MENU
願望別婚活

【男性看護師と結婚したい女性必見!】出会える方法とメリットデメリットは?

27歳女性
27歳女性
男性の看護師さんと結婚したいんですよ~。 
婚活キングの姉
婚活キングの姉
男性看護師さんの数は増えてきてますよね。 

 

女性看護師との結婚を希望する男性は以前から多いです。

ですから、女性が男性看護師と結婚したいと考えることも不思議ではありません。

でもどうすれば、男性看護師と出会い、距離を縮めることができるのかはあまりピンと来ないですよね。

そこでこの記事では【男性看護師と結婚したいという女性のために出会う方法】と、そのメリットデメリットをご紹介していきます!

 

忙しい方のために結論!

男性看護師との結婚を望んでいるのなら、積極的にマッチングアプリなどの婚活サービスを使ったほうがいいです。

友人からの紹介という手もありますが、そもそも男性看護師の絶対数が少ないのでいい人に出会える可能性が低いです。

ただマッチングアプリでは、結婚までは考えていない恋愛目的の男性も多いのがネックです。

結婚相談所なら結婚に真剣な人しかいませんし、相手の職業はもちろん個人的な情報が事前に分かります。

とは言え、結婚相談所は利用料金が高額という問題があります。。。

ところが近年主流になってきているオンライン結婚相談所なら、実店舗がないのでかなりリーズナブルに利用することができます。

例えば、結婚相談所スマリッジなら、利用料金が登録料6,600円・月会費9,900円(税込)とかなりお手ごろ。

しかも全額返金保証もついているので、安心してチャレンジできます。

只今キャンペーン中で月会費9,900円独身証明書取得サポート2,200円無料!

 

男性看護師と結婚するデメリット

お給料が安い可能性、または夜勤が多い。

看護師の給料は、男女共通ですがとくに夜勤で稼ぎます。

つまり夜勤が少ない職場や、夜勤をしたくないと考えている男性はお給料が安い可能性があります。

夜勤に全く入らなかった場合は、同年代で比べると給与水準は安いでしょう。

そのため若いうちは、あなたが稼ぎ頭になる可能性があります。

夜勤が多いと、交際や結婚するにあたり、不安や不満になってしまうかもしれません。

しかし金銭面では、夜勤をやっている男性看護師が良いと思います。

女性職員が周りに多すぎる

多くの人がイメージしている通り、看護師は圧倒的に女性が多い職場環境です。

つまり、不倫などの心配がつきまとうのは誰もが想像できるかと思います。

しかし実は、不倫より心配なのが女性看護師によるパワハラです。

女性が圧倒的に多い職場は、うまく溶け込むことができないと男性でもパワハラ対象になりやすいです。

職場にも同性が少ないため、精神的なケアが必要になるかもしれません。

【男性看護師と結婚するメリット】

管理職になる可能性が高い

看護師の仕事は女性が多いので、どうしても産休育児休暇を取る看護師が多いです。

また旦那の転勤などで退職する看護師も多くいます。

つまり看護師は、基本的に人員の入れ替わりが多い仕事になります。

しかし男性看護師の場合は、上のようなことが少なく、一つの職場に長く勤めることができます。

そのため管理職候補のライバルが少なく、将来管理職になれる可能性が十分考えられます。

転職しやすい

なにも管理職だけがメリットではありません。

何かしらの事情で「転職」を考えることがあるかもしれません。

そんな時に男性看護師は資格保有者であり、世の中の看護師はだいたいどこも人手不足です。

看護師という職業は、結構ハードで力仕事も多いので、男性を必要としている職場もたくさんあります。

特に精神科などは、暴れる患者を抑えたりすることもあるので、男性看護師は重宝されるようです。

両親の介護に積極的

将来結婚するにあたって、多くの人にいずれやってくる両親の介護

自分の親はもちろん、お姑さんの面倒もみるお嫁さんもたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし男性看護師と結婚すれば介護はお手の物。

自宅でトイレに連れて行ったり、力仕事も多いわけですから非常に頼りになります。

世の男性は介護に対して頼りない男性が多いです。

そういった面では、お互いが協力しあえる状態で介護に取り組むことができるでしょう。

男性看護師と出会える3つの方法とは?

