【「女性が苦手」では結婚できない?】結婚するための3つの対処法とは?

女性のことが苦手な男性は少なくありません。

女性が苦手でほとんど付き合ったことがなく、自分は結婚できないのではないかと悩んでいる男性も多いのではないでしょうか。

しかし決してあきらめる必要はありません!

適切な対処法を取り入れればかならず克服することができます。

そこでこの記事では【女性が苦手で結婚できないと思っている男性】のために、結婚するための3つの対処法についてご紹介していきます!

【女性が苦手で結婚できない男性の特徴は?】

「女性とうまく接することができない」

女性が苦手な男性は、女性とコミュニケーションをうまく取れない傾向にあります。

たとえば女性と1対1で話している時に、目が合わせられなくて目が泳ぐ、おどおどして挙動不審になるといった現象が見られます。

またうまく話せず会話が続かないから、自信がなくなってしまって無口になるケースも多いでしょう。

さらにコミュニケーションを取ろうとせず、みずから女性を避けてしまうこともあります。

「恋愛に慎重」

女性が苦手な男性は、恋愛にも慎重になってしまう傾向があります。

なかにはほとんど恋愛経験がなく、恋人ができたことがない方もいるでしょう。

自分から女性に対して積極的にアプローチできない方が多いですし、女性からアプローチされたとしても引いてしまう方もいます。

またそもそも恋愛をあまり重視していないという場合もあります。

たとえば仕事が忙しすぎて恋愛をする暇がなかった、趣味に没頭して女性と接する機会が少なくなったなどの状況が考えられます。

その結果女性との距離ができて、さらに苦手になってしまいます。

そして恋愛ができないのであれば、自分はずっと結婚できないのではないかと悩んでしまう男性が多いのです。

「女性を意識しすぎる」

女性が苦手な男性のなかには女性に全く興味がない方もいますが、実は女性にとても興味がある方も多いです。

必要以上に女性を意識して緊張してしまうからこそ、うまく接することができなくて苦手になってしまうのでしょう。

【女性が苦手になってしまった原因は?】

「過去のトラウマが関係している」

過去に女性関係でトラブルが発生し、女性との関わりがトラウマになってしまうことがあります。

トラブルの内容として最も多いのが、女性に浮気された経験。

昔付き合っていた女性に浮気されたことでとても傷つき、もうそんな思いをしたくないと思ってしまいます。

女性はみんな浮気するものだと思い込んでしまい、信頼できなくなってしまうのです。

その他にも昔の恋人とうまくいかなかった、とても好きだったのに振られてしまったなどのトラウマが関係していることが多いでしょう。

トラウマはそう簡単に克服できるものではないので、30代になっても女性が苦手なままになってしまうことが考えられます。

「母親や姉妹との関係」

家庭環境が大きく影響していることも考えられます。

たとえば幼少期から母親とあまり良い関係が築けなかった場合や、母親が浮気をして両親が離婚してしまった場合などは女性自体が苦手になることが多いです。

また姉や妹との関係が良くないということも原因になり得るでしょう。

姉妹に厳しくされてきた、邪険に扱われてきたなどの経験があると女性が怖くなってしまうことが考えられます。

幼少期から一緒に過ごしてきた家族との関係は、大人になってからもその人に大きな影響を与えてしまうのです。

「自分に自信がない」

自分に自信がない方、自己評価が低い方は女性が苦手になりやすいです。

自分の容姿や能力に自信が持てないことで、「どうせ自分なんてかっこよくないし、相手にされないだろう」と思い込んでしまうのでしょう。

女性からどう見られているのかが気になり、結果として女性と関わることを避けます。

そしてさらに女性と接することが苦手になってしまうという悪循環に陥ります。

「女性と関わる機会が少なかった」

学生時代に長く男子校で過ごしたり、男性ばかりの職場でずっと働いていたりすると女性とあまり関わることができません。

特に思春期の時期に女性と関わらなかった場合は、大人になってからも接し方が分からなくて困ってしまいます。

【女性が苦手で結婚できない男性へ3つの対処法】

「積極的に女性がいる場所に行く」

女性が苦手な男性は、女性と関わることを避ける方が多いでしょう。

しかし避けてばかりではいつまでたっても苦手なことを克服できません。

ですので、思い切って女性と接する機会を増やして慣れることがどうしても必要になってきます。

ですが、いきなり知らない人がいる合コンに参加したり、女性と2人きりでデートしたりすることは難しいですよね。

そこでまずは、職場などで開催される飲み会で女性と話すことから始めてみてはいかがでしょうか。

知っている相手であればまだ話しやすいですし、同じ職場に勤めているということで話題も見つけやすいでしょう。

飲み会であれば料理やお酒についての話もできますし、多少はお酒の力が借りられるのでハードルは低いはずです。

ただし緊張を紛らわせようとして、お酒を飲み過ぎることはないように気をつけてくださいね。

そして女性と接することに慣れてきたら、合コンや街コンなどに参加してみてください。

思い切って一歩を踏み出すことで、恋人となる相手が見つかるかもしれません。

恋人ができれば結婚へのハードルも下がるでしょう。

「自分に自信を持つ」

自分に自信がなくて女性が苦手になった場合は、自信が持てそうなことから始めてみてください。

すぐに自信満々になることはもちろん難しいので、小さな成功体験を積み重ねていくことをおすすめします。

たとえば仕事がうまくいった時には、自分で自分を褒めることで自己肯定感が高まります。

もちろんもっと小さなことでもいいのです。

「今日はいつもより早く起きて掃除ができた」、「今日は通勤中に本が読めた」などの小さなことを積み重ねていくことでやがて自信が持てるようになります。

そして前よりも自分に自信がついたら、ファッションや髪型などの外見も磨いてみてください。

筋トレをしたり、お洒落な髪型にイメチェンしたりすることで大きな自信につながるでしょう。

外見に気を遣うことで恋人ができやすくなり、結婚についても考えられるようになります。

「オンライン結婚相談所を利用する」

女性への苦手意識が弱まったとしても、恋愛や結婚へのハードルが高いと感じる男性は多いですよね。

そんな方はぜひオンライン結婚相談所を利用してみてください。

オンラインなので自宅からでも利用できて忙しい方にもぴったりです。

しかも他の婚活方法とはちがって、結婚相談所ではあなたに合ったお相手を紹介してくれるコンシェルジュがいます。

紹介だけでなくお見合いのサポートもしてくれるので、女性が苦手な方でも利用しやすくなっています。

従来の結婚相談所では初期費用だけで10万円以上、成婚までのトータルでは30万円以上は当たり前の世界でした。

しかしオンライン結婚相談所では、店舗や人件費を大幅に削減できることで初期費用1万円~2万円、その後は1万円以下の月会費で利用できるところもあります。

最新の結婚相談所をランキングにまとめていますのでよろしければ参考にしていただければと思います。

【女性が苦手では結婚できない? まとめ】

女性が苦手な男性が、いきなり女性と付き合ったり結婚したりすることは難しいでしょう。

しかし何もしなければ、何も変わることはありません。

少しずつ慣れていくことでかならず成長していくはずです。

まずは身近な女性と関わることから始めて徐々に慣れていってくださいね。

あなたに最適な結婚相談所あります!

出会いは衝動から生まれる!