事の能力も高くて、友人関係も築けるタイプなのに、一度うつ病を自覚してしまうと、どこか変だと思われていないか心配になってしまいます。

そこから好きな人や気になる男性ができても、自分の様子がおかしくて好きになってもらえないのではないか、と悩んでしまい恋愛に前向きになれないことが多いです。




「偏見で見られそう」

付き合う相手には、嘘をつきたくないと思うのは普通の事でしょう。

またきちんとした関係を築くためにも、「うつ病」である事実は、深い関係を想定するからこそ打ち明けようと思うものです。

しかし「うつ病」と聞いて変に心配されたり、気を使われたりするのもそれはそれで気が重いのです。

相手にとっては自分自身がどういう人間かということよりも、「うつ病」であるということの方がイメージの大部分を占め、そのせいでうつ病というフィルターを通じてでしか見てもらえないと悩んでしまうでしょう。

自分自身と病気をきちんと分けて考えてくれる人に出会えるのか、その段階でつまずいてしまうことも多いです。

「うつ病」でも彼氏ができる3つの方法

さて、それでは「うつ病」だと彼氏ができないかというと、決してそんなことはありません。

「うつ病」をかかえながらも、恋愛をしている女性はたくさんいます。

ここでは「うつ病」をかかえていても、彼氏ができる「3つの方法」を提案していきます。

「同じ悩みを持つ男性と知り合う」

「うつ病」を抱える人にとって最も打ち解けやすい男性は、同じくうつ病だったり、過去にうつ病になりかけたことがある人です。

なんらかの精神的なストレスからくる休職や、通院を経験したことのある男性ではないでしょうか。

そうした男性は、なかなか周囲に悩みを打ち明けづらいために、インターネット上の相談掲示板や、社会的な支援制度を利用することもしばしばあります。

そんな中で出会いやすいのが、SNSなどでの「うつ病」のコミュニティでしょう。

そこでは、友人や会社の人に言えない悩みを相談したり励ましたりすることができるため、自身も安心して利用できます。

そしてネット上で親しくなったうえで会うことができれば、交際に発展する可能性もあります。

「話しやすい男性に相談してみる」

身近な人から「うつ病」を理由に変な目で見られたり、気を使われたりするのは嫌ですよね。

しかし中には理解してくれる男性もいるものですし、身近に理解してくれる男性がいればとても心強いです。

そこでまずは話しやすい男性に「うつ病」であることを打ち明け、相手の反応を観ることも大切です。

元々親しい相手であれば、心配こそすれ否定するようなことはないです。

その上で、それとなく彼氏を作りたいと思っていることを伝えて、協力してもらうのがよいでしょう。

世の中の交際相手は、身近な人の紹介で見つかることも多いですから、やんわりと協力してもらいましょう。




「ネットを活用する」

ネットを利用したマッチングアプリでの交際率、結婚率は年々上昇しています。

まだ会ったことのない人と連絡を取り合ったり、会って会話をしたりすることはなかなか疲れることとは思いますが、好みの相手を探すという点ではかなり効率的です。

お互いに「会いたい」とならない限り、スマホ上だけのやりとりで完結しますから、気持ち的にも楽なはずです。

マッチングアプリには「コミュニティ」という項目が多数ありますから、自分と似たような境遇の人を探すことも可能です。

「うつ病経験のある人」のコミュニティなどに入れば、同じ悩みを理解し合える男性を探すこともできます。

「コミュニティ」機能があって、国内で会員数がもっとも多い「ペアーズ」が取り組みやすいです。

>>>【ペアーズ無料会員登録】

「うつ病」だけど彼氏が欲しいならこの方法 まとめ

まずは日常で、出会いを増やすことが基本となります。

ですが現代では、仕事や友人など固定の人間関係があまり変わらなかったり、関係が希薄なままだったり、なかなか親しくなるきっかけが難しいでしょう。

ただ、信用できる人に「うつ病」を打ち明けて理解してもらったり、または同じくうつ病の経験がある人と親しくなったり、自分を楽にしつつ人とのつながりを持つ方法はあります。

友人に頼ったり、どこかのコミュニティに属してみたり、無理のない範囲で交友関係を増やしていくのが第一歩でしょう。

>>>【ペアーズの評判は?】