悩み別婚活(女性)

【再婚相手探しはどうやればいいの?】シンママの私がやった3つのこと!

婚活キングの姉
婚活キングの姉
今回は35歳女性A子さんに体験談を執筆していただきました。
35歳女性Aさん
35歳女性Aさん
こんにちは。この記事は、シンママの私が再婚するためにやった3つのことについて書かせていただきました。

 

シンママ女性の再婚相手探しは、なかなかハードルが高く感じますよね。

20代の時よりも格段に出会いの機会は少ないですし、子どもが相手になついてくれるかどうかの不安も。。。

そこでこの記事では【シンママ性の私が再婚するためにやった3つのこと】について紹介させていただきます!
スポンサーリンク


忙しい方のために結論!

忙しい方のために結論を言うと、マッチングアプリ婚活パーティーはやめておいたほうが無難です。

結婚まで考えていない男性も多いですし、相手の情報が少ないので外見だけで選んでしまいがち。

再婚相手を選ぶうえで、人間性価値観を重視するシンママは多いでしょう。

相手のくわしい情報を事前に把握できる手段としては結婚相談所が有利です。

勤務先や年収、親との同居の可能性など他にも驚くほど細かく分かります。

とは言え、結婚相談所は高額ですよね。。。

しかしオンライン結婚相談所スマリッジなら、かなりリーズナブルに婚活を成功させることができるのでぜひチェックしてみてください。

【ただいまキャンペーン中!】

⇩  ⇩  ⇩

 

再婚相手探しの方法が分からなかったシンママの私。。。

当時の私は、32歳バツイチで娘は5歳でした。

5年間結婚生活を送ってきた前夫と離婚して実家に戻りました。

離婚前から続けていた配達員のパート年収は230万円ほど

でも経済的には不安が常にあったし、夜勤もあったので娘のことも考えて実家を頼りました。

ですがある日を境に、親から嫌味を言われるように。。。

高齢の両親のことを考えたら、娘の世話を負担に感じるのは分かります。

でもこうも攻撃的に言われると、腹が立つし娘も悲しそうな顔をしていました。

再婚して助け合える人を探した方がいいのかな。

そう思い、再婚相手探しを決意しましたが、バツイチ子持ちの私と再婚してくれる男性なんて見つかるのだろうか?と不安だらけでした。。。

スポンサーリンク


再婚相手探しで私が気をつけたこと

再婚相手探しは、独身の時のようにとにかく出会いを!という戦略ではうまくいかないと思っていました。

そこで婚活を始める前に、何に気をつけたらいいかを考えました。

離婚した原因と向き合う

配達員の仕事は、私にとってはやりがいがあったので、8時間のフルタイム勤務で続けていました。

しかし前夫は私の仕事は理解してくれず、仕事を辞めて家のことだけやるのを求めていました。

娘の将来も考えて、経済的に少しでも豊かなほうがいいと思っていたのですが。

私自身も仕事が好きだったので、前夫の言うことを無視していたら、溝がどんどん深まり離婚に。。。

そこで再婚しても同じ失敗をしないように女性が働くことに理解がある人」を再婚相手として希望することにしました。

相手への条件を厳しくしすぎないようにした

相手への条件も、事前に考えてみました。

同じ失敗をしないようにしないと」という気持ちが先行して、条件がたくさん出てきました。(笑)

しかしバツイチ子持ち女性に理解を示してくれる男性は少ないはず。

条件を挙げすぎると出会いの幅を狭めてしまうと思い、多少条件にあてはまらない男性でも興味を持つようにしようと決めました。

再婚相手探しをしているシンママの私がやった3つのこと!

