【結婚相談所でも結婚できないあたし。。。】そんな女性は何がダメなの?

36歳女性

36歳女性
結婚相談所を利用しているのに結婚できる気がしません。。。
モテキングの姉

モテキングの姉
ダメなところがないかチェックしていきましょう。 

結婚相談所と言えばけっこう費用がかかるので、かなりの確率で結婚できるのだろうと思って入会するのではないでしょうか。

しかしどんなに手厚いサポートがある結婚相談所を利用しても、肝心のあなたの言動に問題がある場合、いいお相手と成婚することは難しくなります。

とはいえ、自分自身ではなかなか修正すべき点というのは分からないものですよね。

そこでこの記事では【結婚相談所でも結婚できない女性は何がダメなのか?】を検証していきます!

そもそも選んだ結婚相談所が、あなたに合っていないということもあります。

最新の結婚相談所ランキング」を作成しましたので、よろしければ参考にしていただければと思います!

 

「結婚相談所でも結婚できない女性のダメなところ」

「男性への条件にこだわりすぎ」

まずは結婚相談所に入会した時点で、あなたが理想とする男性像を伝えることは大切です。

年齢・年収・学歴・職業など希望を素直にあげるべきでしょう。

しかし3ヶ月以上たっても、一向に理想のお相手が出てこないのであれば、その理想を少しずつ変化させていく必要があります。

もちろん相手のことを受け付けないほど妥協することはないですが、最初に決めた理想像に固執しすぎるのはおすすめ出来ません。

「アドバイスを聞かない」

結婚相談所のメリットの一つは、婚活アドバイザーさんの存在ですよね。

時には厳しいアドバイスをうけることだってあるでしょう。

しかしそれはあなたの事をおとしめたい、といったマイナスの感情では決してありません。

あなたの婚活がうまくいくように、あなたの良くないところをきちんと教えて素敵な人を選んでもらうためのサポートの一つです。

それを素直に聞かないで、意地を張っていると出会いが増えず何も成長しません。

何も成長しないということは、今まで結婚ができなかった自分と何も変わりません。

自分では気づくことができなかったところなどは、素直に受け入れたほうがぐっと成婚の可能性が高くなります。

「結婚相談所で男性が苦手とする女性は?」

「ブランド品を身につけすぎの女性」

特に「これはブランドです!」とわかりやすいものなどは、たいていの人は嫌悪感を覚えます。

お付き合いすることと結婚することの大きな差は、「生活を共にすること」「家族として家計を一つにしてともに助け合うこと」ですよね。

その中で「お金がかかりそうな女性」というのは、将来的に苦労しそうだなと思われる可能性が高いです。

「笑わない女性」

もしかしたら緊張して上手く笑えない、なんてこともあるかもしれません。

でもどうしても、笑わない=自分といても楽しくないのかな、と判断されてしまいがちです。

あなたの容姿がどんなに好みでも「多分この人は自分に興味ないんだろうなあ」なんて思って交際を遠慮されてしまうかもしれません。

緊張でどうしても笑顔が出なかった、でも楽しかったんだよなあ、という場合は勇気を振り絞って「緊張して上手く笑えなかったんですが楽しかったです!」と伝えましょう。

「愚痴や不満が多い女性」

ある程度仲が良い関係でも、愚痴や不満ばかり言われると疲れることがありませんか?

