30代前半

【30代前半男性の婚活は厳しい?】結婚が厳しい3つ理由とその打開策を大公開!

この記事を書いた人

モテキング【婚活キング】27歳で結婚するも6年半で離婚。バツイチから某結婚相談所にて再婚。そこの担当者の仕事ぶりに感動。婚活相談に目覚める。 

茂手泰三
茂手泰三
いや~、僕もう30歳過ぎちゃってるんですけど、結婚するのって厳しいんですかね?

婚活キング
婚活キング
男女ともに結婚する年齢がどんどん遅れていってはいるものの、じつはそれなりに厳しいかも。。。

最近では、結婚する年齢がどんどん「晩婚化」しています。

ですから、30歳前半なら「まだまだ大丈夫」と考える男性も多いことでしょう。

茂手泰三
茂手泰三
大丈夫じゃないんですか。。。

晩婚化していることは事実ですが、他の男性も同じように考えているわけです。

つまりいざ結婚しようというときに、結婚相手の取り合いになるということも充分に考えられます。

というわけで、やはり30歳を過ぎたら、男性でも早め早めの婚活をするのが無難です。

しかしマッチングアプリや婚活パーティーでは、なかなか結婚につながる出会いは難しかったりしますよね。。。

かと言って、結婚相談所は高額でとても手が出ないイメージでしょう。

しかし近年、結婚相談所もオンライン完結型が登場し、月額1万円以下で利用できるところが増えています。

中でもおすすめなのが、2020年7月時点で会員数52,000人と業界第2位の紹介可能人数のスマリッジです!

スマリッジが注目されている理由は他にもあります。

➤➤➤スマリッジの評判は?

 

スマリッジが注目を浴びている一番の理由は、業界最安の料金とそれにそぐわぬ高サポートです!

結婚相談所にもかかわらず、利用料金が登録料6,000円と月会費9,000円のみ。(税抜)

「お見合い料」「成婚料」などの追加料金も一切なしです!

➤➤➤スマリッジの料金は?

しかも婚活アドバイザーによる、「お相手の紹介」「お見合いの日程調整」へのサポートがあります。

さらに3ヶ月以内に出会えなかった場合に、支払ったお金が返金される「全額返金保証制度」もあります!

つまり実質リスクなしで婚活できるので、安心して試すことができます。

 

「いや~、30代前半ならあわてなくていいでしょ~。」という男性もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では【30代前半男性がいざ結婚しようという時に厳しくなる3つの理由】についてご紹介していきます!

30代前半男性の婚活が厳しい理由 その1

30代前半男性は仕事が忙しい!

女性から見て、男性が仕事に忙しいことは決して悪いことではありません。

世の中には働こうとしない男性や、働きはじめてもすぐに辞めてしまう男性がけっこういるものです。

それに比べれば、仕事が忙しいということは、ある意味ほめてあげるべきことです。

建前はそうですが、実際に交際してあまりにも男性の仕事の都合で会えないと、それが原因でうまくいかずに別れてしまうことは多いですよね。

30代前半男性にしてみれば、20代に一生懸命に経験を積み上げてきたおかげで、やりがいのある仕事をどんどん任され始めて仕事が面白い時期でもあります。

20代で所属する会社で我慢してきて、30歳になって思い切って独立・起業に踏み切りたくなる男性も多いです。

すると、どんどん結婚は後回しになるわけです。

なんとか片手間で婚活アプリに登録するけど、ほとんどさわってなかったりしていきます。

スポーツクラブに入会したけど、「もう半年間も通ってないわ」という男性はけっこう多いです。(笑)

「30代前半はまだまだぜんぜん若いし大丈夫!」と思っていたら、あっという間にアラフォーが近づいてきます。

30代前半男性の婚活が厳しい理由 その2

30代前半男性は経済力に差がある

やはりいつの時代も、女性は「経済的な安定」を重視する傾向が男性よりも強いものです。

ちょっと厳しいですが具体的に数字を上げていきますと、結婚を考えている女性の半数が男性に対して出来れば「年収500万円以上」を求めています。

実際には男性の人間性によって、年収は妥協してくれているのが現実ですが、本心としては500万円以上を望んでいるわけです。。。

日本の平均的な家族生活のレベルで、お金のやり繰りで四苦八苦しなくて済むには、「年収500万円は欲しい」というのはあながちズレてはいないと思います。

しかし現実には、日本の30代前半男性の平均年収は400万円ぐらいですし、一昔前ほどそこから給料は増えません。

そこも女性はシビアに見越していて、30代前半の時点で500万円以上という男性に魅力を感じるのでしょう。

ただこれはあくまでも女性の理想の話です。

かなり女性によって個人差はあるでしょう。

年収は500万円に足りなくても、浮気をしない誠実さがあるとか、病気をしない健康な体があればカバーできるかもしれません。(笑)

30代前半男性の婚活が厳しい理由 その3

30代前半男性はライバルが一番多い!

