悩み別婚活(女性)

【身の程を知れ!と友人にののしられた私が婚活でやった3つのこと!】

この記事を書いた人

【婚活キングの姉】のんびり独身を楽しんでいたら、あっという間に30代に。婚活に5年間も苦しむ。なんとか6年目の35歳で結婚。2児の母。 

 

私は30代になってから、周りの結婚ラッシュに焦り婚活を始めました。

実際に婚活を始めてみると、なかなか上手くいかなくてとても困りました。

昔から付き合いのある、既婚者の友人に相談すると「身の程を知りなさい!」と罵られてしまいました。

友人曰く、相手に求める条件が高すぎるとのことでした。

「もっと条件下げて!ちゃんと向き合わないと出会いすらなくなっちゃうよ!」友人は私を思って罵るだけでなく厳しくアドバイスをしてくれました。

私としては高望みをしたつもりはなかったのですが、現実を突き付けられて落ち込みました。

 

身の程知らずな婚活をしていた私。。。

なぜ身の程知らずの婚活をしてしまったのか、その原因は結婚への強い憧れとプレッシャーからだったと思います。

結婚は一生ものと言いますよね。

一生涯添い遂げられたらとても良いものだと思います。

中には、途中で離婚したり何度も再婚を繰り返したりする人が居ることも確かです。

しかし、初めは一生添い遂げるという思いがあるから結婚に踏み切れるのだと思います。

人生の大半を共に歩む結婚相手ですから、妥協したくないという本音がありました。

また、結婚ラッシュに乗り切れなかったコンプレックスから、結婚に対してプレッシャーもありました。

そのため、容姿も性格も、収入も学歴も備わっている相手を求めていました。

周りから思わず羨ましがられるような相手が良いと思っていたのです。

30代にもなって相手に求めるばかりで、補い合うこと、支え合うことを全く考えていませんでした。

くだらない自分のプライドも相まって、現実を無視した夢見がちな婚活になっていたのだと思います。

 

身の程は自分では分かりにくい?

自分ではどうしても過大評価か過小評価になる

自分を客観的に評価することは、思った以上に難しいです。

加えて婚活には、物事を図る絶対的な基準が存在しません。

容姿が良い、収入があるなど有利に働く条件は存在しますが、それがあれば絶対結婚できる保証はありません。

それ故、正当に自己評価をすることが他の事柄よりも難しいのです。

私の様に結婚に夢を見ていたりプレッシャーがあったりする場合は、過大評価になってしまいます。

反対に、ネガティブな考えを持っている場合には過小評価になってしまうでしょう。

 

家族や友人に聞いたほうが無難

婚活において自己評価はほとんど当てになりません。

そのため、周りで自分をよく見ている家族や友人の意見を聞いた方が間違いないでしょう。

また、結婚は生活であるため、外面だけ良くても上手くいきません。

結婚後のことも考えて、自分の生活の癖やオフになった時の態度をよく知っている人に聞くのがポイントだと思います。

 

身の程を知れ!と友人に言われた私が婚活でやった3つのこと!

一度婚活を休んで自分のスぺックを確認しなおした

友人に叱咤された時の私は、完全に自分を見失っていたと思います。

そのため、一度婚活を休んで自己分析を始めました。

「身の程を知れ!」と言われるくらいです。

現実と向き合うことは、とても怖かったですが、年収や学歴など目に見えて分かるスペックは書き出しました。

容姿については、現在の写真を撮って見つめ直しましたが、20代の時と比べると太っていてショックでした。

しかし、カバーできるファッションを勉強するきっかけにもなりました。

現実に向き合うことで、得られることもあったため、良かったと思っています。

 

客観的に自分を見てくれるアドバイザー在籍の結婚相談所に入った

自己分析では限界があります。

加えて、私には条件設定を間違えた過去もあります。

これはプロに頼るのが一番だろうと思い、専任アドバイザーが在籍する結婚相談所に入会しました。

婚活のプロなだけあって、長所も短所も遠慮なく指摘してくれました。

指摘だけでなく、長所を更に伸ばす方法や短所をカバーする方法も具体的に教えてくれます。

話し方や服装に至るまで、色々とアドバイスをもらえて「入会前よりも素敵な女性になれたのでは?」と思っています。

 

相手に求める条件をゆるめて出会う回数を増やす努力をした

最終的には、アドバイザーと相談した上で相手に求める条件をゆるめることにしました。

条件をゆるめることで、マッチングする相手の母数を増やすことが出来ます。

母数を増やせば自ずと出会う回数も増え、婚活が軌道に乗った様な感覚を得ることが出来ました。

また、プロフィールを見て「合わなそう」と感じても、申し込みがあった場合やアドバイザーに進められた方とは思い切って会っていました。

直接会うことで、プロフィールからは分からない、相手の素敵な一面を見つけることが可能です。

色々な人と会うことで、自分の意外な一面を知るきっかけにもなり、より充実した婚活にすることが出来ました。

 

身の程を知れ!と友人に言われた私が婚活でやった3つのこと! まとめ

私が相手に厳しい条件を突き付けていた理由は、結婚への憧れやプレッシャーからでした。

結婚は支え合うものという認識が足りなかったのです。

友人に叱咤されてからは、一度婚活を休み、自己分析を行いました。

それだけでは不安だったため、結婚相談所でプロの意見を取り入れながら、婚活を再開しました。

また、相手に求める条件をゆるめることで多くの人との出会いに恵まれ、充実した婚活に繋がったと思っています。

条件が自分の身の丈に合っているかを判断することは、とても難しいです。

もし、婚活が上手くいっていないと思う場合は、第三者の意見を取り入れると良い解決法が見つかるかもしれません。

管理人

モテキング婚活キング27歳で結婚するも6年半で離婚。バツイチから某結婚相談所にて再婚。そこの担当者の仕事ぶりに感動。婚活相談に目覚める。 

 

【スタートダッシュが人生を左右する!】

ようやくワクチン接種も始まり、今年中にはコロナも収束する可能性が出てきました。

そうなると、2年ちかく行動を制限されていた人たちが一気に行動を始めるでしょう。

どの婚活サービスも混みはじめ、登録から活動開始までに時間がかかるはず。

ですので、今の比較的すいている間に準備を整えましょう!

オンライン完結型の結婚相談所エン婚活エージェントが、いまだけ初月月会費13,000円が無料に!

キャンペーンは不定期なので、ご覧になった方はラッキーです。

※7月30日(金)まで!

関連記事