【里帰りしたくない30代前半の独身男性必見!】堂々と帰るにはどうしたらいいの?

自分の出身地を離れて生活している30代前半の独身男性にとって、毎年やってくる避けにくいイベントとして「里帰り」があると思います。

地元が遠い人も近い人も、「里帰り」がおっくうに感じる時があるのではないでしょうか。

久々に親と会って、懐かしむ気持ちもあるものの、兄弟や親戚一同と会すると、普段同年代や都会暮らしの人との会話では、しないような話題がぞくぞくと出てきますよね。

世代間のギャップや、「都市と地方の価値観の違い」に直面することと思います。

とくにまだ「独身」であることを突っ込まれると、面倒くさいと感じるかたは多いのではないでしょうか。

この記事では【里帰りしたくない30代前半の独身男性】が、「堂々と地元に帰るにはどうしたらいいのか」という悩みにお答えします。

30代前半の独身男性が「里帰りしたくない理由」とは?

「兄弟姉妹と比べられる」

親や兄弟とそりが合わないという方は、里帰りが本当に面倒なことと思います。

また家族で仲が良く、親も理解があるタイプでも、親戚が全員そうとは限りません。

その場合、厄介に感じることとして「兄弟姉妹と比べられる」ということがあると思います。

子供の頃であれば、例え勉強が苦手でも、スポーツが得意なら、むしろ褒めてくれる親戚もいたことでしょう。

しかし、こと仕事や結婚となるとそうはいかないのが現実です。

自分の兄弟姉妹が結婚していて、自分だけが未婚の場合、どうしても口うるさく言われるのが「お前もそろそろいい人がいないのか」でしょう。

この問いかけの「気にさわる部分」は、やはり自分でも少しは焦ったり心配に思ったりしていることを、無神経に指摘されることにあります。

「今まで意識していなかったがために婚期を逃している」とでも言いたげに、諭すようにせかしてくる点もイラッとする部分です。

親や親戚は、自身の結婚年齢や、他の兄弟の年齢を物差しにしており、さらに身内という距離の近さから、デリケートな話題であってもズカズカと踏み込む性質があります。

苦笑いしてやり過ごすしかなく、それを思うと無力感で疲れてしまいますね。

「友人がほとんど結婚している」

30代前半にさしかかると、地元の友人たちも、特に地方であれば既婚率はぐっとあがることでしょう。

子供の話題やマイホームの話題、ローンや保険に関する情報交換など、話題は「次のフェーズ」という感じで、自分が会社で未婚者と話題にするものとの違いに驚きますよね。

そして、堂々と先輩風をふかすかのように、諭すように結婚についての話題を振ってくる友人もいます。

少し気を使いながら、みんなが一通り子供や奥さんの近況を話し終えた後で、自分にだけ仕事の話題に転換してくれる、という気遣いも一抹の寂しさがあります。

「未婚」が悪いことでもないのに、なぜか申し訳ない気持ちになるため里帰りが億劫になってしまいます。

30代前半の独身男性が「堂々と里帰りする」ためには?

里帰りの度に気を使ったり、怒りを我慢したりと、この先も続けて行くと考えると気が滅入りますよね。

できれば焦りも憤りも感じず、家族や友人たちとの再会を楽しみたいと、誰もが思うことでしょう。

そこで、堂々と里帰りするにはどうすればいいのかご紹介します。

仕事に夢中であることを伝える

世の中には、自分の思った通りのタイミングで、人生を積み重ねられる人もいれば、そうでない人もいます。

また、多くは年齢や周囲の雰囲気に合わせて、「なんとなく」で節目を作る人もいます。

そのため、例えば結婚に興味がない人などは、家族や親戚から理解されることが難しいという壁にぶち当たるでしょう。

しかし、家族の場合は根底にあるのは、「子供への心配」という親心です。

そのため、家族に対して今は仕事が充実して楽しいということが伝われば、ひとまず心配する必要がないと分かり、面倒な話題を振ってくることが減るかもしれません。

いや、減らしてもらうためにキチンと伝えましょう。

そして分かってもらえないなら、里帰りしないと。

また全ての人が、仕事が充実しているとも限りません。

その場合は、自分でも結婚を含め将来の事を考えているが、それに口出しされることを望んでいないときっぱりと伝えましょう

親はいつまでたっても、息子が子供だと思っているふしがあるため、自分が言わないといけないと思い込んでいます。

そうした気遣いはもう不要であること、むしろ不快であることを言葉で伝えることでやめてくれるかもしれません。

婚活をする

自分自身も結婚を考えている男性であれば、やはり「婚活」をすることが一番でしょう。

うまくいけば、里帰りへの気持ちが変わるのはもちろんですが、何よりいいお相手と結婚出来れば自分が一番嬉しいですよね。

婚活方法も今では「結婚相談所」だけでなく、「婚活サイト」も多様化し、趣味や共通点に重きを置いた婚活も多くみられます。

自分に合った方法を選ぶことで、しっかりと新しい出会いに結び付く可能性も高いので、一度試してみることをおすすめします。

➤➤➤【最新版】「婚活サイト」人気ランキング!

 

30代前半の独身男性が「堂々と里帰りする」には? まとめ

やはり「30代前半の独身男性」ともなれば、里帰りの面倒ごとは、「結婚」の話題が大半を占めるでしょう。

結婚に興味のない男性にとっては、価値観の違う両親や親戚に、それを理解してもらうのはなかなか大変なことでしょう。

しかしあまり避け続けていると、修復できないことがあるので、一度話し合っておくことも大事です。

それでも分かってくれない親(毒親)もいますから、その時は心苦しいですが、しばらく離れる事も決して悪い事ではないです。

親も分かってくれて、焦らなくてよくなったら、じっくりと「婚活」を始めるといいですね。

今は婚活も多様化しているため、自分に合ったものを探すところから始めるといいでしょう。

➤➤➤【最新版】「結婚相談所」ランキング!

 

 

 

 

 

あなたに最適な結婚相談所あります!

出会いは衝動から生まれる!