悩み別婚活(女性)

【結婚を焦る年齢は?】結婚できない男と女の特徴に違いはある?

茂手泰三
茂手泰三
結婚に焦り始める年齢って男女で違うのでしょうか?

婚活キング
婚活キング
少しちがいます。

 

結婚はあわててするものではないですが、だいたいどれくらいの年齢で結婚への焦りが出てくるのでしょうか。

そこでこの記事では【男女が結婚を焦る年齢はいくつか】について解説していきます。

 

忙しい方のために結論!

まず男性が結婚を焦る年齢は、おもに20代後半~30代前半そして30代後半

そして女性の場合は20代後半~30代前半と30代中盤が結婚を焦る年齢となっています。

女性が30代中盤に差し掛かると「出産」という部分で徐々に不安が出てきます。

いっぽう男性も40代に入ると極端に結婚できる可能性が降下するため、30代後半に焦るピークがあります。

あなたもこのままだと後悔しそうだなと感じるなら、せめて継続的な婚活だけでもしておくのはいかがでしょう。

そしてこれまでの自己流よりも、誰か自分以外の人に客観的に見てもらい、アドバイスしてもらうとうまくいく確率が格段に上がります。

婚活サービスの中でも、結婚相談所なら専任アドバイザーがつきますし、会員も結婚に真剣な人しかいません。

相手の職業はもちろん個人的な情報も事前に分かります。

とは言え、結婚相談所は利用料金が高額という問題がありますよね。

オンライン結婚相談所スマリッジなら、脅威的料金で利用することができるのでぜひチェックしてみてください。

 

男性が結婚を焦る年齢は?

20代後半から30代前半、そして30代後半がおもに男性が結婚を焦る年齢です。

多くの男性が高校大学を卒業して数年すると、社会にも慣れ結婚を考え始めます。

そして男性が20代後半から30代前半を迎えるタイミングで、周囲に第一次結婚ラッシュが起こります。

周囲が結婚しだすと、自然に流れで「そろそろ自分もそういう年齢なのかな」という意識が生まれ多少の焦りが出始めるようです。

とは言えこの年齢での焦りは、「そろそろ若いうちに結婚して子供を」という人生スパンでの部分も大きいように感じます。

その波が過ぎると30代中盤は少し穏やかに過ぎていくのかもしれません。

しかし不惑とも言われる40代を目前にして、男性は再び30代後半で結婚を意識します。

若かった時とは異なり経済的な生活力も上がってきますので、身を固めるという意味での焦りとなります。

場合によっては両親が元気なうちにという焦りも。

こうなると20代後半から30代前半の自分だけの焦りではなくなってくるので、少し現実的に重たい焦りになってくるでしょう。

収入がそれなりにないと結婚できないという部分も重なり、男性が婚活サービスに登録しだすのもこの辺りの年齢です。

女性が結婚を焦る年齢は?

20代後半から30代前半そして30代中盤がおもに女性が結婚を焦る年齢です。

男性とほぼ同じ年代ですがその理由は若干異なります。

20代後半から30代前半では男性とあまり変わらず、社会に出て慣れてきたころに周囲が結婚しだす、自分も結婚を意識するというものだと思います。

まだ結婚への憧れや夢という部分も大きく、焦りながらも楽しめる年代と言えるでしょう。

ところが30代中盤に差し掛かると、女性には出産という部分での不安が出てきます。

晩婚化の結果、出産年齢が上がったことで30代や40代での出産も珍しくないです。

しかし女性の立場で考えれば、母子ともに元気でより安全な出産をと思うと、30代中盤には結婚してなんとか30代のうちには出産したいのが本音でしょう。

高齢出産と呼ばれる年代になると母子への負担も大きくなります。

そのためその後の育児も含めて、女性にとって30代中盤に訪れる結婚と出産年齢というふたつの焦りはとても重要なものではないでしょうか。

結婚できない男性の特徴は?

