【パン職人と結婚したい女性必見!】出会える方法とメリットデメリットは

<strong><noscript><img src=

30歳女性
私、パンが好きすぎてパン職人と結婚したいんです!
モテキングの姉

モテキングの姉
パン食べ放題でしょうね! 

「すごくパンが好き!」「一日三食パンが食べたい。」そんなパン好きの方なら、「パン職人と結婚したらどうなるの。」と一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

自分の好きな人が自分の好きなものを作り、自分にプレゼントしてくれるなんてとても良い構図だと思いませんか。(笑)

しかしパン職人と交際や結婚するために、直接アプローチするのはなかなかハードルが高いですよね。

知ってるパン屋さんの職人にこだわらないのであれば、スマホを使ってマッチングアプリから出会うこともできます。

職業検索機能」で相手の職業をしぼることもできるので、すぐに「パン職人」を見つけることができるでしょう!

ただし会員数が少ないサービスを使っても確率は下がってしまうので、国内最大の会員数がいる「ペアーズ」がおすすめです。

マッチングアプリ以外にも、パン職人と出会える方法は色々あります。

そこでこの記事では【パン職人と結婚したいという女性に向けて、出会える方法とメリットやデメリットについて紹介していきます!

パン職人と結婚するメリットデメリットは?

【パン職人と結婚するデメリット】 

「給料が安い」

パン職人の平均年収は、300万円前後といわれています。

パン職人は未経験から始める方も多く、店舗などで雇われてまずパンを作るための技術を身につけます。

その時の手取りは20万超えない方が多いようです。

その後、そのまま継続して雇われながらパンを作り続ける方でも、手取りで20万を超えれば良い方です。

そしてその後は技術を身につけ独立し、パン職人として活動する方も多くいます。

独立しても年収は上がらず、300万前後の方も多いようです。

なかなかパン職人業界の収入は厳しい傾向があるようです。

「生活リズムが違う」

パン職人は朝が早いです。

そのため自分自身が平均的な時間に起きているなら、旦那の方が早く起きて仕事に行きます。

仕事は早く帰ってきて、夜は早くに寝てしまうかもしれません。

朝は5時前後の出勤なので、まだ自分が寝ているうちに旦那だけが起きて出勤する可能性が高く、眠りが浅い方は起きてしまう可能性があります。

また夜早く寝てしまう場合なども含めて、生活リズムのすれ違いがあるかもしれません。

 

【パン職人と結婚するメリット】

「パンが食べ放題」

パン職人と結婚したい理由の一つに、「パンが食べ放題」というのが必ずあがるのではないでしょうか。

パン作りは失敗や新商品開発のための試行錯誤、他にもパンが売れ残ってしまうこともありますから、そういったパンを持って帰ってきてくれることがあります。

目的のパンを持って帰ってくれるとは限りませんが、生活でパンに困ることはほぼ無いでしょう。(笑)

「帰宅時間が早い」

パン職人は出勤時間は早いですが、仕事の就業時間も早い傾向が多いです。

パンを作りは、朝生地を練って発酵させて焼きます。

夜のうちに準備をして、朝焼くこともあるようですが、基本的にパン職人は朝は早い傾向です。

そのため早い方だと、お昼時が終了した15:00〜16:00などに帰ってくる方もいるようです。

小学校のお子さんと同じくらいの時間に帰って来れるかもしれませんから、そんな旦那さんなら子どもに寂しい思いをさせなくて済みますね。

「自分の仕事が好き」

パン職人は好きでパン職人になった方が多いです。

そのため自分自身で納得して仕事をしています。

またパン職人歴が長ければ長いほど、自分の仕事に誇りを持ってお仕事をしています。

いやいや仕事をして家で愚痴ばかり言うような男性よりは、よっぽど良い家庭が築けるでしょう。

 

パン職人と出会える3つの方法 

「職場で出会う」

あなたが自分でパンを作れなくても「販売」という道があります。

パンの製造について敷居が高ければ、「販売」を考えてみてはいかがでしょうか。

しかしパン屋さんに勤めるには、早起きの勤務が得意な方がお勧めです。

またパン屋さんだけでなく、スーパーの販売コーナーや、ベーカリーのカフェコーナーなどでも職場が同じと言えます。

パン屋さんは街のパン屋さんだけでなく、意外と様々な所にパン屋さんはあります。

職場で出会う方法は、出会いたい相手の勤務状況にもよりますので、自分に合った職場を見つけましょう。

「パン教室に参加する」

パン職人の方が開催しているパン作り教室があります。

そこで教室の先生と出会うことができますし、先生と近い状態でお話をしたりすることができます。

必ずパン作り教室の先生が、男性の先生を探しましょう。(笑)

ただ生徒も女性が多くなりがちですが、主婦が多いため、交際や結婚を求めてパン作り教室に通っている方は少ないのでライバルも少ないと思います。

「パン屋さんに通う」

地元のスーパーやパン屋さんに通う方法もあります。

生活に必要な食に関することのため、意識すれば比較的頻繁に通うことが可能です。

毎日、自分自身の朝ごはん用のパンを購入すれば顔を覚えてもらうことができます。

常連になれば「いつもありがとうございます。」という言葉から、知り合い関係になり友人関係となり恋愛関係に発展することは可能です。

しかしあくまでも店員とお客様の関係なので、向こうから一歩踏み込んでくることは少ないです。

そのためこちらから積極的な会話や、お勧め商品を訪ねてみたりすることで会話を弾ませましょう。

もちろんやりすぎは禁物ですし、迷惑なお客さんにならないように注意しましょう。

パン職人と結婚したい!出会える方法は? まとめ

パン職人との交際や結婚は、共通点の一つとして「パンが好き」ということがあるはずです。

食の好みが合うことは、結婚生活を送る上で大事な要素の一つとなります。

気になるパン職人がいるパン屋さんに通って、気軽な会話から距離をつめていくという方法も有効です。

ちょっと対面で仲良くなるのが難しいという方は、マッチングアプリの「職業検索機能」を使って「パン職人」を探してみてください。

マッチングアプリ「ペアーズ」は、女性であれば利用料金がかかりません。

パン職人と交際・結婚すれば、食の好みもあって、夜ご飯も家族で一緒に過ごせる暖かい家庭を築くことができるのではないでしょうか。