【すでに売れ残り女なのか?】そんな私はどんな婚活をすればいい?

婚活が思うようにいかないと「もしかして私はすでに婚活市場の売れ残りなのでは?」と落ち込んでしまう女性もいるのではないでしょうか。

自分に自信があっても、年齢や婚活に使った時間を考えると怖くなってしまう瞬間が。

重要なのは、どんなに魅力があっても相手がいなければ成立しないのが婚活であることです。

実際には売れ残りではないケースや、ちょっとした工夫で相手が見つかるケースも多いため、不安から脱するための方法をまとめました!

【婚活市場の売れ残りとは?】

主に30代後半から40代女性で、数年単位で婚活がうまく言っていない人をさす場合が多くなっています。

特にシビアに見られるのが、出産が可能かどうかというラインです。

年齢が高くなればなるほど出産にリスクが伴い、出産という選択肢ができなくなっていきます。

子どもを求める男性も珍しくないため、結果的に結婚の対象から外れることが増えるのです。

自分の意思で子どもを作らないことを選択する男女もいますが、どちらも選べる若い女性の方が有利になります。

また婚活歴が長く、結果が出せていない場合は市場にあった立ち回りができていないという評価になります。

現実を見据えた上で条件を見直したり、対策を立てるのが基本だからです。

恋愛に時間をかけたいからこそ年単位で相手を探す人もいますが、無計画に失敗を続けていると思われないように注意が必要です。

【婚活市場で売れ残りやすい女性の特徴は?】

「条件が厳しすぎる」

結婚相手に年収などの条件をつけるのは当たり前です。

しかし条件が厳しすぎてミスマッチが生じるケースも珍しくなく、結果的に結婚のチャンスを逃す人も多くなります。

例えば結婚相手として人気なのが公務員です。

収入が安定していることでも知られていますが、大卒で順調に出世して年収が400万円に達するのが20代半ば以降になります。

年収600万円に到達するのは40代前後で、年収600万円などを求めれば多くの公務員は対象外ということになります。

収入は代表的な基準になりますが、自分の基準が厳しすぎないかは考えることが重要です。

住む場所や転勤の有り無し、ルックスなどの条件も含めて現実的な相手を探すことは大切です。

「相手に常にダメ出しをしている」

結婚相手をシビアに選ぶことも大切ですが、ダメ出しばかりしている場合は注意が必要です。

欠点もあれば、長所もあるのが人間になります。

ダメなところがあるから候補から外すのではなく、許容できる範囲なのか考えることも大切です。

自分と相手を対等に見られなければ、結婚すること自体が難しくなります。

【婚活市場で売れ残った女性はどんな婚活をすればいい?】

「相手に求める条件をゆるくする」

条件が厳しくて相手が見つからない場合は、条件をゆるくするのが基本になります。

例えば年収の基準を100万円下げれば、候補になる男性が数倍に増えるといったことは良くあります。

年代の平均値に会わせるだけでもかなりの違いが出るため、その中からより条件が合いそうな相手を探すことも大切なのです。

また婚活市場では、相手にも選ぶ権利があると理解することが大切になります。

年齢や収入など、より良い条件がある女性がいるならそちらを選んだ方が得だからです。

選ばれるための工夫として、住む場所や結婚後の働き方などの譲歩できるラインを用意しておくと武器が増えます。

「笑顔には状況を一変させる力がある」

結婚相手を見定めるために真剣になることは重要です。

ただしその真剣さが顔に現れてしまい、相手にプレッシャーを与えたり、怖がられてしまうのも結婚できない人の特徴になります。

初対面のときに「笑顔」で挨拶ができるのか、笑顔を作れるのかは重要で、円滑にコミュニケーションをとるポイントにもなっています。

相手が無愛想な人間だと思っていたら、実際は自分が笑顔を見せなかったから相手の良い表情を引き出せなかっただけということも多いのです。

自分だけでなく相手の緊張を和らげるためにも、良い笑顔を作れる訓練や心構えをすると婚活が前進しやすくなります。

最近では「素敵な笑顔」を身につけられるオンラインスクールなども誕生しています。

笑顔な素敵な女性として認識して貰えば、相手から恋をして貰える確率が上がります。

「信頼できるアドバイザーがいる結婚相談所を選ぶ」

自分にどんな長所があるかわからない、相手が多すぎて迷ってしまうという場合は信頼できるアドバイザーがいる「結婚相談所」がおすすめです。

決め手がわからずに結婚に踏み出せない、男性にアプローチが仕切れないという女性は多いものです。

この場合は相性が良さそうな相手をアドバイザーに選んでもらい、その中から相手を選んでいった方が気が楽になります。

無料相談会に参加し、会話がしやすい人や、親身になって話しを聞いてくれるアドバイザーがいないかチェックするのがおすすめです。

最新の結婚相談所をランキングにまとめましたのでよろしければ参考にしていただければと思います。

【婚活市場で売れ残った女性の婚活方法 まとめ】

婚活市場で売れ残るのにも理由がありますが、そのほとんどは周囲と自分との認識のズレが原因です。

条件の見直しや、笑顔を作るクセ付け、結婚相手の探し方を変えるだけで不思議なほどうまくいくことがあります。

こだわりすぎて失敗している女性がほとんどになるため、一度こだわりを手放して自分を見直すことも大切です。

またアドバイスが欲しい場合は結婚相談所、もっと自由に恋愛を含めて活動したい場合はマッチングアプリを使うなど、使い分けをするのがおすすめになります。

➤➤➤【最新版】恋愛マッチングアプリ人気ランキング!

 

 

 

あなたに最適な結婚相談所あります!

出会いは衝動から生まれる!