悩み別婚活(女性)

【体験談!】結婚を自分の親に反対された私がやった3つのこと!

32歳女性
32歳女性
この記事では、私が結婚を両親に反対された時の体験談をお話してさせていただきます。

私は31歳になって、ようやく結婚前提にお付き合いできる男性に出会えました。

そろそろかなと思って、自分の親に彼を紹介しに行ったら、父親が交際はいいけど結婚はダメの一点張り。

ここではその時の体験談をお話しさせていただきます。。。

私の親に結婚の報告に行ったら大反対!

まずは親に彼を紹介して、結婚を反対された経緯をお話します。

父親がぶっきらぼうに絶対認めないと言ってきた

彼はスーツを着てきっちりとした格好で私の実家に来て、挨拶も礼儀正しくしてくれました。

しかし父は冷たい態度で「交際するのはいい。でも結婚は絶対に認めない!」と強い口調で言いました。

私の年齢を考えたら結婚を賛成してくれると思っていたので、まさかの反対に言葉がでませんでした。

まったく聞き耳を持たないので頭にきて帰った

彼もオロオロしているし、この雰囲気をなんとかしなくてはと思い、頭を巡らして思いつく限りの彼のいいところを話そうとしました。

そんな私の努力もむなしく、父の態度は変わらず全く話を聞いてくれませんでした。

私が30歳になった頃から、いつも「結婚はまだか?」と聞いていたくせに、この態度は何?

そう思ったら頭にきて「もういい!」と怒って実家を後にしました。

あとで母に聞いた結婚の反対理由

このまま一生親と会うことなく、彼と結婚してしまおうかとまで考えました。

でも親に花嫁姿を見せないなんて、やはり罰あたりかと思い直して母に電話しました。

すると父があんなにも態度を変えて反対した理由がわかりました。

彼がフリーランスで収入が不安定だった

父は彼の職業が理解できなかったようです。

彼はフリーランスのライターで、ライター業だけで食べていけるようになったのはつい最近のことでした。

それを聞いて、そんな不安定な仕事をしている男性に、私を嫁がせたくないという気持ちになったそうです。

彼が金髪のフリーランスだった

フリーランスは服装や髪型が自由で、とくに誰かに指摘されることはありません。

彼は出会ったころから金髪でした。

社会人になってから定年までずっと公務員だった父は、彼のその価値観を理解できず常識がないと思ったようです。

私も彼の金髪が見慣れてしまっていたとはいえ、うかつでした。。。

結婚を親に反対された私がやった3つのこと!

でもやはり親に認めてもらって、円満に結婚したいと思ったので努力することにしました。

実際に私がやったこととその経緯をお話しします。

彼はフリーランスだけどとても頑張っていることを伝えた

私1人で実家に行き、彼の収入は常に安定しているわけではないけれども、契約しているクライアントさんとは仕事が途切れないように努力していることを伝えました。

何度か実家を訪ねて一生懸命説明しました。

しかし父は彼が金髪で挨拶に来たことが、どうしても許せないと言って結婚を認めてくれませんでした。

彼に一時的にでも金髪をやめて欲しいと伝えたが断られたので別れる決心をした

結婚を認めてもらうためには、私たち2人で努力しなければならないと思いました。

そこで彼にしばらくの間でいいから、金髪をやめてもらうようにお願いしました。

しかし彼は金髪がそうとう気に入っていたのか、首を縦に振りません。

それどころか「その歳で親の言うことを聞くのか、そんなんじゃこの先も不安だな」と侮辱するような態度で言ってきました。

「髪の色で人を判断するなんて古いんだよ!」とも言ってきました。

それも一理あるかもしれません。

でも相手の親に認めてもらうために、努力する気がないことはショックでした。

その後も彼の態度は変わらず、折れてくれることはありませんでした。

悩みに悩んだ結果、思い切って別れる決心をしました。

悔しさを婚活にぶつけて結婚相談所で黒髪の商社マンと成婚して親に紹介した

結婚まで考えた相手と別れるのは、かなりツラく半年ほど引きずりました。

しばらくは何もできないでいましたが、元彼の私への物の言い方を思い出したらどんどん悔しさが。。。

やっぱりもっといい人を見つけて見返してやろうを決心し、思い切って結婚相談所に登録しました。

どんな男性でも片っ端から会う!という気迫で婚活に励みました。

するとなんと半年で、黒髪の商社マンから真剣交際を申し込まれ、成婚までたどり着いたんです。

恐る恐る親に紹介しましたが、父は前の彼の時とは打って変わって、終始笑顔で何も反対されることはありませんでした。

あの日々はなんだったんだろうと。。。思いましたね。

でも結果的に親の反対のおかげで、私は一時的に金髪さえやめられない融通の効かない人と結婚しないで済みました。

結婚を親に反対された私がやった3つのこと! まとめ

結婚に対する価値観は多様化していますが、結婚は家と家でするものという考え方は変わることなく今でも根付いています。

親に結婚を反対されたら自分の意に反していることでも、ある程度譲歩して2人で努力しなければならない時もあります。

やっぱり一番身近な人間に祝福されての結婚でないと、ずっとモヤモヤしたままの結婚生活になるでしょう。

誰でも反対されると腹が立つと思います。

でも親は自分を思って言ってくれていることがほとんどです。

100%とは言いませんけどね。

だから一度は冷静になって、自分や婚約相手を見つめ直す時間を作るといいですね。

管理人

モテキング婚活キング27歳で結婚するも6年半で離婚。バツイチから某結婚相談所にて再婚。そこの担当者の仕事ぶりに感動。婚活相談に目覚める。 

【婚活をはじめよう!】

ようやくワクチン接種も始まり、コロナが収束する可能性も少しは出てきましたね。(笑)

そろそろどの婚活サービスも混みはじめ、登録から活動開始までに時間がかかるはず。

ですので、今の比較的すいている間に準備を整えておかないと不利になるかもしれません!

オンライン結婚相談所スマリッジ只今キャンペーン中!

なんと月会費9,900円(込)独身証明書取得サポート2,200円(込)無料!

※さらに2周年記念特典としてお見合い成立料も永久0円!

関連記事