結婚とは新しい家族を作る行為です。

家族とは、友人などより一緒にいる時間が長く生活を共にする存在です。

感情というものは不思議なもので、一緒にいる人に左右される部分がおおいにあります。

あなたがマイナスなことを言ってばかりだと、相手の気持ちもマイナスに向かい、あなたと一緒にいてもプラスな感情を抱いてくれない可能性が高くなります。

「結婚相談所でうまくいくための方法とは?」

「相手の外見より内面を見る」

当たり前かもしれませんが、外見より内面を見ていくことが幸せな結婚生活をつかむために重要なことです。

もちろん最低限の清潔感などは大事になりますが、好みじゃない、イケメンじゃないからといって最初から拒んでしまっていたなら変えてみましょう。

「どうしてもイケメンがいい」という場合は、最初から容姿で相手を選ぶことができるマッチングアプリなどに登録したほうがいいかもしれません。

もちろん結婚相談所よりも、本気度が低い男性のほうが多くはなってしまいます。。。

今はきらきらとしている容姿でも、年齢を重ねるごとにほとんどの人は劣化していきます。

そうした時に、内面が合わない人と一緒に過ごし続けることは可能でしょうか?

ですのでよっぽどNGでない限りは、アドバイザーの方があなたに合う!と思って選んでくれた方なので会ってみてくださいね。

話が盛り上がった場合、恋は盲目というのでしょうか、なんだか相手のことがかっこよく見えてきたりもするものですよ。(笑)

「とにかく相手に合わせてみる」

緊張して上手く話せないなんて時は、最低限相手に合わせることを意識してみてはいかがでしょうか。

「相手に合わせる」というのは、相手のことを肯定するということに近いかもしれません。

自分が相手を楽しませようと思っていろんな話をする中で、それを否定されるのは誰だって気持ちのいいことではありません。

お見合いの短い時間で、自分を印象よく見せるために「肯定する」「気が合いそう」と思ってもらうことは次につなげるのに大切なことです。

「性格のいい相手なら何度か会ってみる」

「いい人なんだけど、ちょっと服装がダサいんだよなあ」

「内面は申し分ないんだけど、いかんせん趣味が合わなさそう……」

初回のお見合いでこのような感想を相手に抱いたとしても、そこですっぱり切ってしまうのはもったいないです!

人間は当たり前ですが、初めて会った人を1時間で好きになってしまうことなんて稀ですよね。

運命の人は一回会っただけで判断できるものではないのです。悪くないなあ、と感じた場合は複数回デートをしてみることをお勧めします。

慣れてきていろんな場面を一緒に過ごすことで距離も縮まり、いつの間にか好きになってしまったなんてことはよくある話しです。

何度もお伝えするように、結婚相手としてベストなのは「長年連れ添えるイメージが湧く人」です。

長時間過ごしても苦ではない、ということが何よりも重要ポイント。

そのためには、相手のことを知る機会を増やしていくことが必須なのです。

もちろん「絶対無理!」というレベルまで不快な気持ちになった場合は、複数回会う必要はありません。

あくまで「嫌じゃないし一緒にいても苦ではない」と思える人を大事にしてみましょうということですね。

「結婚相談所でも結婚できない女性は何がダメなの? まとめ」

結婚相談所には、あなたをサポートするためのアドバイザーさんたちが存在します。

まずは悩んだときに、アドバイザーさんに相談しアドバイスを求めましょう。

そしてそれを素直に受け止め改善し、次の素敵な出会いに向けて備えることが結婚を勝ち取るために重要です。

ただアドバイザーさんと、どうにもこうにも相性が悪いという場合もあるでしょう。

その時は「申し訳ないですが」と付け加えて、担当を変えてもらうこともできます。

二人三脚で結婚に向かうパートナーなので、相性の良い人と頑張ることをおすすめします。

それでもダメな場合は、単純にその結婚相談所が合わないのかもしれません。

例えば、どうしても馴染めなかった会社を辞めて、ちがうところに変えたら、何もしていないのに仕事が楽しめるようになることがあります。

「仕事なんかどこに行っても同じだよ!」という人が多いですが、意外と同じではありません。

メンバーがちがうだけで、180度変わることは結構あるのです。

ですから1つの結婚相談所に固執せずに、利用する期間を半年なら半年と決めて、「結果が出なければ次!」という風に動いていくほうが賢い選択です。

よろしければ、最新の結婚相談所ランキングを作成しましたので参考にしていただければと思います。