次に結婚を焦る男性が結婚できないケースの特徴を見ていきましょう。

結婚できない男性のおもな特徴は以下の通り。

・社交的ではないために出会いのチャンスがない

・自尊心が高く臆病なので他者と関われず、自分という人間を客観視できない

・自尊心が高いゆえに相手の女性を下に見がちである

どんな人間でも出会いのチャンスがなければ結婚することはできませんね。

出会うチャンスがあるくらいの社交性は人間として必要です。

しかし「自分は人とは違う、特別だ。周りの人間より有能だ」など、そんな思い込みが膨らみ他者と関わらないで過ごしてしまうと自分を客観視できなくなります。

そうするといつの間にか自分以外の人が「自分以下」に見えてしまい、結果として女性のこともそう見るようになってしまうのかもしれません。

男女平等の世の中にあって、どちらが上でどちらが下という価値観は足かせでしかありません。

基本的に考えてみると人間として非常に大切な部分です。

相手のことをきちんと尊重して他者と楽しい時間や色々な想いを共有できる、そんな人間としての懐の深さが大切になるでしょう。

結婚できない女性の特徴は?

次に結婚を焦る女性が結婚できない場合の特徴も見ていきましょう。

焦って結婚できない女性の特徴は以下の通り。

・有名大学を卒業し大手企業に就職するなどとても優秀

・優秀であるがゆえに仕事もでき昇進も早い

・仕事の出来不出来で人を判断しがちである

・自分より優秀な相手と結婚したい願望がある

自分よりも優秀な相手と結婚したいと考える気持ちもわかります。

しかし男女が平等に教育を受け、平等に仕事をすることが当たり前になった今、男性と女性のどちらが優秀かということ自体がナンセンス。

最近では女性の管理職登用も加速していますので、男性よりも収入の多い女性も少なくありません。

仕事の出来不出来や収入の多い少ないなど、性能やスペック的なことを条件にして結婚を考えてしまうとなかなか結果が出にくいでしょう。

男女の結婚を焦る年齢は? まとめ

おもに男性が結婚を焦る年齢とされているのが、20代後半から30代前半そして30代後半です。

そして女性の場合も20代後半から30代前半は男性と同じです。

しかし次に女性が結婚を焦る時期は男性のように30代後半ではなく30代中盤。

20代後半から30代前半での結婚への焦りは、男女ともに周囲の結婚ラッシュが始まることによる影響が大きいです。

ただ次の結婚への焦りの周期が、男性が30代後半なのに対して、女性が30代中盤なのには理由があります。

女性が30代中盤に差し掛かると「出産」という部分で徐々に不安が出てくるため。

女性の立場で考えると、母子ともに安全な出産をと思うと、30代中盤には結婚してなんとか30代のうちに出産したいところ。

このままだと後悔しそうだなと少しでも感じるなら、せめて継続的な婚活だけでもしておくのがおすすめ。

そしてこれまでの自己流よりも、誰か自分以外の人に客観的に見てもらい、アドバイスしてもらうとうまくいく確率が格段に上がります。

婚活サービスの中でも、結婚相談所なら専任アドバイザーがつきますし、会員も結婚に真剣な人しかいません。

相手の職業はもちろん個人的な情報も事前に分かります。

とは言え、結婚相談所は利用料金が高額という問題がありますよね。

ところがオンライン結婚相談所スマリッジなら、脅威的料金で利用することができるのでぜひチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

モテキング婚活キング27歳で結婚するも6年半で離婚。バツイチから某結婚相談所にて再婚。そこの担当者の仕事ぶりに感動。婚活相談に目覚める。 

【私がたどり着いた婚活方法はこちら】

さまざまな婚活方法を取り入れてきた私(管理人)が、最終的に現在の結婚相手に出会えたのがオンライン結婚相談所のスマリッジ

最初の2ヶ月は、気になった方とぜんぜんお見合いができず入会して失敗したと思いました。

しかしアドバイザーから顔写真を撮り直すことを提案され、ちゃんと写真スタジオで撮り直してからは見違えるようにお見合い出来るように。

よくよく思い返してみれば、入会時にも顔写真についてアドバイザーから指摘されていました。。。

自撮りではないですが、ちょっと暗く写っているだけでかなりマイナスになるんですね。

結局、今の奥さんに出会うまでには半年かかりましたが、キャンペーン時に入会したので料金総額は5万円ほど。

リーズナブルな料金で結果もついてくれば、それに越したことはないと思うのでぜひチェックしてみてください。