知り合いの看護師に紹介してもらう

絶対数が少ない男性看護師なので、あえて狙って出会うのは少し大変かもしれません。

一番シンプルな方法は、友人の女性看護師に紹介してもらうことでしょう。

自分の知り合いの中に、1〜2人くらいは看護師がいるのではないでしょうか。

もしくは友達を経由した合コンなどで、女性看護師の知り合いからつながる方法もあると思います。

自分自身で医療従事者になる

自分自身で看護師になれば、もちろん男性看護師と出会う確率は上がります。

しかし病院によっては、男性看護師が常勤しているとは限りません。

就職先を確認する前に、男性看護師がいるかは自分自身で確認が必要です。

また病院で使う商品を売る営業になるという手があります。

医療機器、医療器具の営業担当になれば、上長の看護師との対応が増えます。

管理職の男性看護師との接点が持てるかもしれません。

とくかく病院に訪れる機会を増やすことが、チャンスを増やすことにつながります。

病院内の噂は早いです。誰が相手でも印象はよくしておきましょう。

入院またはお見舞い

少し不謹慎かもしれませんが、自分が入院したり、他の人のお見舞いで出会うことがあるかもしれません。(笑)

入院をすると、定期的に看護師は自分のところに回ってきます。

毎日顔を合わせていれば、必然的に会話が増えますよね。

ただあなたが結婚をこれから考える年齢の場合は、男性看護師が回ってくる機会は少ないと思います。

若い女性だと身体のケアをしたりすることが、患者さんから拒否される可能性があるからです。

血圧の回診など、あまり多く患者さんに触れない業務の時に会えるかもしれませんね。

他にも、誰かのお見舞いに行った際に、回ってくる男性看護師と出会う方法があります。

印象が残るようにするには、マメな頻度でお見舞いすると良いでしょう。

マメに来て、看護師の業務負担を減らしてくれるようなお見舞いの人は好かれます。

それでも男性看護師に出会えない場合は?

以上のような出会い方を試しても、うまく出会えないという場合もあるでしょう。

とくにあなたが住んでいる場所によっても、大きく左右されるかもしれません。

そこであなたの日常生活圏だけでの出会いに固執せずに、スマホマッチングアプリでの出会いも試してみるべきでしょう。

マッチングアプリなら、あなたが住んでいる場所に関係なく日本全国の男性看護師が対象になります。

相手の職業まで【検索】できるので、「男性看護師」と入力すればかなり手っ取りばやく見つけることができます。

ただし会員数が少ないサービスでは、使っても出会える確率は下がってしまいます。

ですので国内最大の会員数がいる「ペアーズ」から試してみましょう。

ペアーズは検索機能がもっとも使いやすく「相手の職種」を選びやすいです!

直接会うのが不安な方でも、ペアーズならペアーズサイト内でオンラインデートができます。(無料)

⇒【ペアーズ公式サイトへ

 

男性看護師と結婚したい女性が出会う方法は? まとめ

男性看護師との出会いは、そもそもの絶対数が少ないのでなかなか難しいかもしれません。

もしもあなたに医療関係の友人がいれば、紹介してもらえる可能性はあります。

ただやはり確率的には悪いので、ペアーズなどマッチングアプリで「職業検索」したほうが早いです。

ただマッチングアプリでは、結婚までは考えていない男性もたくさんいます。

とりあえず彼女が欲しくて利用している恋愛目的の男性です。

真剣に結婚を考えている男性看護師と、確実に出会いたいのであれば、やはり結婚相談所がベストです。

とは言え、結婚相談所は利用料金が高額なのがネックですよね。

しかし近年主流になってきているオンライン結婚相談所なら、実店舗がないのでかなりリーズナブルに利用することができます。

例えば、結婚相談所スマリッジなら、利用料金が登録料6,600円・月会費9,900円(税込)とかなりお手ごろ。

しかも全額返金保証もついているので、安心してチャレンジできます。

只今キャンペーン中で月会費9,900円独身証明書取得サポート2,200円無料!

 

 

 

この記事を書いた人

【婚活キングの姉】のんびり独身を楽しんでいたら、あっという間に30代に。婚活に5年間も苦しむ。なんとか6年目の35歳で結婚。2児の母。 

管理人

モテキング婚活キング27歳で結婚するも6年半で離婚。バツイチから某結婚相談所にて再婚。そこの担当者の仕事ぶりに感動。婚活相談に目覚める。 

【婚活をはじめよう!】

ようやくワクチン接種も広まり、コロナが収束する可能性も高まってきましたね。

どの婚活サービスも混みはじめ、登録から活動開始までに時間がかかり始めています。

今の比較的すいている間に、準備を整えておくのが賢いかもしれません。

オンライン結婚相談所スマリッジでは、現在キャンペーン実施中!

なんと月会費9,900円(込)独身証明書取得サポート2,200円(込)無料となっています!

関連記事