悩み別婚活(女性)

【年収にこだわりすぎて婚活失敗!そんな私がやった3つのこと!】

この記事を書いた人

【婚活キングの姉】のんびり独身を楽しんでいたら、あっという間に30代に。婚活に5年間も苦しむ。なんとか6年目の35歳で結婚。2児の母。 

 

どうせ婚活で結婚するなら高収入な男性が良いというのは、多くの女性が考えることですよね。

特に結婚相談所なら他の婚活方法よりもちゃんとした相手が見つかりやすいので、高収入な男性だって見つかるはずと考える女性も多いはずです。

私も以前はそうでした。

ですが実際のところ、そうした高年収にばかりこだわっても、婚活って成功しないものです。

そんな私も今では既婚者ですが、どうやってどんな相手と結婚をしたのかを説明します。

 

婚活に失敗ばかりだった時に私が相手に求めていた年収は?

私が相手の年収にこだわって婚活を失敗し続けていたのは、婚活を始めた24歳くらいから、30歳の手前頃までです。

具体的に言うと、相手は月収40万にボーナスも当然有りで、年収550万から600万くらいの男性を希望していました。

まあそこまでは手が届かなくとも、条件次第では年収500万円くらいまでなら妥協してもいいかな、なんて考えてた覚えもあります。

また夫があんまり高齢だと見た目的にも釣り合わないので、年齢は35歳くらいがボーダーラインで、それ以上の男性は対象外でプロフィールも読まないくらい。

こうして当時の条件を改めて見直して考えると、なんでこんな相手が見つかると思ったのかと自分でも思うくらい非現実的です。

当然こんな都合のいい相手なんて、婚活を続けている間見かけることはほぼありませんでしたし、うまくいくわけもありませんでした。。

担当者さんが紹介してくるのは高齢な男性や年収が低い相手ばかりで不満だったので、かなり迷惑をかけていたと思います。

 

婚活市場にいる男性の年収はどれくらい?

実際のところ婚活市場にいる男性というのは、年収350万前後がボリュームゾーンです。

400万を超えるような男性もそれほどいませんし、以前の私が希望していた年収500万というのは、40代も後半で再婚相手を探している役職付きの男性くらいしかいません。

私の希望していた35歳以下ともなると、350万未満の男性も少なからず居ます。

国の年収調査などの結果を見る分には、30代でも400万を超える年収を持つ男性も、4人に1人程度はいるようです。

ですがそう言った人たちは高収入なだけに引く手あまたですし、性格に難があるとか、環境や親族が致命的に悪いとかでもない限り、わざわざ婚活を行いません。

婚活を行う30代までの男性は、400万がある種のボーダーラインのようになっていて、300万代後半は見かけることはしばしばありますが、400万を超える男性は滅多に見かけることはなくなります。

 

年収にこだわりすぎて婚活を失敗していた私がやった3つのこと!!

現実を知り400万円に条件変更

30歳も近くなってきて、結婚相手を選ぶ余裕も無くなりそうだと思った私がしたのは、年収の条件の変更です。

私も一応働いているので妥協してもある程度余裕のある生活はできるはずですが、年齢が離れていると周囲の目も気になるので、妥協するなら年齢ではなく年収の方だろうと思いました。

とりあえず最初に婚活をしている男性がどれくらいの年収が多いのかと言うのを調べ、400万なら見かけることもあるくらいのようなので、それを条件にしました。

 

出会いの数を増やすため350万に下方修正(笑)

しかしやっぱり400万というのは、結構大きな壁です。

婚活市場では年収400万でも好条件で選ぶ側。

しかも他の男性より金銭的な余裕もある分、金銭面以外の条件も改善する余地も有り、様々な条件をつけても女性が見つかるでしょう。

対してこちらは三十路になる日が刻一刻と近づき、若さという武器すら失いつつある有様です。

30歳になる前に結婚したかったので、出会いの数を増やすために350万へと更に条件を下方修正することにしました。

これでも婚活市場的には平均よりはちょっと高収入な部類のはずです。

 

結果的に出会いが増えて年収380万の男性と結婚!

400万以上に変えた時にも出会いは多少増えましたが、350万以上に変えると劇的に出会いは増えました。

ここまで来ると人数がだいぶ増えるので、年収と年齢以外の点で、どんな特徴を持った相手にアプローチするかを考える余裕も出てきます。

そこで私が注目してみたのは、結婚についてのどういう価値観を持っているかと職業です。

たとえ今は年収が400万を下回っていても、5年10年経てば400万を上回り、500万にも近付く将来性を持っている男性はいるはずと考えました。

そしてそれ以降まで夫婦生活を続けるなら、結婚観の近さも重要でしょう。

そうして婚活を続けた結果、30前に結婚するという目標は達成できませんでしたが、増えた出会いの中から年収が380万で、将来性も高そうな商社に勤めている男性と、結婚することができました。

 

年収にこだわりすぎて婚活を失敗していた私がやった3つのこと! まとめ

結婚は年収だけでするものではないとは言われます。

ですがやっぱりお金はあるに越したことはないですし、お金の余裕があれば心にも余裕が生まれ、自分磨きもできるので、年収が高い男性は年収以外も素敵だったりしますよね。

それでも現実としていま高収入な相手を婚活で見つけるのは難しいので、今の収入というハードルは下げて出会いを増やすべきです。

その中から将来的にお金を稼げそうな相手を選ぶという考え方の方が、結果として高収入な男性と結婚しやすいでしょう。

管理人

モテキング婚活キング27歳で結婚するも6年半で離婚。バツイチから某結婚相談所にて再婚。そこの担当者の仕事ぶりに感動。婚活相談に目覚める。 

 

【スタートダッシュが人生を左右する!】

ようやくワクチン接種も始まり、今年中にはコロナも収束する可能性が出てきました。

そうなると、2年ちかく行動を制限されていた人たちが一気に行動を始めるでしょう。

どの婚活サービスも混みはじめ、登録から活動開始までに時間がかかるはず。

ですので、今の比較的すいている間に準備を整えましょう!

オンライン完結型の結婚相談所エン婚活エージェントが、いまだけ初月月会費13,000円が無料に!

キャンペーンは不定期なので、ご覧になった方はラッキーです。

※7月30日(金)まで!

関連記事