再婚相手探しをする前に、考えるべきことは考えたのでついに行動に移しました。

実際にやったことは3つありますのでご紹介します。

まずは子ども(5歳)と真剣に話した

私は新しい家庭を築きたいと思っているけれど、それは娘にとって幸せなことなのだろうかと不安になりました。

幼いけど5歳にもなれば、自分の考えをちゃんと持っています。

ですので私も真剣に話し、彼女の気持ちもしっかり聞きました。

「お母さんは新しい家族が欲しい。」

「新しいお父さんが出来たからといって、あなたに対しては今までどおりのお母さんでいるよ。」

「あなたが本当のお父さんのように思える男性と家族になりたい。」

5歳の娘にも伝わるように言葉を選んで話しました。

すると娘は「新しいお父さんがいてもいいよ」と答えてくれました。泣けました。

友人に男性を紹介してもらったが合わなかった

まずは身近な人の力を借りようと思い、友人に再婚を考えていることを伝えました。

シンママに理解がある男性を紹介してもらえるようにお願いしてみました。

ありがたいことに、友人の1人が同じ職場の上司を紹介してくれるとのこと。

年上の方で経済的には問題はなさそうだし、子どもが好きとのことでお会いしてみました。

しかし話していると、女性には家のことを優先してほしいと考えていることがわかりました。

申し訳なかったのですが、このお話はお断りすることにしました。。。

オンライン結婚相談所を使って再婚相手と出会った

その後はパッタリ紹介の話が来なくなり、婚活サービスを頼らない無理かなと感じはじめました。

とは言え、経済的には楽ではないので、お金を払って婚活することにはかなり抵抗がありました。

月に数千円のマッチングアプリならいいかなとも思いました。

でも恋愛じゃなくて再婚したいわけですから、結婚を真剣に考えているお相手じゃないと意味がありません。

恋愛も素敵なことですが、男性に夢中になって子どもの存在がうとましくなり、虐待を始める親のニュースもよく見かけますよね。。。

そこでググりまくって、なんとか月1万円以内で、真剣に結婚相手を探せるサービスがないか調べまくりました。

すると初期費用だけで、最低でも10万円はかかるものと思っていた結婚相談所の中にも、月1万円以下のものがあることが分かりました。

いわゆるオンライン結婚相談所で、実店舗がないため低料金にできるそうで、私にもギリギリ払っていけると思いました。

私が利用したのはスマリッジという結婚相談所になりますが、スタッフとのやりとりもスムーズで親切でした。

私の諸事情や、お相手への条件が書かれたプロフィールを提出。

お相手のことも、プロフィール内容からよく分かりました。

お互いにプロフィールを見た上で申し込むので、実際に会って話してみると価値観の合う男性が多かったです。

そして運よく半年で、今の旦那さんに出会うことができたんです。

彼は私に夜勤があっても嫌な顔をしませんし、娘も本当の父親のようになついています。

事前にお互いの事情価値観を、すり合わせられたことがすごく大きかったと思っています。

【ただいまキャンペーン中!】

⇩  ⇩  ⇩

スポンサーリンク


再婚相手探しをしているシンママの私がやった3つのこと! まとめ

シンママの婚活は、独身女性に比べてやはり難しい面が多々ありました。

あなたも再婚を目指すなら、まずは絶対に無視できない子供と話し合うことからはじめてみてください。

お子さんに納得してもらえたら、友達に紹介してもらうなど、まずはお金のかからない方法から試してみるといいですね。

お金がかからずに出会えれば、それに越したことはないですから。(笑)

それでもやっぱりキッカケがつかめなければ、婚活サービスの利用を検討していくべきです。

ただでさえ経済的に苦しいですから、お金を使いたくない気持ちは私にもよく分かります。

でも婚活への費用は、決してお金の無駄遣い(消費)ではありませんでした。

私と娘が未来も楽しく生きていくための投資だったんだ、と実感しています。

【ただいまキャンペーン中!】

⇩  ⇩  ⇩

 

 

 

 

この記事を書いた人

【婚活キングの姉】24歳で結婚するもわずか2年で離婚。あっという間に30代に。再婚を決意するも、婚活に5年間苦しむ。なんとか6年目の36歳で再婚。2児の母。 

管理人

モテキング婚活キング27歳で結婚するも6年半で離婚。バツイチから某結婚相談所にて再婚。そこの担当者の仕事ぶりに感動。婚活相談に目覚める。 

来年こそ結婚したい方へ!

今年ももう1ヶ月をきり、婚活はもう来年でいいやと思っている方も多いかもしれません。

しかし多いからこそ、今年のうちにスタートをきることでライバルに差をつけることができます。

かと言って、年末年始はお金がかかりますから、なるべくリーズナブルな婚活がおすすめ。

オンライン完結型の結婚相談所スマリッジは業界でも1、2位を争う低料金です。

しかし他社大手結婚相談所会員にも出会える「コネクトシップ」に加盟しているので、パートナーエージェントゼクシィ縁結びエージェントなど約55,000人の大手結婚相談所会員にスマリッジの利用料金で出会うことが可能!

リーズナブルに理想の結婚相手に出会えるのでぜひチェックしてみてください。