【寂しいと感じる60代独身男性必見!】「寂しさ」を解消する方法とは?

茂手泰三

茂手泰三
はじめまして。管理人の茂手泰三(もてたいぞう)です。あらゆる結婚の悩みを「モテキング」にぶつけていきます!

茂手泰三

茂手泰三
私のおじが60代独身なんですけど、最近すごく寂しいようなんです。。。
モテキング

モテキング
寂しさを解消したいなら、多少は行動する必要がありますね。 

学生時代を終えてから、ひたすらに目の前の仕事に打ち込んできて、もう60代。。。

気づけば、「のこりの人生をどう使うのか?」という時期になったのは、若者だった時には考えてもいなかった悲哀ですよね。

定年を延長してまで働いている世代として、「残された時間と体力をどう使うのか?」を改めて考えてみましょう。

やはり新しいパートナーを必要とするなら、60代はラストチャンスです。

ただ婚活するとしても、「60代の自分は浮いてしまうんじゃないか」と感じている方も多いようです。

でもそんな方へおすすめしたいのが、中高年専用の結婚相談所が「オーネットスーぺリア」です。

中高年専用」というだけあって、入会資格が45歳以上となっています。

利用料金のほうも、入会金3万円・月会費1万円と「結婚相談所」としてはかなりの低料金です。

「オーネットスーペリア」では、結婚というカタチにはこだわらない同世代でのパートナー探し」を提案しています。

ほんの小さな「行動」がキッカケで、思いもよらない「すてきな出会い」が生まれるものです!

ぜひ資料請求してみてくださいね。(メールか郵送が選べます)

➤➤➤【オーネットスーペリア資料請求】

 

最終的な結論をどうするのかは別として、人生の総決算として過去から思い返してみましょう。

この記事では【寂しいと感じている60代独身男性】ための、「寂しさを解消する方法」をご紹介していきます。

60代独身男性は「職場」で寂しい。。。  

老後の生活費のために、定年延長をしてまで働くしかない世代の独身男性は、なぜか「職場」で働いている時のあつかいが悪かったりしませんか?

与えられた仕事をこなして、周囲からの評価こそ平均値をキープしていても、自分の家庭がないことから、同年代の既婚者たちの会話にもちょっとかみ合わなかったり。

若い社員とはそもそも接点すらなく、たまに聞こえてくる合コンの話や、付き合っている恋人や家族に関する話にイライラさせられるのが関の山ですよね。

もう仕事に打ち込んで、出世する年齢でもなく、何のために頑張ったら良いのか・・・

少なくとも、その生き甲斐は「職場」にはないし、今後も見つからないでしょう。

長い期間を「職場」で過ごしたことから、あなた自身もその事実を十分に理解しているのではないでしょうか。

60代独身男性は「ご近所付き合い」が寂しい。。。  

仕事に打ち込んでいる間は、まだ「寂しさ」を忘れられます。

しかし会社を離れてからのプライベートな時間の「ご近所付き合い」で、60代の独身男性は周囲から腫れ物あつかいされてませんか?

