未分類

【こんな結婚相談所は最悪!】利用する前に気をつけるべき3つのこと!

この記事を書いた人

モテキング【婚活キング】27歳で結婚するも6年半で離婚。バツイチから某結婚相談所にて再婚。そこの担当者の仕事ぶりに感動。婚活相談に目覚める。 

茂手泰三
茂手泰三
結婚相談所って高額なんで気をつけることとかありますか?

婚活キング
婚活キング
いろいろあります。 

結婚相談所に興味を持ったけど、いったいどんなところなのかを身近な人に聞くのはちょっと抵抗がありますよね。

まあでもそれなりお金を払うわけだから、ちゃんとしたサービスだろうと思うのではないでしょうか。

それは甘いです!

金額が高額であっても、ひどいサービスの結婚相談所は存在しますし、後から取り返すのはなかなか大変です。

そこでこの記事では【最悪の結婚相談所のひっかからない3つのこと】についてご紹介していきます!

「最悪の結婚相談所ではこんなことが!」

「希望条件と全然違う人を紹介される」

「あまりにも選り好みしては結婚できない」とは言いますが、どうしても外せない事情から特定の希望条件を出す場合もあると思います。

例えば子供が欲しいからある程度年齢が若いお相手を条件にする場合や、自分の年収と照らし合わせて、お相手に一定以上の年収を希望したりする場合もあります。

ところが最悪の結婚相談所を選ぶと、希望通りの相手を紹介されないことがあります。

希望年齢より一回りも年上だったり、「年収が高いエリート揃いの結婚相談所」と銘打っておきながら実はほんの一部にしかエリート会員はいなかったり。

そもそも渡された相手のプロフィールや写真が実際とは全く違うこともあります。

「サポートなんてほとんどしない」

結婚相談所の中には、副業で運営を行っている個人事業者も多くいます。

もちろんちゃんと個人事業でも実績を伸ばしている結婚相談所もあります。

しかし中には本業が忙しくなり、結婚相談所のサービスやサポートがおろそかになるという経営者もいます。

また大手の場合でも、相談員との相性や相談員の経験の未熟さにより、十分なサポートが受けられない場合があります。

個人事業者の中には、相談員が少ないため、相性のいい相談員に変えられないこともあるようです。

「なぜ最悪の結婚相談所があるの?」 

「結婚相談所を運営するのに資格はいらない」

結婚相談所を開くのに資格や許可証はいりません。

届出さえ出せば簡単に開業することができてしまいます。

結婚相談所ごとに、サービス・サポートにばらつきが出る原因とも言えるかもしれません。

「婚活ブームで個人事業者が増えた」

近年、スマートフォンなどを通じたネットでの婚活が一般化してきています。

男女が出会う方法は、現実のみでなく、ネット世界にまで広がり多様化が進んでいます。

さらにライフスタイルの多様化による離婚の数も増えてきています。

それにともなって再婚を希望する人の数も増えているのです。

くわえて自治体が婚活する人々を支援する、様々な取り組みを始めています。

しかも先に述べたとおり、資格や許可証はいりませんから簡単に開業ができます。

だからこそこのブームに乗っかり、個人事業の結婚相談所を開こうという事業者が増えたのでしょう。

「最悪の結婚相談所を利用しないための3つのこと」

「無料カウンセリングを受けるのはいいがその場で決めない」

結婚相談所によっては「無料カウンセリング」をおこなっているところがあります。

確かに無料カウンセリングを受けることで、担当者の人柄などを垣間見ることができます。

個人の結婚相談所であれば、最初に説明を担当した相談員が、そのままサポートについてくれることが多いので結婚相談所を決める一つの手掛かりになります。

ただしその場で契約を結ぶのは危険です。

悪徳の結婚相談所の中には、曖昧な説明をしておいて、あとで契約にない料金を請求してくるような相談所が存在します。

クーリングオフしたくても、連絡が取れなくなることもあります。

悪質なところだと、相手を引き止めて、契約しないと帰れないように仕向けるところもあります。

また悪徳な結婚相談所ではなくても、大手の相談所の場合、説明を担当した相談員と実際にサポートにつく相談員が異なる場合があります。

