悩み別婚活(女性)

【危険!】SNSでの出会いは大丈夫?出会えても事件にあう可能性は?

この記事を書いた人

【婚活キングの姉】24歳で結婚するもわずか2年で離婚。あっという間に30代に。再婚を決意するも、婚活に5年間苦しむ。なんとか6年目の36歳で再婚。2児の母。 

SNSでの出会いについて関心がある方は多いのではないでしょうか。

ネット社会となっている今、SNSは一般的なものです。

SNSには、自分の住んでいる地域や所属するコミュニティの枠を超えて、数多くの人と関わることができるメリットがあります。

加えて趣味や日常のルーティンが一致する人を見つけることも容易いです。

そのためSNSを通して自分と相性の良い異性との出会いを期待する方も多いでしょう。

SNSで出会えるものなの?

20代の約3割が会ったことがある

SNSでの出会いについて、20代の約3割が会ったことがあるというデータがあります。

SNSの普及が進んでおり、ネットの向こう側に居る相手との距離感が近くなっている証拠とも言えるでしょう。

実際、20代のSNS利用者の中には、趣味や日常を発信する人が大半を占めております。

似た価値観で繋がることが出来るため、SNSで出会った人の方が現実世界で出会った人よりも信頼できる、仲良くなれると言った声もあるほどです。

インスタグラムやツイッターで会っている人は多い

InstagramやTwitterは利用者数が多いため、抵抗感無く利用でき、自分と相性の良い人を見つけやすい傾向にあります。

写真や短い文章、単語を用いて簡単に発信することが可能なため、手軽にコミュニケーションを取りやすいことが特徴です。

また、ハッシュタグを利用することで検索しやすく、共通点を持つ者同士の繋がりも作りやすいです。

そのため、相手を知って出会うまでのハードルが低いSNSだと言えるでしょう。

SNSで出会う場合の危険性は?

SNSでの顔写真と本人が違いすぎる

技術が進み、素人でも少ないコストでハイレベルな画像編集や加工を行うことができる様になりました。

そのため、 SNS にアップしている顔写真と、実際の本人の顔が全く違うというケースが度々あります。

また、全く別人の写真を自分だと偽って載せている悪質なケースも存在します。

SNSでは自分を偽ることが簡単であるため、顔写真のイメージと本人が異なっていたというケースは頻繁に起こると言えるでしょう。

時には、悪質な理由で性別や年齢までも偽っている可能性があるため、注意が必要です。

ストーカーになるような危険人物もいる

SNS は身近なもののため、ついつい相手に対して親しみを感じてしまいます。

しかし、自分に見えているのは、あくまでその人の一部のみであることを念頭に置く必要があります。

SNSのみでその人の本心や、本当の人となりを知ることは非常に難しいです。

また、親しみを感じやすいからこそ、距離感を吐き違えて近づいてくる人も存在します。

そのため、出会った直後に必要以上の個人情報を聞き出されたり、ストーカー行為を受けたりする可能性があります。

一見良い人に見えていても、裏がある場合もあるため注意が必要です。

SNSでの出会いの注意点は?

会う時は昼間のランチやカフェにする

会う時は昼間のランチやカフェなど、明るい雰囲気の場所を利用することが大切です。

会う時間帯を昼間に指定した際、相手が乗り気ではなかったり、夜の時間帯へ変更しようとしたりする場合には、その時点で危険性が高いです。

思い切って「実際に会うときに夜って、お互い少し怖いよね」などと伝えても良いかも知れません。

この言葉があるだけでも、悪意ある行動に対する抑止になります。

本当に好意があって、健全なお付き合いをしたいのであれば、会う時間帯にはこだわりませんし、不安な気持ちにも親身になってくれるはずです。

時間帯を昼間に指定することや、不安な気持ちを伝えた時の反応から、相手の目的や気持ちを図ることが出来ます。

二人きりになるまでになるべく時間をかける

人通りの少ない所や密室など、二人きりになるまでは長い時間をかけることが大切です。

裏路地やカラオケなど、二人きりになってしまう場所では、危険なトラブルが起きた時に助けに入ってくれる人がいません。

遊び場所の定番である遊園地も、アトラクションの死角や観覧車など危険なポイントがあるため、注意した方が良いでしょう。

トラブル回避として最も有効なことは、複数人で会うことです。

近い場所に人の目があれば、悪意をもった行動を回避させることが出来ます。

本当に信頼できる人物か判断できるまでは、人通りの多い場所や複数人で会うことを心がけましょう。

せめて本人確認のあるマッチングアプリを利用する

InstagramやTwitter は出会い目的で作られているSNSではないため、もしもの時に仲介してくれる第三者が存在しません。

万が一、何かのトラブルに巻き込まれた際は危険性が非常に高いです。

そのため本人確認のあるマッチングアプリを利用する方が安全性は高いと言えるでしょう。

本人確認必須のマッチングアプリであれば、トラブルが起きた際に個人を容易に特定することが可能です。

個人が特定できるということは、その先の罰則や処分にも繋げることが出来ます。

SNSでの出会いは危険なの? まとめ

SNSは他のユーザーが持つ趣味や行動パターンを簡単に抽出でき、手軽にコミュニティを作れることが魅力のツールです。

実際にSNSを始めたことで、良い出会いがあった、世界が広がったという方も大勢います。

その一方で、SNSを楽しむ人を踏みにじる様な、悪意を持った人も一定数存在します。

SNSでは相手の日常を垣間見ることが出来るため、強い親近感を覚えます。

しかしSNSで見えている部分は相手の一部であり、本当の信頼関係を築くには長い期間が必要であることを念頭に置く必要があるでしょう。

SNSユーザーの多くは危険な人ではないですが、トラブルに巻き込まれる可能性もあるため、常に危険に対するアンテナを立てることが大切です。

管理人

モテキング婚活キング27歳で結婚するも6年半で離婚。バツイチから某結婚相談所にて再婚。そこの担当者の仕事ぶりに感動。婚活相談に目覚める。 

 

【婚活をはじめよう!】

ようやくワクチン接種も始まり、コロナが収束する可能性も少しは出てきましたね。(笑)

そろそろどの婚活サービスも混みはじめ、登録から活動開始までに時間がかかるはず。

ですので、今の比較的すいている間に準備を整えておかないと不利になるかもしれません!

オンライン結婚相談所スマリッジ只今キャンペーン中!

なんと月会費9,900円(込)独身証明書取得サポート2,200円(込)無料!

※さらに2周年記念特典としてお見合い成立料も永久0円!

関連記事