【発達障害だと恋愛できない?】ADHDだけど恋愛したい20代男性はどうすべき?

茂手泰三

茂手泰三
私の弟が発達障害のADHDなんですけど、なかなか恋愛ができないみたいで。。。
モテキング

モテキング
症状に個人差も大きいので、自分なりの対処法も身につけたほうがいいですね。 

「発達障害」の一種であるADHD(注意欠陥・多動性障害)をかかえて生活されている方は、他人に理解されにくく、大変な日々を送っているかたも多いのではないでしょうか。

注意しているはずなのに、なぜか忘れてしまう・・・。

メモを取っているのに、その通りに行動できない・・・。

自分と他人の感覚が、あまりに一致しないのはツラいですよね。

茂手泰三

茂手泰三
子供の頃は気づかず、大人になってから発達障害だと分かる人が増えていますよね。

とは言え、発達障害の20代男性にも「恋愛をする権利」は当然あります。

ADHDだからとあきらめずに、ありのままの自分を愛してくれる女性を探しに動き出しましょう。

ただ恋愛は、相手に自分を理解してもらう必要があるので、まずは自分自身を客観的に見つめ直すことから始めましょう。

この記事では【発達障害(ADHD)で恋愛できない20代男性】が、今後「恋愛したいのならどうすればいいのか」という悩みにお答えしていきます。

とりあえず細かいことはいいから、すぐに行動してみたい!」という方はこちら↓

➤➤➤【最新版】恋愛マッチングアプリランキング!

発達障害(ADHD)の20代男性は「日常」もツラい。。。 

発達障害(ADHD)をかかえる男性は、「日常」でさえ、他の20代の男性に比べて、何かとツラいのではないでしょうか。

若い間にやりたいことが色々あるのに、友人と一緒に遊んでいてもなぜか上手くいかない。

そんなつもりがないのに、家族や友人との約束をすっぽかす、あるいは大事なことを忘れて困ったなど。

発達障害の一種である「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」は、まだまだ社会で認知されきれておらず、そのせいで周囲から誤解されることもしばしばですよね。

本当ならゆっくりできるはずの「日常」で、常に緊張を強いられるので、いつも疲れているような感覚にもおそわれます。

茂手泰三

茂手泰三
地元にずっといると、知人に会いやすいですしね。。。

過去のあなたを知っている人たちが近くにいる環境では、ちょっと出会いがあっても、なかなか恋愛に発展しないのではないでしょうか。

そんな場合は、「となりの市や県の人」との出会いがあったら、可能性が生まれますよね。

多少抵抗はあっても、スマホやパソコンを使った「恋愛マッチングアプリ」であれば、出会える地域を自由に選択することができます。

➤➤➤【最新版】恋愛マッチングアプリランキング!

発達障害(ADHD)の20代男性は「仕事」もツラい。。。  

基本的にはミスが許されない前提の「仕事」は、「ADHD」の方がとても苦労することの1つです。

例えば、スーパー店員であれば、届けられた品物の検品と品出し、レジ打ちなどの色々な作業を手際よく行わなければいけません。

一般の人よりもハンデを抱えている状態で、それだけの「仕事」をやれているとしたら、とても素晴らしいことです。

ましてや注意力を失いやすい「ADHD」をかかえているのであれば、普通に物事をやれる人には想像すらできない苦労がありますよね。

茂手泰三

茂手泰三
弟は、何もトラブルが起きない日がないようです。。。

発達障害(ADHD)の20代男性は「恋愛経験」も。。。 

学生時代から「恋愛経験」にとぼしいことも、発達障害「ADHD」の男性によくある悩みです。

ただ、同年代の女性と親しく接した経験がない男性は、障害がない男性でも意外に多くいたりします。

そもそも、「恋愛」はお互いが合意して付き合うことであって、スポーツの試合や学校の試験とは違います。

ただ「恋愛」は多くの人に認めてもらう必要はありません。

たった1人の相手女性が認めてくれれば、ただそれだけで良いのです。

恋愛経験」などは関係なく、「今のあなたの状況」に寄り添ってくれる女性を見つけることができるかどうかです。

親も少しは安心させたいが。。。 

親を安心させたい」という気持ちも、大なり小なりあるのではないでしょうか。

是非とも、「恋愛している女性を両親に紹介する」ということを叶えて欲しいと思います。

育ててくれたご両親も、いつまでも健在というわけではないので、思い立った時に動くのがいいでしょう。

恋愛相手を探すのには、それなりの時間と手間がかかります。

経験不足も考慮すると、出来れば失敗を恐れず、何人にでもアプローチしたほうが成功につながりやすいです。

➤➤➤【ペアーズ無料会員登録】

発達障害(ADHD)でも恋愛できる方法はあるの? 

発達障害「ADHD」をかかえていても、あなたを受け入れてくれる女性は必ずいます。

具体的な方法としては、とにかく「女性と接する機会を増やすこと」です。

変化が大きい環境は、発達障害(ADHD)の方には負担が大きいですよね。

ですので、よく知っている場所でのコミュニケーション、もしくは親しい人から紹介してもらうことも検討してみましょう。

ただ学生時代に「女性と縁がないグループ」にいた場合は、紹介してもらうのが難しくなります。

人に頼むのが厳しければ、スマホを使った恋愛マッチングアプリで、あなたと同じペースで歩いてくれる女性を探してみましょう。

国内の恋愛マッチングアプリのなかで、もっとも会員数が多い「ペアーズ」の利用が一番安心です。

ペアーズには、「あまり恋愛が得意ではない女性」も多く登録しているので、自分と相性が良いタイプが見つかる可能性が高いです。

➤➤➤【ペアーズ無料会員登録】

発達障害の20代男性は恋愛できない? まとめ

発達障害「ADHD」をかかえていても、ネットやSNSが普及してからは、恋愛のチャンスが格段に増えていますから、絶対にあきらめるべきではありません。

茂手泰三

茂手泰三
スマホは恋愛のおおきな武器です!

とくにあなたの周りが固定した人間関係になっていて、新しい出会いが期待できない場合は、「恋愛マッチングアプリ」を利用するのがおすすめです。

自分の希望条件」で検索すれば、すぐに相性が良い女性が表示されます。

20代は周囲で「結婚した」という報告を、よく耳にする年齢だけに、「愛し合える女性が欲しい」と考えるのは当然の心理です。

ペアーズ」などの恋愛マッチングアプリでは、お互いにプロフィールを確認しあうことから始まります。

メッセージで会話する段階から入るので、いきなり対応に困る状況が発生することはありません。

茂手泰三

茂手泰三
まずはゆっくりと、お互いの悩みや希望を話し合うのがおすすめです。

➤➤➤【ペアーズ無料会員登録】

 

スマホアプリで、日常や仕事では知り合えない、発達障害のあなたを受け入れてくれる女性を探してみましょう。

➤➤➤【最新版】恋愛マッチングアプリランキング!