サービスのチェックや契約内容の確認、金額の検討のためにも、一度持ち帰りよく考えた上で物事を決めるように気をつけましょう。

「上場企業が運営する結婚相談所を選ぶ」

上場企業とは、株式により経営が成り立っている会社です。

株式を公開し、投資家が自由に株を売買できるように情報公開を行っています。

また上場するためには、株主の数や資産の大きさや利益額など、多くの厳しい条件が課されています。

これら全てをクリアした会社のみが「上場企業」を名乗れているのです。

結婚相談所の場合、上場企業であれば、経営年数や安定した利益を生み出していることなどから一定の信頼をおくことができます。

株主に経営方針をチェックされているので、おかしな経営方針を打ち出している会社も少ないと言えます。

「会社として信頼がおけるか」という点を確認したいなら、その結婚相談所の運営元が上場企業かどうかを確認してみましょう。

「全額返金補償のある結婚相談所を選ぶ」

結婚相談所への入会金は、各社価格差はあれど決して安いものではありませんよね。

せっかくお金を出したのに、サービスやサポートが不十分だったり、婚活がうまくいかなかったりしては、お金だけでなく大切な時間まで奪われてしまいます。

そこで必ずチェックしておきたいのが、全額返金補償のある結婚相談所かどうかです。

婚活がうまくいかなかった場合など、支払った金額を返してもらえます。

ただし個人の努力が十分であったことなど制度上の条件があるので注意しましょう。

全額返金保証のはしりと言えば、エン婚活エージェントスマリッジといったところでしょう。

「こんな結婚相談所は最悪! まとめ」

昔ながらの「お見合い」の利点が見直され、またネットの登場などにもより、結婚相談所の利用はより手軽なものとなりました。

一生のパートナーを決める結婚、そのための婚活。

どちらも悔いのないよう、結婚相談所の選択は慎重におこないたいものです。

一方で婚活業界の発展と共にトラブルも増えてきました。

詐欺とまではいかなくとも、力不足から十分なサービスやサポートをおこなえない結婚相談所も少なくありません。

どんなに素晴らしい実績がある大手の結婚相談所でも、自分と相性があうとは限りません。

できる限り入会を決断する前に、店舗に出向いてスタッフと接してみたり、電話やチャットで会話してみることをおすすめします。

ただ無料カウンセリングをおこなっている結婚相談所は、IBJメンバーズやパートナーエージェントなど、中堅以上の結婚相談所がほとんどです。

「高額な結婚相談所はちょっと。。。」という方は、スマリッジエン婚活エージェントなどのオンライン結婚相談所で無料資料請求してみてください。

 

あのペアーズの結婚相談所が神キャンペーンを開催!今だけ!

ペアーズエンゲージでは、2021年5月17日よりサービス提供エリアが全国に拡大!

それに先立ち、新規エリアで5月16日までに事前登録すると、

・入会金無料! 12,000円⇒ 0円!

・月会費が半額! 12,000円⇒6,000円に!(税込)

しかも退会するまで月会費は6,000円のまま。

事前登録対象の新規エリアは以下の通りです。

【北海道】北海道

【東北】宮城県 / 福島県 / 青森県 / 山形県 / 秋田県 / 岩手県

【関東】茨城県 / 栃木県 / 群馬県

【中部】新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県

【中国】岡山県 / 広島県 / 鳥取県 / 島根県 / 山口県

【四国】香川県 / 徳島県 / 愛媛県 / 高知県

【九州・沖縄】福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

もしあなたが、上の新規エリアに該当していたら超ラッキー!

ペアーズエンゲージに限らず、結婚相談所を毎月6,000円のみで利用できるなんて前例がありません!

ペアーズエンゲージ公式サイトはこちら

※3か月間でマッチングしなかった場合でも、全額返金保証あるので安心!あとはあなたの行動だけですね。