世の中には、「家族を養っていない男性には何か異常がある」という偏見が、まだまだ多い上に、暇を持て余した主婦たちはゴシップのネタに飢えています。

ご近所から距離を置かれているのはまだマシな方で、陰である事ない事を噂されているケースが珍しくありません。

そこまで「ご近所付き合い」が悪化していない場合でも、60代の独身男性はいてもいなくても変わらない空気のような存在です。

たまに心配してくれる善良な人もいるにはいます。

でもほとんどの人は、「ちょっと手伝っただけで、なし崩しに普段の家事や介護まで押し付けられたらどうしよう・・・」と考えているのが見え見えです。

60代独身男性は「休日」が寂しい。。。 

ようやく週末まで乗り切って、いざ「休日」を迎えても、60代の独身男性に待っているのはやはり「寂しさ」。

1人でできる楽しみは、だいたい経験済みで、ぼーっと新聞やテレビを眺めながら、時間が過ぎるのを待つだけ。

高齢者である60代の男性でも、子どもや孫がいれば、その成長を見守ることや、人生相談にのるというイベントがあります。

「若い時に何としてでも結婚(または再婚)していれば、今ごろは。。。」と後悔しても、時間は戻りません。

ともあれ、ご近所の子どもとも触れ合えないのは、つらいものですね。

高齢の独身男性は、世間的に「何を考えているのか分からない」と見なされがち。

よく晴れた「休日」だからと近所の公園に行っても、家族連れに占領された公共施設の様子を見て、居場所がないことから、きびすを返してそのまま帰るしかないのが現実です。

60代独身男性は「病気」の時に寂しい。。。 

60代独身男性にとって切実な問題が、「病気」になった時です。

もう人生の最期も意識しはじめる60代では、短期入院を繰り返すことが珍しくありません。

保証人や着替えなどの世話を頼める親族がおらず、心細いまま入退院をするのは、とても嫌なものです。

あまり考えたくない話ですが、ガンのように命に関わる病気も出てくる時期となります。

社会的な信用と経済力がある家族や親戚がいないと、簡単な手術による入院すらままなりません。

持病と付き合っていくことから逃れられない高齢者には、「病気の時の寂しさ」に耐えるための家族が必要です。

まだ思考力と体力に余裕がある60代にこそ、結婚(または再婚)について再検討しましょう。

精神的に弱っている状態では、衰えていく肉体を支えられないので、寂しさを感じた時にこれからの日々を変えるのが得策です。

60代独身男性が「寂しさ」を解消する方法は?  

変わり映えがしない毎日では、ただ老いて朽ちていくだけです。

1人でいることに「寂しさ」があるのならば、その解決方法は「パートナーを見つけること」です。

結婚相手ではなく、「パートナー」です。

60代という年齢ともなれば、「結婚」というカタチにこだわらないほうがうまくいく場合もあります。

家族には色々な形があり、60代の男性であっても充分に幸せになれます。

ただ今の現状から、自力でお相手とめぐり合うのはなかなか難しいのではないでしょうか。

やはりその道のプロフェッショナルに頼るのが効率的です。

オーネットスーペリア」という、「人生のパートナー探しサービス」をチェックしてみてください。

もともとCMでもよく見かける婚活業者ですから、安心して利用できます。

公的な身分証明書などの提出が必須なので、実際に会う前に身元の確認を行うことが可能です。

「この年で、自分のツテでお見合いをセッティングしてもらうのは難しい・・・」とあきらめていた男性にも新たな道が開けます。

➤➤➤【オーネットスーペリア資料請求】

60代独身男性が「寂しさ」を解消する方法は? まとめ

60代の独身男性の寂しさ」は、お互いに支え合うに値する「パートナー」を見つけることで解消できます。

職場では、もう退職までのカウントダウンに入っていて、ご近所付き合いは出会った時の挨拶がせいぜいの状態では、もはや結婚に結びつく自然な出会いはありません。

シルバー世代に特化したオーネットスーペリアは、「もう高齢者だから・・・」と卑屈にならずにのびのびと婚活ができる場です。

利用料金のほうも、入会金3万円・月会費1万円と「結婚相談所」としてはかなりの低料金です。

同じ年代の女性と話すだけでも、いい気晴らしになるので、自分とは違う人生を歩んできた方たちとぜひ交流してみましょう。

➤➤➤【オーネットスーペリア資料請求】

 

しかしなかには、「オーネットスーペリアの料金でもちょっと厳しいなあ」という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方にチェックしていただきたいのが、ここ3年ほどで会員数が激増しているスマリッジ」という結婚相談所です。

2020年3月時点で、会員数52,000人業界第2位の紹介可能人数です!

➤➤➤スマリッジの口コミ・評判は?

 

結婚相談所にもかかわらず、初期費用が登録料6,000円月会費9,000円のみ。(税抜)

その後は、月会費のみで活動できます。

お見合い料」「成婚料」などの追加料金も一切なしです。

しかも婚活アドバイザーによる、「お相手の紹介」「お見合いの日程調整」「さまざまな悩み」へのサポートがあります。

さらに3ヶ月以内に出会えなかった場合に、支払ったお金が返金される「全額返金保証制度」もあります!

つまり実質リスクなし婚活できるので、ぜひチャレンジしていただきたいです!

➤➤➤【スマリッジ公式サイトへ】