国の調査では、日本の20代後半男性の結婚率は3割なのに対して、これが30代前半となると一気に5割以上にまで伸びています。

やはりこの年齢になると、やたらと友人や会社の同僚の結婚式も増えてきますよね。

おのずと誰しもが、「何か見えない圧力」に押されて結婚を考えるようになるものです。(笑)

30代前半男性としては、同じ年代に結婚したい男性が一気に増えます。

女性としては、よりどりみどりですが、男性陣は厳しい戦いをしいられます。

その中から、少しでも年収や将来性が高い男性が選ばれます。

30代前半男性は、決して婚活するには楽な時期ではないということが分かります。。。

30代前半男性の婚活が厳しい理由とその打開策 まとめ

いくら30代前半男性の婚活が厳しいといっても、そのまま何もせずに歳を重ねればさらに厳しくなることは言うまでもありません。

仕事が忙しいことは責めれませんが、出会いを意識することは忘れない方がいいでしょう。

すでにお相手がいるなら、結婚までの道筋をある程度は女性に伝えておきましょう。

「あいつは待ってくれるから」とたかをくくっていると、ある日突然別れを告げられます。

経済力に関しては、いまの仕事が気に入っているならさほど気にしなくていいでしょう。

女性もあなたに仕事を変えさせてまで、高い年収を求めているわけではありません。

あくまでも、「出来ればお金は多いに越したことはないよね」という女性がほとんどです。

ただし現時点で、お相手がいない場合は少しずつでもいいので動き出すことをおすすめします。

やはり思い切った打開策として提案したいのは「結婚相談所」です。

この数年で、高額な結婚相談所の時代は去り、低料金のオンライン完結型の結婚相談所が増えています。

今もっとも注目を集めているオンライン結婚相談所がスマリッジです。

スマリッジが注目を浴びている一番の理由は、業界最安の料金とそれにそぐわぬ高サポートです。

結婚相談所にもかかわらず、利用料金が登録料6,000円と月会費9,000円のみ。(税抜)

➤➤➤スマリッジの料金は?

 

「お見合い料」「成婚料」などの追加料金も一切なしです。

しかも婚活アドバイザーによる、「お相手の紹介」「お見合いの日程調整」「さまざまな悩み」へのサポートがあります。

3ヶ月以内に出会えなかった場合に、支払ったお金が返金される全額返金保証もついています!

つまり実質リスクなしで婚活できるので、安心して試すことができますよ!

 

あのペアーズの結婚相談所が神キャンペーンを開催!今だけ!

ペアーズエンゲージでは、2021年5月17日よりサービス提供エリアが全国に拡大!

それに先立ち、新規エリアで5月16日までに事前登録すると、

・入会金無料! 12,000円⇒ 0円!

・月会費が半額! 12,000円⇒6,000円に!(税込)

しかも退会するまで月会費は6,000円のまま。

事前登録対象の新規エリアは以下の通りです。

【北海道】北海道

【東北】宮城県 / 福島県 / 青森県 / 山形県 / 秋田県 / 岩手県

【関東】茨城県 / 栃木県 / 群馬県

【中部】新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県

【中国】岡山県 / 広島県 / 鳥取県 / 島根県 / 山口県

【四国】香川県 / 徳島県 / 愛媛県 / 高知県

【九州・沖縄】福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

もしあなたが、上の新規エリアに該当していたら超ラッキー!

ペアーズエンゲージに限らず、結婚相談所を毎月6,000円のみで利用できるなんて前例がありません!

ペアーズエンゲージ公式サイトはこちら

※3か月間でマッチングしなかった場合でも、全額返金保証あるので安心!あとはあなたの行動だけですね。