願望別婚活

【システムエンジニアと結婚したい女性必見!】出会える方法とは?

この記事を書いた人

【婚活キングの姉】婚活6年目の35歳でなんとか結婚。2児の母。 

 

32歳女性
32歳女性
システムエンジニアの男性って堅実そうで結婚相手にはすごく良さそうなんですよね。
婚活キングの姉
婚活キングの姉
あ~、なるほど。 そんなイメージですよね~。 

 

システムエンジニアといえば、将来を期待される職業の1つといっても過言ではありません。

システムエンジニアという仕事は今後さらに発展し、職を失うリスクの少ない職業でしょう。

そんな方との結婚を望んでいる女性も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では【システムエンジニアと結婚する方法】についてご紹介していきます。

スポンサーリンク


システムエンジニアと結婚する2つのデメリット

残業が多い

システムエンジニアの仕事の業務量には、納期や担当する仕事によって忙しさにむらがあります。

時には暇な時期もありますが、納期に追われ非常に忙しい時期があります。

会社や担当部署によっては納期が間に合わず、帰宅すらも難しい状況も時にはあるようです。

そこを理解してあげる必要があります。

フリーランスも多い

あえて、デメリットに上げさせていただきましたが、考え方によってはメリットとなる場合もあります。

システムエンジニアは知識や技術の世界です。

受注の際は資材などを用意することも少ないため、フリーランスの方が多くいらっしゃいます。

しかしフリーランスは自由であると同時に、収入は不安定になります。

個人ではメリットも多いフリーランスですが、結婚となると、不安に思う方も多くいるのではないでしょうか。

フリーランスの男性と結婚する場合は、何が起きても大丈夫なように、自分も働ける環境を整えておかなければならない可能性があります。

スポンサーリンク


システムエンジニアと結婚する3つのメリット

今後も需要がある

最初に示した通り、システムエンジニアという仕事は、ネット社会である現代において必要不可欠な存在といえます。

様々なものが機械化される中、システムエンジニアとして一度知識を身に付け働くことができれば、今後職場に困ることはありません。

そのため、「転職」「キャリアアップ」「職場環境を変えたい」などといったことに対しても、他の職種に比べスムーズに対応することが可能です。

家のネット環境を快適にしてくれる

女性の方で、機械が苦手な方というのは多いかと思います。

しかし、現代ではネットが無い環境で生活することは難しいです。

そんな難しい設定なども、知識を持っている旦那が簡単にやってくれます。

わずらわしいネット環境設定や、機械の設定などを受け持ってくれるため、いざという時に頼りになります。

年収が高め

今後も活躍が期待されている「システムエンジニア」。

職種や会社でバラつきはありますが、平均すると他の同年代の方と比べ少しお給料は高い傾向があるようです。

ただ残業が多い職場だからこそ、お給料が高いという可能性があります。

給料が頭打ちということは無く、昇給するか、または納得いかなければ自らの知識を生かして、よりお給料の良い会社に転職することが容易に可能になります。

システムエンジニアと出会える3つの方法

スクールに通う

Web系のスクールに通うことで、「システムエンジニア」の男性と出会える可能性があります。

スクールに通うことになりますので、自分自身も多少なりとも知識が必要となります。

しかしプログラミングやWebデザインなどの共通の話題があれば、システムエンジニアの男性と会話が弾みます。

プログラミングなどは、偏った知識が必要かもしれませんが、Webデザインなどは流行りのブログなどをしている男性や女性も多くいる中、プログラミングの知識はあってもWebデザインの知識に疎いシステムエンジニアもいるようです。

Webデザインのスクールであれば、あまりパソコンに対しての知識が少ない人でも、興味を持ちやすい内容となっているのではないでしょうか。

合コンやパーティに行く

「システムエンジニア」という職業は、男性の比率が高い傾向にあるため、職場での出会いが少ないです。

そのため、システムエンジニアの男性自身が外に足を向けて活動することも多くあります。

そして、システムエンジニアという職業は少しずつ人口も増えてきました。

そのため職業自体は珍しくありません。

大きな「会」におもむけば、1人や2人はシステムエンジニアの可能性が高いです。

婚活サイトやマッチングアプリを利用する

システムエンジニアは上記で示した通り、職場で出会いが少ないです。

そのため婚活をしようとしている男性は、婚活サイトに登録したりマッチングアプリを利用して出会いを求めています。

婚活する際にシステムエンジニアと指定しても、人数が少なすぎるということはありません。

マッチングアプリを利用した場合でも、システムエンジニアの母体数は多く存在しています。

しかしシステムエンジニアの方は忍耐力があり、コツコツと仕事をする方が多いため、好奇心は旺盛ですが奥手な方が多いようです。

こちらからある程度のアプローチをしてあげることが大切です。

スポンサーリンク


システムエンジニアと結婚する方法とは? まとめ

システムエンジニアの仕事は、ネット業界がつねに進化を遂げるため、つねに勉強をし続けなければならない世界です。

そのため仕事以外でも自宅で勉強をする時間を設けたり、納期や職種によっては残業が多くなる可能性があります。

そういった不規則な時間の過ごし方をフォローしてあげることが大切です。

しかしある程度の仕事をこなすことができれば、家族で過ごす時間を上手にとることができます。

お互いにフォローしながら負担にならないように過ごしましょう。

そしてシステムエンジニアの男性は、奥手な方が多いようです。

女性の方からアプローチをしてあげることで、相手は安心してアプローチを返してくれます。

ぐいぐい引っ張っていくタイプではないですが、大人で頼りになるタイプです。

結婚目的であれば結婚相談所がおすすめですが、いかんせん利用料金が高額なところがほとんどです。

そんな結婚相談所業界の中で革命を起こしているエン婚活エージェントをぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

管理人

モテキング婚活キング27歳で結婚するも6年半で離婚。バツイチから某結婚相談所にて再婚。そこの担当者の仕事ぶりに感動。婚活相談に目覚める。